デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
紙袋、売ってください
お店でもらういろんな紙袋。大事に布袋に入れてあります。


先日のコネタ道場で「マイ・袋・コレクション」というネタがありましたが、私も大好きです。紙袋。いろんなお店の紙袋が家の中に転がってます。

友達にDVDを返す時や、クリーニングを出しに行く時など、ありとあらゆる場面で活躍する紙袋。

しかしいくら紙袋が欲しいとはいえ、わざわざ必要のない商品を買って紙袋をゲットするのもバカバカしい…。そこで今回、お店に行き、紙袋だけ売ってもらえないか聞いてみることにしました

(text by 岸川 祥子



まずは売ってもらえなかったお店から

というわけで早速、お店で「紙袋を売ってください」と言ってみることに。それにしても出るわ出るわNGの嵐!タダでもらうよりずっと難しいんじゃないでしょうか。ちなみに以下はNGが出た業種。写真はイメージ画像です。


業種名 スイーツ店の紙袋
紙袋の特徴 ケーキなどを入れるためマチが広い
こんな時によく使う タッパーなどを入れて持ち運ぶ
紙袋を売ってくださいと言った時の店員さんの反応
「販売はしてないんですよ」と言った後、
タダで紙袋をくれるところ多し。大変恐縮。

業種名 電気店の紙袋
紙袋の特徴 重い物を入れるため、袋が丈夫
こんな時によく使う ブックオフに漫画を売りに行く時
紙袋を売ってくださいと言った時の店員さんの反応
「販売はちょっと…」と困った顔をされる。
タダでくれたところもちらほら。

業種名 化粧品店の紙袋
紙袋の特徴 他よりもサイズが小さめ
こんな時によく使う 文庫本やゲームソフトの貸し借り
紙袋を売ってくださいと言った時の店員さんの反応
「販売は行ってないんです。申し訳ございません」と謝られる。こちらこそごめんなさい。

業種名 テレビ局やプロダクションの紙袋
紙袋の特徴 袋が丈夫。雨をはじく。
こんな時によく使う VHSや台本を入れて持ち運ぶ
紙袋を売ってくださいと言った時の店員さんの反応
デスクの人やADさんに訊いてみるも鼻で笑われる。
もしくは不審がられる。

 

紙袋購入に苦戦!

まさか紙袋を売ってもらうのがこんなに難しいものだとは…。
「普段はタダでもらえるのに、お金を出した途端、手に入らなくなるものなーんだ?」まるでちょっとしたなぞなぞのようです。一体どこに行ったら買えるんでしょうか?

 

ロフトで紙袋を売ってくださいと頼むと…
ラッピングコーナーに案内されてしまいました!

今度はロフトへ

東急ハンズと並び、何でも売ってるイメージのあるロフト。もしかしてここなら売ってくれるかも…。

ちなみにロフトの紙袋は、やや破けやすかったりするものの、デザイン的にはかなり好き。年齢や性別を問わず渡せるのもポイントです。

そんなロフトで紙袋を売ってもらえるか訪ねてみると…

店員 「紙袋ですか?それでしたらあちらで」

と、これまでになく色よい返事。やった!ビンゴ!
「どこで売ってもらえるんだろう。やっぱりサービスカウンター?」と喜び勇んで向かうと、そこにあったのは…

ラッピングコーナー!!

そうです。お店の紙袋を買いにきたのではなく、プレゼント用の紙袋を買いにきたと思われてしまったのです!確かに紙袋は山のようにありますが、私が欲しいのはあくまでもお店の紙袋。

仕方なく他の店員さんに「お店のあの黄色い紙袋って売ってjますか?」と訊ねなおすと「売ってないですね」と即答

ちなみに東急ハンズでも同じようにラッピングコーナーに案内されてしまいました。うう…。

 

 

ついに最終手段!デパートへ

断られ続けること10件以上。ついにデパートへとやってきました。子供の頃、ある方法で紙袋を買ったのを思い出したのです。その方法とは…紙袋の自動販売機!


デパート名物?紙袋の自動販売機 伊勢丹バージョン

 

紙袋の自動販売機とは?

紙袋の自販機とは、コインを入れると紙袋が取れるとってもローテクな機械。デパートの片隅にひっそりと置かれているので、気付かないこともしばしば。デパート以外の場所ではあまり見かけない気がします。ちなみに使い方は以下のとおり。


1.普段は金具がロックされていて、紙袋が抜けない状態になってます。
2.自販機の上部にコインをいれます。すると…
3.ロックがはずれて紙袋が取れるように!

 

やっと買うことが出来ました!

こうしてどうにかこうにか紙袋を購入することに成功しました!写真をパシャパシャ撮っていたら遠くから「紙袋の自販機って日本だけのものなのかな」と話す声が。どうやら外国からの観光客と間違えられたみたいです。


なお、各紙袋の値段はこちらのとおり。
左が有料紙袋。右が無料紙袋。光沢に違いが。

 

紙袋自販機の不思議

それにしても不思議なのが紙袋の値段。小と中が100円で、大だけいきなり200円。それでも市販の紙袋(300〜500円)に比べるとかなりリーズナブルです。
また、店でもらえる無料の紙袋は光沢がないのに、有料袋はに光沢あり。細かいこだわりを感じます。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation