デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
男の小顔実験
フレームに入らぬ顔をどこまで小さく出来るか


電車の中でその決めフレーズがイヤでも目に入る、女性誌の車内吊り広告。その中でも頻繁に繰り返して登場するフレーズが「愛され××」「お嬢様」、そして「小顔」。男は身体が締まったたるんだ、という話はしても、顔が大きいの小さいの、という話はしない。でも女の子は小顔ありきくらいの勢い。モビルスーツでいえば、女の子は大河原デザインよりZガンダム以降の方が好きなのだなあ。

そういえば、数ヶ月ぶりに会った人に別に体重が減ったわけでもないのに「痩せました?」と言われることがよくある。当然小顔メイクなんかはしていない。おそらくその時の気分で伸ばしたり被ったりしてるヒゲや帽子といったオプションで顔が痩せて見えるのだろう。そんなオプション、さらにメイクみたいなもんを使ってみたりして、「男の小顔」に挑戦してみよう。

大坪ケムタ



小物、そして保護色で小顔

まずはメイクに頼らない男の小顔アイテム、というと前述した「ヒゲ」。アゴ部分が伸びて縦が長く見える分、なんとなく全体ではスリムに見える効果があると思われる。最近のアゴヒゲくん増加もその一貫なのだろうし。

まずはヒゲ有り/無しを比較。ちなみに、よくダイエット広告なんかでは「使用前は不機嫌、使用後は笑顔!」と写真自体の見せ方が違ったりしますが、全て木訥顔一本勝負でいかせていただきます。


これからの調査のデフォルトです。
ヒゲ追加。正確には切る前。

こう比べると確かにヒゲがある方がフォルムが逆・雨粒型になるのもあって弱冠シュッとして見える。これがイイ男なら「どっちでもいいじゃん」となる所だが、この馬鈴薯顔だけにその差がハッキリして見える。あくまでも「そう見える」が今調査の尺度なので、なんとかそう思ってください。

ヒゲ同様に手軽に使えるアイテムといえば帽子。高さのある帽子を被ってみればどうか。


顔に似合わない毛糸帽子ですが

弱冠頭が伸びた分輪郭がカバーされたような‥あくまで「気がする」レベルではあるけれど、帽子やヒゲといった実アイテムを上下に配置すれば細く見せる効果はあるようだ。

実際に長くする、の効果は分かった。では「保護色」ではどうだろう。ここまで撮った壁の色に合わせて顔の色を変えてみよう。


保護色パート1。

さらに保護色パート2。

バックは白壁ということで、この記事で余ったドーランを塗って溶け込もうとしてみた‥が、白というのもあって顔全体が平坦な写りになってしまい、顔自体の存在感が逆に突出してしまってる感がある。存在感といっても「インパクトがある」という意味でなく、「大きく見える」という意味で。いや、確かにインパクトもあるけど。

パート2は小顔に見えるような気もします、といっても白による効果ではなく明らかに髪のボリュームによる効果。というか、既にメイクとかそういうレベルではないような気もしますが。

うーん。白壁に白顔だから、もうちょっと自然に溶け込むと思ったんだけどなぁ‥すいません、それほど思ってませんでした。


単に余ったドーランを使いたかったんです

 

特殊なメイクで小顔

小顔効果、といえばメイクで顔のライン自体を変えてしまう手もある。チークってヤツですか?影をつけることである角度からの見栄えを変える事が出来る。撮影の過程上、白塗りのままで失礼します。白塗りに黒の影を付けてみたら‥


予想通り、デーモン小暮になってしまった

白塗り、という極端な色遣いではあるが、たしかに頬の部分はシェイプして見える。雪深い東北の山村なら素顔と言ってもごまかせるかもしれない。東北の人、すいません。

ただ、写真のサイズというのも効果には関係するだろう。どうしてもデイリーで掲載するサイズではアラが見えてしまうので、さらに写真自体を小さくしてしまえばどうか。左からデフォルト・白塗り・チークあり白塗り。

おぉ、このサイズなら小顔効果が際だって分かるなあ。しかも上サイズに比べるとかなり自然!(白塗りはおいといて)これって写メールの方が美人に撮れる、というのと同じような現象なのか。

ではさらに小顔度を上げてみよう。いっそ影をつけるのを頬だけなんてケチなこと言わず、全体だ!


廃棄した机から出てきたドラえもん?

明らかに小顔とかそういうので語れない顔になってしまった。デフォルト画像に比べると、なんとなく小さくは見えるけれど。しかし、上で成功したことだし小さめの画像なら違和感なく見れるのでは‥再び比べてみよう。


うぉ、さらに小顔に!? ‥さすがにここまで塗ると白々しい感じがするなあ。小顔というより良くてウェットスーツを着た人だ。やはり影をつけるのはやたらめったらではなく、ポイントが大事なよーで。

他にスリムに見せるものは‥というと「目の錯覚」を利用する、というのもある。たとえばストライプ模様というと、縦にスリムに見せる効果があるとよく聞く。


ということで、テープを使って

目にさわやかな水色ストライプ

これは‥結構成功してるんじゃないのか?デフォルト白塗り顔と比較しても、少し締まったように見える。チークを頬に塗るのもいいけれど、うっすらとストライプに塗るのも小顔効果があるかもしれない。小顔迷彩。

また、錯視というと有名なのがコレ。


真ん中の直線は実は同じ長さ、というやつ

コレをうまくメイクに利用すれば、ものすごく顔が縮んで見えてもおかしくない。「あれあれ、同じ顔のハズなのに今日の大坪さんは小顔に見えるよ!」と。エッシャーも驚きの顔に挑戦してみた。


今度は黒テープでやってみたら‥

ちょっと仮面ライダーV3っぽい

小顔というよりは怖い顔だよ!なんか下の方は崩れていってるし。でも一応横棒は全て同じ長さに統一してます。長さが違って見えるのは錯視というより肌のデコボコ加減からですが。ともかく、小顔化には何の役にも立ってない!

細かいディティールはやはり顔に書くのは難しい。せいぜいストライプつけるくらいが関の山。「メンズナックルズ」とか読んでモテ道を学んでる若者諸君は、もっと正当派なモテ小顔を学んでください。

撮影後はテープの跡がバリバリ

小顔への道って大変ですね。

女性誌であれだけ書かれるほど小顔にこだわる理由はまだ分からないが、小顔への道が相当険しいというのはよく分かりました。小顔に励む皆さんも、もはや実は理由などなく「そんな変わるわけがない‥」という諦めつつも、「でも、やるんだよ!」的にストイックな闘いを続けてるのかもしれないなあ。皆さん、頑張ってください。たとえ、ムダ足でも!(余計です)


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation