デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
クリスマス泥棒
クリスマスをいただきにあがります(キャッツアイ風に)。


クリスマスが近づき、街にイルミネーションが目立つようになってきた。

年々イルミネーションは拡大し続けている。実施する場所も増えているし、1ヶ所あたりの電球の数も増えた。100万個などという数字も耳にする。

そこまできたらイルミネーションの明りからソーラー電池を使って電気をおこすことも可能なのではないか。

その電気で別のイルミネーションを光らせるのはどうだろう。クリスマスのあかりをいただいて別のクリスマスを。クリスマス泥棒である。(林 雄司

 



新宿サザンテラスのイルミネーション

電気をいただくぜ

クリスマス泥棒のしかけ

新宿南口の線路沿いのボードウオークにはお城やピエロ、雪だるまなどを模したイルミネーションが並んでいる。子どもが歓声をあげたり、子どもの親はそのようすを写真に撮ったりしている。幸せオーラただよう空間である。

その幸せオーラをソーラー電池で分けてもらおう。

ソーラー電池を電球に近づけてみる。ソーラー電池の先には豆電球がついている。ソーラー電池でおきた電気で豆電球が光れば、クリスマスイルミネーションを手中に収めたことになる。ことしのクリスマスはいただきだ。わははは。

怪盗気分でソーラー電池を手にしばらくまってみるが……あれ? 光らない。光量が足りないのだろうか。クリスマスが僕の手を通り過ぎてゆく。

いきなり失敗か。蛍がきれいだから捕まえて家に持って帰ってきても光らない、みたいな話である。昔話に出てくる王様みたいだ。わがまま故にひどい目に会うタイプである。アンパンマンだとドキンちゃんだ。

照度計を出して測ってみると70.9ルクス。70かー、と言ったところでそれが明るいのか暗いのかさっぱり分からない。

光らない…。

70.9ルクスもあるというのに


ひみつ道具その2

電気をいただくぜ

秘密道具第2弾

そんなこともあろうかと思って別の道具も持ってきたのだ。揺れるクリスマスツリーだ。

本来はお店のポップに使うもので、わずかな明りでもソーラー電池の力で紙を左右に揺らす優れものである。

今回はポップの代わりにクリスマスツリーを貼ってみた。手作りのツリーが怪盗というか、怪盗が捕まって刑務作業で作ったみたいな雰囲気ではあるが。

クリスマスツリーをそっと光のオブジェに近づけてみる……。

………? クリスマスツリーがぴくぴくしている。やがてはっきりと揺れ始める。気付ば左右に大きくクリスマスツリーが揺れている。やった! イルミネーションから電気をもらうことに成功した。新宿のクリスマスはいただいた。

イルミネーションの輝きで揺れる小さなクリスマスツリー。不思議な達成感がある。

隣にいた子どもが僕のクリスマスツリーに夢中になっていた。かわいー、と言っている。でもおじさんはどろぼうなんだよ。

と、こころのなかで言った。

ゆれた!クリスマスが乗り移ってきた

子どもも夢中

 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation