デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
100円コンビニの時代到来!!

『99イチバ』(サークルKサンクス系列)


コンビニエンスストアにとっての永遠のライバルとは何か。
それは『スーパーマーケット』と『100均ショップ』である。

コンビニ、スーパー、百均の三者は微妙に住み分けてきたのだが、ここ最近は三者の違いがかなり曖昧なものになっている。それぞれのいいところうまく活かした『SHOP99』が登場したのも大きな要因だ。

そんな中、大手コンビニはこぞって24時間営業で、値段が99円か100円均一で、生鮮食料品も多いというチェーン店をはじめた。

ローソンは『ローソンストア100』を、
am/pmは『Food Style100』を、
サークルKサンクスは『99イチバ』を。

まだまだ試験段階ということで限られた店舗数しかないが、庶民の味方になってくれそうなこれらの店がどんな様子なのか、見学してきました。僕の住む町にも出来ればいいのにな、と思いながら。

(text by 梅田カズヒコ



1.Food Style 100


明大前の駅前にあります。

有名メーカー……

まずはam/pmが経営する『Food Style 100』へ。店の外観はam/pmっぽさはどこにもなく、地元のスーパーみたいだった。ちょっと見づらいですが、右ののぼりには『有名メーカー500mlペットも100円』と書かれています。内容よりもメーカーを推すってのも少し変わってるなー。


看板をよく見ると『produced by am/pm』の文字。
生鮮野菜コーナー。菜っ葉ものだけでも小松菜、ほうれん草、チンゲンサイなど盛りだくさん。

炒め野菜セット、もちろん100円。

お肉は一人暮らしにはうれしい小分け販売。上の野菜セットと合わせて200円で豚肉野菜炒めができるぞ!!

近年登場した生鮮コンビニはスーパーに負けず劣らずの品揃えだ。
僕はほとんど自炊をしないのだが、その理由のひとつに、帰宅するころにはスーパーはみんな閉店している、という現実がある。スーパーは閉店が早い。だけどこういったスーパー型コンビニが近所にあれば、僕の食生活も少しは変わってくるかもしれない。

 

もちろん、コンビニらしい工夫も満載

左の写真、キャベツ・もやし等がすでに切ってある状態で販売されている。こういった商品はすでにコンビニやスーパーでも見かけるが、ちゃんと100円で売っているところがいい。
既存のスーパーだと、切っている状態のものはなぜか異様に高い。かと言って自分で野菜を切るのは面倒くさいし、必ず余って腐らしてしまう。

「自炊するんだったら野菜ぐらい自分で切れよ」と言われてしまいそうだが、それはきっとある程度余裕があるキッチンの存在する部屋にお住まいのかたの意見だ。狭い部屋の場合、まな板を置くスペースを工面するのが非常に難しいのだ。

(※今、すべての狭い部屋で暮らす一人暮らしの若者から分かるぞ! という声援が聞こえてくるようだ)

 

ばら売りの肉もうれしいぞ

肉を小分けで安価で売っているのもうれしい。正直、一人暮らしだったらこの分量で十分だ。スーパーで売ってる肉はなぜあんなに量が多いのか分からない。小分けにして売って、いっぱい必要な人は2個買えばいいのに、といつも思っていた。スーパーは一人暮らしのことを考えていないように思う。いいぞFood Style。真のニーズをよく分かっている。


1.Food Style 100のお買い得ベスト3!!

というわけで朝昼晩コンビニに通って20年の僕がこれはお買い得と思った商品を3品あげました。


第3位 和風スパゲティ
ちょっと小腹が空いたときに。スパゲティが105円とは安いですね。食べてみたのですが普通にうまいです。
第2位 蒸し鶏と海草の大根サラダ
いつもの食事に健康のことを考えてもう一品というときに。ローカロリーの蒸し鶏を乗せたところにセンスを感じます。
第1位 冷凍食品のお好み焼
近年価格破壊の進む冷凍食品より。お好み焼き100円は安すぎ!! 即買いですね。

 

 

2.LAWSON STORE 100


環七の新代田駅近く。

ウィンクする100

看板は100の文字がウィンクする、というかわいらしいもの。LAWSONのロゴのは残しつつもこちらも僕らが知っている水色のLOWSONのイメージはどこにもない。どうも各社これまでのイメージを払拭したいようだ。


納豆が4個パック(1パックあたり25円)で売ってました。

成分無調整の酪農3.6牛乳が178円。低脂肪加工乳は105円(両方税込み)

オリジナルブランドの商品が豊富

今回訪問した3店の中ではもっとも本格的に展開しているチェーンだけあって、オリジナルブランド(自社で開発した商品)が豊富だった。(オリジナルブランドには写真のように緑色の『VL』というマークがついている)

納豆が4個パックで税込み105円。お買い得です。こういう頻繁に購入する食材が安いとかなり得した気分になりますね。

店内にはほかにも生鮮食品やペットボトルの飲料など普通は100円で販売しないようなものがたくさん売っていました。

 

二種類の牛乳!!

牛乳ってスーパーでもコンビニでもある程度価格が決まっていて、どこに行っても同じぐらいの値段ですよね。

なので牛乳(低脂肪乳)が105円だと聞いて驚きました。自社ブランド万歳!! (自社って書いてるけど、僕はローソンの関係者じゃないです)
成分無調整の牛乳も売っていて、こちらは残念ながら105円ではなかった。でも、ちょっとお金を出しても成分無調整の牛乳を買いたいという人も居るだろう。そんな人のことも考えられているのがすばらしい。
ローソンって、ナチュラルローソンとかストア100とか真逆のベクトルの店舗を作ってさまざまな層を取り込もうとしている感があるけど、ここでもローソンの両面性を垣間見た気がした。


2.LAWSON STORE 100のお買い得ベスト3!!

全体的には『SHOP99』の品揃えにすごく近いのですが、自社開発製品を多く販売しているのが魅力的です。


第3位 冷凍パイナップル(カット)
これもなかなかのアイディア商品。これからのコンビニはものぐさのためにカットものを多様するところが増える気がします。
第2位 冷凍高菜ピラフほか
安売り界では冷凍もののピラフは100円と相場は決まっていますが、なぜこれをピックアップしたかというと、非常にパッケージがヘルシーな感じでよくできています。実際176kcalでヘルシー。ヒットの予感。
第1位 そうめん
各社蕎麦も売っていますが、そうめんを売っていたのはここだけ。105円は安い。これなら安く過ごしたいランチに最適。通常のコンビニなら280円はしますよね。

 

 

3.99イチバ


山手通り。246との交差点付近の店舗。

親会社から受け継いだ『B級感覚』が素敵

なんともB級感あふれるすばらしい店構えだ。SHOP99ができたとき、店内の商品に負けず劣らず店全体の雰囲気が安っぽくて、この演出がわざとだったら頭いいなーと思ったのを覚えているが、その上をいく安っぽさが素敵である。愛しやすい雰囲気だ。


99イチバで九州フェア。だじゃれが発端ではないことを祈りたい。

惣菜パンコーナー。海老カツバーガーとテリヤキハンバーガー。サッカーボールといい、パンの名前といいいろいろ便乗している感じがすばらしい。

SHOP99を上回るB級感

99イチバはサークルKサンクスの系列。サークルKサンクスと言えば、コンビニ界では他社に比べどうもB級感が消えないとして愛されている。当サイトでは367キロカロリーもあるおにぎりを紹介したが、そんな風に個性的な商品を売るのがサンクス系列の特長だ。

その親の遺伝子を受け継いだ99イチバもなかなかに面白い。陳列もなんだかざっくりしていて三店の中でもっとも異端だと感じた。たとえるならば、小さなドンキホーテといったところか。

SHOP99は強力なライバルの登場したと感じているのではないか。

オフィシャルサイトのトップページの写真も、大事な写真なのにママチャリに乗ったおばちゃんが思いっきり店頭を横切っています。いいのか、これで。いや、これでこそ99イチバなのか。

キャラクターがすごくかわいい。

 

惣菜パンが豊富

パンコーナーだけでワンブロックあました。食パンは6枚切りと8枚切りだけではなく、5枚切り、4枚切りなどバリエーションも豊富。僕はレーズン入りの食パンを買って帰りました。レーズン食パンが100円とは安い。


3.99イチバのお買い得ベスト3!!

99イチバから受けた印象は『ええい! これも99円で売ってしまえ!!』という威勢のよさ。元気なコンビにです。そして店員さんの対応もきっちりしていて好感が持てました。


第3位 しめさば
そのまま食べられるしめさばが売ってました。これが99円って相当安いですね。
第2位 トイレのカラーボール
これはお買い得かどうかはよく分からないのですが、こういうものを売っているコンビニって、すごく稀有だと思うのでいれておきました。
第1位 お弁当(299円→半額で149円)
これはちょっと反則技ですが、ただでさえ安すぎる299円の弁当が半額シールつきで149円だった。毎日ここに通えばお金がたまりそうだ。
 

 

 

Information

気になった人は最寄の店舗に遊びに行ってみよう!

Food Style 100
《オフィシャルサイト》(am/pm内)
http://www.ampm.co.jp/newbusiness/foodstyle/

《店舗情報》
http://www.mapion.co.jp/custom/ampm/index.html
→検索で最寄の店舗をお探しください。
→現在、東京都内に19店、神奈川に8店、埼玉に2店、千葉に4店、広島県に4店。計37店。

LAWSON STORE 100
《オフィシャルサイト》(ローソン内)
http://www.lawson.co.jp/lawson_plus/store100/index.html

《店舗情報》
http://www.lawson.co.jp/lawson_plus/store100/store.html
→現在、40店舗。出店は東京都と神奈川県のみ。

99イチバ
《オフィシャルサイト》
http://www.99-ichiba.jp/

《店舗情報》
http://www.99-ichiba.jp/company/shop.html
→現在、8店舗。出店は東京都内のみ

『Food Style100』もちろんコンビニなのでATMもあります。買いすぎても安心。

3店舗ともとても魅力的なお店でした。僕の家の近所にあればとてもいいのに、と思う反面、これらのお店が本格的に店舗を増やし始めたら従来のコンビニは大変だろうなーと思った。

コンビニってどちらかといえば画一化の象徴といったイメージだったけど、それが21世紀に入って、それぞれの個性で勝負をはじめた、という現状は、なんだか時代の流れかなーと感じた今回の取材でした。

安くていいものを手にしたら幸せな気持ちになりますね。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation