デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
コーヒーおむすびとバナナの味噌汁
 


コーヒーのおむすび。
バナナの味噌汁。

こんなメニューを出す店が、長崎は大村市にある。

まったく冗談としか思えないようなシロモノだが、たしかにそれは存在し、現実に私の前にその姿を現したのであった…!

(text by T・斎藤



コーヒーおむすび
バナナの味噌汁
…………。
うまいよ、これ!

 訪れたのは、長崎は大村市寿古町にあるカフェレストラン・スコーズ。そこに「コーヒーおむすび」はあった。コーヒーおむすびとは、コーヒーで炊いたごはん(!)でにぎったおむすび。一方、バナナの味噌汁は、バナナが具に入った味噌汁。こ、こんなものがあろうとは…。

さっそく実食!

ではさっそく、バナナの味噌汁から頂くとしよう。
味噌汁に入ったバナナを見て、しばし物思いに耽る。
バナナはおやつに入りますか?
それとも味噌汁に入りますか?

遠足の思い出と目の前の光景とが混じり合ったような複雑な思いを抱きつつ、バナナを口に含む。

あ・・・! イモみたい。
意外なことに、バナナは味噌汁の中で芋になっていた。
食感・味、共にかなりリアルに芋に近い。
そして意外にもすごくうまい。煮干ダシと思われるダシがしっかり効いており、味噌汁としての基本性能が高い。

話によるとバナナは黄色くなる前の青いバナナを使っているという。なるほど、どおりでグチャッとしてないし甘くもないわけだ。

ゲテモノ料理かと思った私の想像は見事に打ち砕かれた。

 

コーヒーの葉っぱに包まれて出てくる
こ、これは…!
次にコーヒーおむすび

コーヒーおむすびは、コーヒーの葉(本物)に包まれてやってきた。色が茶色いのは醤油だと思いたいところだが、コーヒーの色。ありえない。

複雑な味

コーヒーおにぎりは大変複雑な味がした。
まず、おいしい。
おいしいのだが、表現がすごく難しい。

コーヒーの味はさほど強くないが、それがコーヒーだとわかる程度の濃さはある。具には、昆布やパパイヤ(!)が入っており、味に広がりを与えている。

このパパイヤが入っているという時点で、もう私の頭はかなり混乱気味だ。だってコーヒーにパパイヤ、それでおにぎりなのだ。もはや正確に味を表現できる自信などまったくなく、
「コーヒーおむすびはうまかった」
こんな言葉くらいしか出てこない。

人類初の宇宙飛行士・ガガーリンの有名な言葉「地球は青かった」も、その裏ではさんざん、なんて言おうか迷っていたのかもしれない。

一体どんな人が考え出したんだろう?

さて、こんなキワモノ・メニュー、一体どんな人が作ったのであろうか?

次ページの最初の写真がその開発者である、この店の社長さんである。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation