デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
隕石鑑定
郵送して専門家に鑑定してもらった。 (品名:いん石)


知り合いの娘さんが先日、とある石を拾った。

最初にそれを見せたという小学校の先生は
「これは隕石だ!」
と言い、そのお父さんもやっぱり
「これは隕石だ!」
と思ったという。

↓ こんな石だった。(text by T・斎藤



問題の石
別角度より
こんなサイズ


隕石っぽい

パッと見て、たしかに素人ながらも隕石に見える。
どうだろうか?

大きさは小さい。手の平に乗るサイズ。
が、そのわりにはズシリと重く感じる。
それと、わずかに磁石にくっつく。カチリとくっつくわけではないが、磁石を近づけると微妙に動く。
そして熱で溶けたような焼け焦げた跡。

“宇宙からの物体”とかその手のキーワードに弱い私は、さっそく拾い主である知り合いの娘さんに会いに出かけた。

発見者


発見現場へ

左が発見者のゆうかちゃん、小学3年生。
ピースが決まってる。

ではこれより、発見現場に連れて行ってもらおう。

場所は長崎は諫早市である。


発見現場へと向う

ゆうかちゃんは、よくいろんな変なものを拾ってくるそうだ。
今回の隕石もそんなうちのひとつ。
「もっと大きい隕石拾ってこんば。
というお父さんのテキトーなコメントに、
だってあんまり大きいと持って帰れないやん。
と、さらにテキトーなコメントを返していた。


小学校の砂場に到着
このへんにあった

やがて発見現場に到着。
辿り着いたのは小学校の校庭の砂場だった。
「発見した」というよりは、まさに「拾った」というその光景に、まったり感が漂いはじめる。


再現図。こんな感じで砂場に落ちていた。

やがて、いつのまにかお父さんと私とで
「インターネットでなにか良い儲け話はないか?」
とか、
「グーグルカレンダーはすごい。」
みたいな話をし始めていた。

すっかり飽きてしまったゆうかちゃんは、気付くとブランコで遊んでいた。


ブランコ

はたして本物なのか?

発見現場を見たら、隕石っぽさがダウンした感もややあるが、しかし本当のところどうなのか?

話によると、東京は上野にある国立科学博物館で、本物の隕石かどうかの鑑定をしてくれるという。

ちょうど私がゴールデンウィークで帰省する予定だったこともあり、せっかくなので持って行って鑑定してもらうことにした。


品名は「いん石」だ。


と思って借りたのだが、電話して確認してみると郵送でもOKとのこと。なので結局、郵送することにした。結果は2週間ほどみてください、とのことだった。

はたして、注目の鑑定結果はいかに!


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation