デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
ザ・トンネル水族館
トンネル水族館についての熱い思い


 こんにちは、松本です。唐突ですがここで問題です。僕の実家はどこにあるでしょう。正解は千葉県鴨川市。1年半前に鴨川市に吸収された天津小湊町(旧称)にあります。

天津村 + 小湊村 = 天津小湊町
鴨川市 + 天津小湊町 = 鴨川市

という関係です。実家は上の式の小湊村(以下小湊)にあります。

 小湊は日蓮宗の開祖である日蓮が生まれたところであり、寂れながらも一応観光地として知られています。多分。

 今回は、そんな小湊を代表する観光スポット、トンネル水族館を紹介しようと思います。

すごいよ。

(text by 松本 圭司

トンネル水族館とは

トンネル水族館は安房小湊駅から700m程、10分ほど歩いた場所にある実入トンネル(みいりとんねる)の横にあります(地図)。実入トンネルの横にある歩行者用トンネル、それがトンネル水族館です。

説明を読むと、「薄暗く不穏な雰囲気が漂っていた歩行者用トンネルを明るく安心して利用できるように改修した」と書かれていました。また、地元の利用者だけでなく地域の新しい観光ポイントになれば、との思いも書かれています。

改修には地元のボランティア、ボーイスカウト、絵を愛する有志の方々、美大生達延べ900人の協力があったと記されています。房総の田舎町としてはかなりの一大プロジェクトだったと言えるでしょう。

完成まで掛かった時間は2年。2年です。


ピンク色の目立つ外観。

 

年中無休、24時間オープン、入場無料

多くの人の協力と2年の歳月によって完成したトンネル水族館は年中無休、24時間営業、そしてなんと入場無料です。なんというユーザービリティ。なんたるサービス精神。これはもう小湊に来たら是非訪れねばならない、そう思わせる魅力を持っています。

では早速見ていただきましょう。次のページで。後悔はさせないから。



 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation