デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
刑務所カレー
店内


 「刑務所カレー」というのがあるらしい。
しかも檻の中で食べるそうだ。

ということで、檻の中が似合ってしまう男二人で行ってみることにした。

(text by T・斎藤



川崎さん、おひさしぶりです

檻の中での再会

 今回一緒に食べたのは、こちらこちらの記事に登場して頂いた川崎さん。久しぶりにお会いした場所は檻の中。

 まさかこんなところで再会するとは…運命とは不思議なものである。ではなくて、ここは刑務所の雰囲気が味わえるという居酒屋。最近、東京などではよくあるテーマパーク型居酒屋の刑務所版だ。

 後ろに立つ婦警さんに連行されて席に着いた。

カレーを待つ斎藤容疑者


さっそく、「刑務所カレー」を注文した。
左はカレーを待っている私。

その風貌と相まって、かなりリアルに拘置所っぽい。
が、よく見るとテーブルの上にはビールが置いてある。
かなりフザけた容疑者だ。

刑務所カレー

こちらが刑務所カレー。アルミの食器がそれっぽい。
サラダも付いていて、受刑者の健康も気づかわれている。


食事をする斎藤受刑囚


「どんなにまずいカレーなんだろう?」
と思って食べたら、意外にもカレーはうまかった。

というか、かなりうまい。

もし私が拘置所にいる容疑者だったら、このカレーに釣られてついうっかり自白してしまいそうだ。たぶん本物の刑務所のカレーはこんなにうまくないだろう。

食べ物に感謝する川崎さん
なにげにうまい

 

うまかった。


もう少し何か飲み食いしたい

ほどなくカレーを食べ終えた。

せっかくなので、もう少し何か飲み食いしよう、とメニューを見る。その中から我々が選んだのは、オリジナル・カクテル「マル暴」と、同じくオリジナル・カクテル「わいせつ課」。

オリジナル・カクテル「マル暴」
オリジナル・カクテル「わいせつ課」
「わいせつ課」の味を顔で表現する川崎さん


それぞれ、理科の実験のような容器に入れられて出て来た。

丸い棒状の容器に入ってるから「マル暴」だろうか。
「わいせつ課」を飲んだ川崎さんは、
「たしかにこれは、わいせつな味がしますよ!」
と言っていた。どんな味だろう。

つまみにはゲソ揚げや磯部揚げなどを。
いつのまにやら刑務所ムードにも慣れ、すっかりいつもの居酒屋ムードとなっていた。

すっかり居酒屋ムード
でもふと手元を見ると、フラスコを持っている

というわけで、なにやら普通に楽しかったです。

おじさん達にはなにげに嬉しい婦警姿。
「いくらでも逮捕して!」

●お店データ

居酒屋モンキーハウス
長崎市船大工町2-19
TEL:095-822-4444


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation