デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
リアル擬音語

本当にあなたは「ずるずる」とそばをすすり、「がらがら」とうがいをしているだろうか。

唐突に言い出してみましたが、「ずるずる」も「がらがら」も、音や人、動物の声などを言葉で表す擬音語だ。

きらきら、ぶよぶよ、ぱくり、すってん、といった、様子を言葉に当てはめた擬態語と違い、擬音語は音をそのまま文字に写し取った言葉と言える。

この、なんの疑いもなく使ってきた擬音語、本当の音をそのまま文字に起こしたらどうなるんだろうと思ったのだ。

耳をすまそう。本当にあなたは「ずるずる」とそばをすすり、「がらがら」とうがいをしているのか。

(text by 古賀 及子


いきなりすみません。うがいです

うがいは本当に「がらがら」か

まずターゲットにした擬音語は、うがいをするときの「がらがら」だ。

「ちゃんとガラガラうがいしてね」なんて子どもにいったりするものだが、本当にうがいは「ガラガラ」なんだろうか。

お耳汚しとなりますが、わたくしのうがい音を録音してみましたので耳をすましてみよう。

確かに「ガラガラ」と聞けなくもないが、これがうがいの音であることを忘れて心を無にして聞いてみる。

が、おーーろろろろぽこぽころろろろぽこぽころろろろぽこぽこ

こんな風に私には聞こえた。どうでしょうか。

これをさきほどのように写真に書き入れてみよう。


が、おーー ろろろ ぽこぽこ

がおーー、て、あなた。

音としては「がらがら」よりこちらの方がずっと正しいと思うのだが、なんだろうこの雰囲気は。何か珍しい動物でも呼び集めてるのか。ろーろろろろろ。

おもしろいぞ

どうだろうと思いながら始めてみたが、おもしろいじゃないか。ではさらにもう少し、身近な既存の擬音語の実態をあばいていってみようか。


以前から気になっていた「パチパチ」

「パチパチ」という言葉、拍手の擬声語としてよく使われるが、「パチパチ」という文字面はなんだか迫力がないなあと思っていた。

早急にリアルに音を文字化すべきだと、そう提案したいのである。偉そうで恐縮である。

ん? いかん、やはりどうしても拍手、と思うとパチパチと聞こえてしまう。もしかして、実際拍手は「パチパチ」なのか? いや、心を無にして聞くんだ! 

じっと聞き続けていたら、だんだんこんな風に聞こえてきた。

パッパッパッパッペッペッペッペッパッパッパッ

反響の具合か、途中でペッペッペッと聞こえているのが印象的だ。


ぺっぺっぺっ

……なんだろう、だいぶダメそうな拍手に見える。ペッペッペッって、拍手なのにそりゃないですよ!

現実は厳しいなんてよくいうが、まさかこんなところでリアルのがっかり感を実感するとは。

擬音語が同じ「鼻水」と「そば」

うーむ。なんだかロマンのない話になってきてしまった。もう少しやり方を変えてみよう。

そうだ、「ずるずる」はどうだろう。

鼻をすする音として、慢性鼻炎の私はこの季節よく使う擬声語だ。「あら、ずるずるさせちゃって、風邪ですか?」など、周りの方にいわれがちな言葉でもある。

そしてこの「ずるずる」、そばをたぐる擬声語としても使われる。

今まで気づかなかったが、鼻水とそば、音の言葉としてはおなじ扱いなのだ。これはちょっとまずいんじゃなかろうか。きちんと書き分けてあげよう。


この音、実際は? それにしても写真のモデルが私ばかりで申しわけない

  つぎへ>
 

▲トップに戻るバックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation