デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
長崎人は何にでもカステラを入れる
 


愛媛県の人は、何にでもミカン果汁を入れる、と聞いたことがある。ごはんを炊く時にも果汁を入れるし、家の壁にだって果汁を練り混ぜて風味を良くする…らしい。

一方、長崎の人は何にでもカステラを入れる。

おいおい、そんな話聞いたことないぞ!
というツッコミの声が聞こえてきそうだが、ミカン果汁の話はたしか吉田戦車氏の本にそう書いてあった(「ぷりぷり県」だったろうか)。カステラの方は、長崎に住む私がじわじわと実感しつつある印象である。 

(text by T・斎藤



長崎人からも疑問の声

が、
「長崎人は何にでもカステラを入れたがる。」
声に出してそう言ってみたら
「えええええぇ?」
と、何人かの長崎人からも疑問の声があがった。

しかし、この記事を最後まで読んで頂ければ、おそらく
私と同じ感想を抱くようになるんではないかと思う。

最初のアイテム

ではさっそく、ひとつめのアイテムから。
メロンパンである。


メロンパン

が、割って中を見てみると…

中はカステラ!

なんと中身はカステラ。
その名も「カステラ・メロンパン」。

「メロンパンの仮面をかぶったカステラ」とでも言おうか。
味は、容積比からしても、ほとんどカステラである。

おそらくこれは、メロンパンを作っているうちに、ついつい大好きなカステラのことを考えてしまい、気が付いたらカステラの上にメロンパンを乗せていた(想像)。そんな印象を受ける一品である。

私がよく行っている長崎のbakeというパン屋でみつけた。

太巻き

次に見るのは、一見何の変哲もない、太巻きである。


太巻き

が、中をよく見ると…


中にカステラが!!

本来そこにだし焼き卵が入っているべき部分を、カステラが占拠している!

最初予備知識なしで食べて、いきなりカステラが出て来た時にはかなり驚いた。

寿司のねたを並べるところに、大好きなカステラの姿が見えなかったことが寂しくていられず、ついに魚たちと一緒に並べてみた(想像)。そんな印象を受ける一品である。

太巻きに入っているカステラはしっとり感が強く、食べると意外にも違和感がなく、美味しい。

長崎の一平寿司というところで出している。

 

と、このように2つの例を見ただけでも、
長崎人がいかにいろいろな物にカステラを入れたがっているか、理解できたかと思う。

が、せっかくなので、もう少しいろいろ見てみることにしよう。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation