デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
デコ・カップケーキ大賞開催!

(text by 大塚 幸代



最近、ネットで見かけるお菓子サイトが、ありえないほどカラフルだ。日本国内のお菓子の色全体が、すごく派手になっているのだと思う。


↑一例。これは私が先日作ったもの。

ピンクや黄色はもちろん、赤、青、緑と全色アリ。いつからこんなことになったんだろう?

 

以前、「お米を食用色素で青くして炊いて食べると、生理的にどうか?」という記事を書いた。
 
↑「青くする実験」より

モニターから見たインパクトのせいか、お陰さまで大変好評だった。
青い炊きたてホカホカご飯、青い味噌汁、青い卵焼き、青いグラタン等々。どれも口に運ぶと、後頭部から「NO!」サインが出た。
でもそういえばケーキだけは、ほとんど抵抗がなかった。スイーツだけは、なぜか治外法権らしい。

私の記憶の中で一番古い「すげえ派手なケーキ」は、80年代の映画『バック・トウー・ザ・フューチャー』に出て来た、主人公の叔父の「刑務所出所祝い用ケーキ」だったような気がする。
平ぺったいケーキに、寒色系の色で、檻の絵が書いてあった。「アメリカ人、こんなケーキ食べるの!?」と衝撃だった。
次に見たのは90年代、「マックユーザーによる、iMac型のケーキの写真」だったか。あれも「なんじゃこれ!?」と思った。きちんとボンダイブルーだった。

 

米国菓子事情の詳細が分からないので何とも言えないが、「こういうのって、あまりお金持ちじゃない人が食べるのでは? あと味はぶっちゃけ美味しくないのでは?」と漠然と思っていた。

そういえば、韓国、台湾、ベトナムなど、洋菓子が発展途上中の国でも、ケーキは派手だ。



参考:ベトナムのケーキ(「BMWが21円、ベトナム・コネタ集」より

日本のケーキの派手化を見るたび、「これは日本がゆるやかに貧乏になっているせいじゃないか、華やかな気持になるために、ささやかな楽しみを見い出すために、プチ工夫をしてるんじゃないのか」と考えてしまう。


少しかなしく、やけくそな気持ちになりながらも、ソーシャルネットワーキングサイト「mixi」のスイーツコミュニティに日々投稿される、デコラティブ菓子画像を眺めてしまう。気持ちがアガる。特にカップケーキのデコ化は世界中で盛りあがっているらしく、ニューヨークには有名な専門店もあるとか。


Cupcake Cafe(ニューヨーク)



アートするカップケーキ(mixiコミュニティ)

しかしリアルにお金持ちなニューヨーカーは、白や茶色の、何やらフワフワ柔らかくて美味しいものを食べているんだろうな、たぶん……。


くそー、そんなわけで!(どんなわけだ)
デイリーポータルZ杯「デコ・カップケーキ」大賞開催!

  • デコ・スイーツ界で今いちばんアツい(たぶん)、カップケーキのコンペを開催します!
  • カップケーキをキャンバスに、自由に小粋に、たのしいフード作品を作ってみてください(一応、食べ物で作ってください、無機物はちょっとダメかも…)。
  • 「料理が出来る環境がナイです…」というかたは、イラストでの応募も可。どの部分が何色で、どんな材料で出来ているのか分かるように、設計図を書いて送ってください。
  • 入賞者には当サイトオリジナルQUOカード、オリジナルグッズなどを進呈。


私も創作カップケーキを試作してみました。海をイメージしてみたんですけど、想像以上にグロかったのでボツ!(魚は後でちゃんと食べましたよ!)
他に「東京タワー型のクッキーが上に乗ってるのはどうかな?」「中をくりぬいて青いゼリーを入れて、『摩周湖』っぽくするのはどうかな?」「メガネと前髪のデザインをほどこして、メガネ男子カップケーキにするのどうかな?」等、いろいろ考えてみたんですが……作れるかしら。

 

審査委員長
ミヤタケイコ
カワコワイ(可愛くて怖い)、縫いぐるみ等の作品を発表し続けている人気アーティスト。
「毒スイーツ」と題して、ありえない色のフードをヌイグルミやネンド感覚で制作、展覧会で発表したり、ワークショップなども開催している。
■ミヤタケイコ公式サイト
http://www.h3.dion.ne.jp/~k-miyata/
>>9月10日まで行われる大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2006 に「深川資料館通り商店街+Qrr ART白濱万亀」の「かかしの嫁入り」というプロジェクトでのどかな棚田で謎ドーブツかかしを展示中。
■越後妻有アートトリエンナーレHP
http://www.echigo-tsumari.jp/



「毒スイーツ」の一例、「クマクビケーキ」。

左:スイーツ以外のメニューも含めた「毒FOODフルコース」、右:「毒白玉あんみつ」


また、デイリーポータルZ編集部も審査に加わります。

締めきりは8/31日! 夏休み中の宿題ということで(お子さまの作品も大歓迎)。
お気軽に、たくさんのご応募、お待ちしております。

 

「デコ・カップケーキ」大賞開催!第一弾の応募は締め切りました。
結果は、後日!お楽しみに。 


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation