デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
「なんでも醤油をかけるとそれなりの味になる」を検証.


あいあいやい!! 

さて、皆さまはまずい料理に醤油をどばっとかけて
「あ、決して美味くはないけど、それなりに食べられるかも」
と思ったことはないですか?

「あります。けっこう頻繁にあります!」

そうですか。
まあ、皆さまも一度はあると思うんですが、そんな完全無欠の調味料、醤油は果たして何にかけてもそれなりの味になるのか? 
この場を借りて醤油の万能性を問います。

(text by 梅田カズヒコ



と言うわけでスーパーへ

普段醤油をかけて食べないけど、ひょっとして新たな発見があるかも? と思える商品を購入するため店を俳諧する。

あえて書くことではないが、醤油はうまい。

醤油のあの香ばしいうまみとしょっぱさ。
ああ、うまい、醤油。そう思いながら店内を俳諧してみよう。
たとえばこんなお菓子でさえ、醤油をかけたらうまくなるかも? と錯覚を起こしませんか?


ああ、あの茶色い焼きめのところに醤油をかけて食べたい。

最初から常軌を逸してるのは分かるが、それでもなお僕は醤油のとりこだ。普段は醤油をかけないだろー? と思える食品をいろいろ購入してきた。

 

1.ポテトチップス



まずはポテトチップス。まずはそのまま食べてみる。
ああ、うまい。平和な味がする。ポテチ、うまい。

それでは、しょうゆをかけて検証してみよう。


皿に盛りちょろちょろーっと醤油を。体に悪そう、とかそんなことはどうでもいい。今はうまいかまずいかの検証である。
今回は検証なので違いを分かりやすくするためかなり豪快にかけてみました。

醤油の偉大さ、再発見

さっそく食べてみた。こ、これは、香ばしくて、うまい!!

最初から味付けしてあるものにさらに醤油をかけているのでかなりしょっぱいが、うまいかまずいかで言えば、うまいである。
大量に食べると体に悪そうだが、一枚二枚ならうまいよ。

おいしい度 ★★★★
それなり度 ★★★★★

今回は評価軸を二つ用意した。つまりは
1.うまいか否か=おいしい度
2.食べられるか否か=それなり度
だ。二つニュアンスの違いは分かっていただけただろうか。
「分かりました!」

では次へいきます。

 

2.キャラメルコーン



先ほどと同じくスナック菓子だが、今度は若干甘い、というベクトルのスナック菓子である。まあこれに醤油をかけて食べようと思うものは居まい。

しかし

♪醤油のあのしょっぱさと、キャラメルコーンの甘さがマッチして、うまーい。きっとうまーい。

洗脳が終わったところで醤油をかけて検証してみよう。


今度は皿に醤油を盛り付け
刺身方式でちょんとつけて食べてみる。

醤油の当たり障りのなさ、再発見

一口、二口。舌に広がる体験したことのない味わい。

あれ、よく分からない味だ。もうひとつ試してみよう。いや、分からないな、もうひとつ。

決してうまくはない。しかし、食べられるか食べられないかで言われれば食べてもいいような気がする。

名前すらあまり聞かないような小国に招待されて、ここの郷土料理です、と言ってこのお菓子が出されたら、「ああ、なかなかいけますね」と現地の人に言ってるかもしれない。そのぐらいの味だ。

おいしい度 ★★
それなり度 ★★★★

 

3.焼きプリン



先ほどと同じく甘辛い、という路線を狙ってプリンで試してみよう。

ためしに醤油をかけずに一口食べてみた。うまい。ああ、そのまま食べたい。でも検証のためだ。ぐっとこらえて醤油をかけてみよう。


ああ、醤油がどばどばとかかっていく。
もう後に戻れない状況に

醤油の限界、再発見

一口。

ん?

生臭い? なんか心なしか体が震えている気がする。拒否反応だろうか。だめだ。万能な醤油にもやはり限界があるのだろうか。

しかし、しかしである。フォローするわけではないが、たとえば遭難して、食料がなくなり、目の前にこれしか残っていない、とすればやはり食べるだろう。これが最後の食事か。と思いながら食べればおいしく感じられるかもしれない。いや、どうだろう。分からない。

よくかき混ぜて食べたら、少しだけましになりました。でもまずい。

おいしい度 −
それなり度 −

 

4.調整豆乳



と、ここで路線を変えて食べ物ではなく飲み物に入れてみようと思った。
しかし、さすがの醤油でも、飲み物に合うはずはない。

しかし100に1分の望みをかけて、これはひょっとしたら…という飲み物を発見した。豆乳である。
豆乳は豆腐の元になる食材である。豆腐といえば、醤油のベストフレンド。ならば豆乳にだって醤油をかけちゃえ。


豆乳にしてみれば、豆乳として生を受けて以来、最大の試練。
よくかき混ぜる。

醤油の無敵神話、崩れだす。

一口。

ああ、しょっぱい豆乳。ああ、しょっぱい。

僕はちょっと醤油を過信しすぎたかもしれない。やっぱり、合わないものには合わないんだ。

とは言いつつ、プリンよりはましかもしれない。震えてないから。

おいしい度 −
それなり度 ★

 

5.食パン(焼きたて)



確か、確かの話で恐縮だが、欧米人の中にはご飯(お米)にジャムを付けて食べている人が居る。という話をテレビで見たことがある。(“ご飯にジャム”で検索したら何件か引っかかりました)日本人の感覚からすれば「えー」だけど、
「パンとご飯は同じ主食。パンにジャムを塗る感覚でご飯にジャムなんだろうなー」という発言を聞き、しぶしぶながらも納得した気がする。

ならば、ならばである。日本人は、パンに醤油をかけて食べてもいいのではないか、試してみました。


パンにしてみれば、初夏の珍事。
醤油をかけて、さらに温めてみました。

醤油の無敵神話、崩れだす。

先ほどからの失敗であまり期待せずに一口。

あれ? これはひょっとして、ああ、なくはないかも。決しておいしくはないが、いけなくはない。良く言えば、焼きおにぎりのような味と、いえなくもない。まあ、焼きおにぎりのほうがうまいけどな。

おいしい度 ★
それなり度 ★★★★

最後に企画の主旨どおりの結果が出て、一安心です。

醤油パン。これにハムとか乗ってれば、うまいかもしれない。

やっぱり限界はある。醤油をかければなんでもうまい、というのは暴論だった。しかし逆手に取れば、何にでも醤油をかけると思われている日本人も、醤油をかけるべき食べ物と、そうではない食べ物をちゃんと選んでいるのだ。

そういえば、刺身は醤油で決まる。僕たちは醤油を食べる口実のために生魚を食べているに過ぎない。

と、醤油好きのおじいちゃんは生前語っていました。

あ、そういえば検証で使った食べ物・飲み物はちゃんと食べましたよ。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation