デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
南十字星を見に行こう
これが南十字星。見たいぜ。

南十字星という星座がある。4つの星で十字架を構成する全天で最も小さな星座だ。南十字星は一般に南半球でしか見られないと思われがちだが、なんとがんばれば沖縄でも見えるらしい。がんばれば、というのがミソなわけだけど。

安藤 昌教



宮本さんの鞄からはマニアックな書物がぞくぞくと出てくる。

宮本さん

今回ガイドをお願いしたのはこの人、宮本さん。かつてうちの店でUFOの写真を募集したところ宮本さんはきれいな土星の写真を撮って持ってきた。この人、ただものではないぞ、とその頃から目をつけていたのだ。

沖縄だけ特注だ。

「南十字は1月から5月までのこの時期がもっとも観測しやすいんですよ。」

宮本さんは星座盤を回しながら言う。ちなみにこの星座盤、よく見ると沖縄県中心のものだ。全県それぞれに星座盤ってあるのだろうか。

「沖縄だけは見える星座が違うんですよ。だから日本国内向けのやつと沖縄向けのやつがあります。」

そうなのか、そんなに南なのか、沖縄は。

宮本さんは丁寧に説明してくれました。

宮本さんいわく、南十字を見るポイントは以下。

  • 見える時期は1月から5月頃まで
  • 南中(星が最も高い位置に来る時点)前後の数時間しか見えない
  • 南の水平線が見渡せる場所で
  • もちろん晴れた日限定

この日、天気予報では夜中から晴れマークだった。それを見て僕は安易にいけるだろうと思っていたのだけど。「晴れといってもいろいろな晴れがありまして。星の見えない晴れもあるんですよ。」とのこと。深い。

よくわからんが、すごいということはわかる。

宮本さんの天体撮影ノートを見せてもらった。みっしりと撮影条件が書き込まれている。これについて説明をし始めるとかなりマニアックなことになりそうなのでここでは省略したい。とにかくすごいということだ。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation