デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
ぎょうざカレーとカレーラーメン

生まれてからの二十数年間を僕は北海道で暮らした。
住んでいる時には当たりまえだと感じていた文化や風習も、ふるさとを離れてみると、それがちっとも普通ではないと気づくことがある。
特に食文化にその傾向が顕著で、地域の常識がよそでは通じないということがままある。
先日北海道に帰省した際、東京に住みはじめてから気付いた「あれって変な食べ物だったのかも」というのを久しぶりに食べてきたのでご紹介しよう。

工藤 考浩



北海道のカレーは変なのか?

最近ではすっかりスタンダードな食べ物になった「スープカレー」。僕はこれが札幌発祥だと聞いてものすごくおどろいた。
札幌に住んでいた時には、二日酔いの日など日常的にごくふつうに食べていたので、ちっとも特別なカレーだとは思っていなかった。
確かに、ごはんにかけて食べるカレーとは違うけれど、それは本格的なカレーだからサラサラしたああいう出で立ちなんだと理解していた。
そもそも、スープカレーなんて呼びかたはしていなかったし。

ところが昨今のこのブーム。
いわれてみればなるほど、東京に引っ越してきてからは、あのサラサラしたカレーにはお目にかかっていなかった。
当たり前に食べていたものが、当たり前ではなかったのだ。
ちょっとしたカルチャーショックである。


さてさて、前置きが長くなってしまったが、北海道にはまだまだ、東京ではあまり見かけない変なカレーが日常として存在しているのだ。
それは、「ぎょうざカレー」と「カレーラーメン」である。


ぎょうざカレー
カレーラーメン

    つぎへ >
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation