デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
イカスミボールペンで書きたい
1人満腹なイカがいるな


緊急事態が起こった。
ボールペンのインクが切れたのだ。
これは大変だ。

しかしうちにはインクのカートリッジがない。
我が家のほぼ常備食品といえば「イカ」だ。イカならある。イカが好きだからだ。

そうだ。

カートリッジがなければ、イカスミを使えばいいじゃない!

(text by 土屋 遊



まずはイカスミの魅力など

郵便局や銀行のカウンターに、これみよがしに置いてあるカラーボール(防犯用蛍光カラーボール)は気になる存在。 私もあのボールを持ち歩きたいと常々思っています。

イカがすごいところは、色こそ違えど、あの夢のカラーボールをいつも身につけているというところです。
敵に襲われたときに一気に吐き出して、相手の目をくらましたり分身の術を使うのに役立つイカスミは、まさに天然カラーボール。
あんなにすごいものを持ち合わせているのに、これみよがしでないところも謙虚だと思います。 私なら見せびらかしながら歩くところです。

 

イカスミボールペン全過程(推定)

イカからスミ袋を取りはずす。

スミ袋からスミを抽出。

スミをインクカートリッジに入れる。
(スポイト・注射器もどき使用)

書く。これだけです。


生き物のようなスミ袋
つぶして抽出

妄想過程では、ここでスミ文字が書ける予定でしたが、実はここからが困難をきわめました。
試行錯誤をかさねていきます。

・思いきり振る。息でインクをペン先に押し出す。
・潤滑油のかわりにオリーブオイルをまぜる。
・通常ボールペンのインクが固まったときの対処法を試みる(火であぶる・お湯につける)


対策の定番「お湯につけてみる」
拒み続けるペン先(反抗期)

 

書けぬなら書かせてみせようイカスミペン

あまりにもかたくななイカスミに腹がたち、強引な手段にでました。イカスミペンへの道は第二ステージに突入します。

イカスミあいてに躍起になっているとは現時点では気付かず、ペン先をペンチでカットするという反則ワザにでます。


「書ければいいんだろ書けりゃあ」自暴自棄

それでも一回目はうまくいかず、二回目のカットでヘンテコなバネみたいなものが出てきました。ボールペン解剖をしているような気分。ちょっとうしろめたいです。(ボールペンに)


思いきりました
「イケる」だがしかしはたしてこれでいいものか


念願の「イカスミおたより」を猛ダッシュで書きました。
当日はこれで「大成功だ」ということにして、満足げなオーラを誰にともなく発散しておきます。

みなさん腑に落ちないかもしれませんが、私がいちばん腑に落ちないのです。他人をだますことは慣れていますが、自分を偽る日がこようとは……それでもあくまでも満足を装いました。

まあいいや、寝よ。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation