デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
卵を使わない卵かけゴハン!?

(text by 大塚 幸代



「卵を使わないで、卵かけゴハンに大変似た味のものが作れるらしいぞ……」そんな噂をきいたのは、去年のことだったと思う。
卵……。思えば当サイトは、「泡立つ卵かけごはん」「すき焼きの生卵の使い方を応用出来ないか?」「タマゴ大追跡」「しょうゆかけごはんを見直す」「醤油のテーマパークで食べ比べ」「なんでも醤油をかけるとそれなりの味になる」などなど、卵と醤油が好きで、探求しまくっている。
もちろん私も、生卵×しょうゆゴハンは、小さい頃から大好きだ。というか、ひとり暮らしでデタラメな食生活をしているので、多忙な時は、朝・卵かけゴハン、昼・卵かけゴハン、夜・卵かけゴハン、というムチャなこともする。茹でたりもするけど。

ああ卵。あの味が、別の形で再現出来るなんて、本当に……?

「……というわけで、いま、新宿にいまーす。卵の代用になるのは、オリーブオイルとナッツ系のオイルらしい、との情報を得たので、東急ハンズと、高島屋の地下の食品売り場で、3種の油を買ってきましたよ!」
「買ってきましたか!」


↑こんな厳重に梱包されちゃった。遠方から持って帰る、お客様向けの仕様なんだろうなあ。「包まなくていいです」って言えば良かった……。

「あ、今回試食に付き合ってもらうゲストは、友人のニシさん(女子)です。というか、一緒にゴハン食べる約束の日に、無理矢理、試食に付き合わせてしまいました。かなり嫌がっています!」
「だってわたし、変な食べ物は、ちょっと……」
「ニシさん、なにげに美食家だもんねえ。和民とか安居酒屋チェーンには、全然入らないし」
「和民に入らないと美食家、って、それはかなり判定ラインが低いのでは……?」
「いや、私なんか、和民どころか、『一休』とか『カチカチ山』とか、ノーフューチャーな気持ちで行かないと行けない店、結構行ったりしてるよ!」
「……あきませんよ、食は大事にせんと! 美味しいもの食べるのは、人生で大切なことですよ、っていうか他にあんまり大事なことってないでしょう?」
「そう?……いや〜、私は食生活、本当にヒドいよ。食生活以外もヒドいけど。
ニシさんに連れてってもらう美味しい店に行くと、確かに『うっひょ〜!! 食べ物って美味しかったんだ!!』とか思い直しますけどねえ……今日のお昼も、どうでもいい、99ショップの100円のうどん茹でて食べただけだし……薬味もナシで……ブツブツ」
「駄目でしょう!! ちゃんとお肉も野菜も食べへんと!! ホラホラホラ!! ああ、お母さんの気持ちになってまう!!」
「あ、無駄に色っぽい京都弁で、取り皿に盛られてしまった……。
実は今、某しっぽり系飲み屋にいるんですけどね。チェーン店系の、個室居酒屋でこっそり試食会開催しようとしてたんですけどねー、看板見回ったところ、いま『個室!』ってバーンと掲げてるとこ、なくてですねー」
「ブーム、終わったんですね」
「そんなわけで、歌舞伎町で働く方々が、同伴やアフターに使う、ちょっと薄暗い店に入ってるんですけど」
「ほんと、隣の席で、ものすっごいロコツな話してますね」
「……ま、こっそりやりましょう。すみませーん、生ビール2つと、白いゴハンひとつー!」


ビールと白米単品って、絵面的に……アレですよね。アレじゃない?

 

■まずはエントリ−1、「エキストラバージンオリーブオイル(イタリア、カラペリ社製)



これを、

ゴハンにかけます。醤油もたらして…。



こんな感じに。

試食。

「……ん! 一瞬、確かに、卵ごはんっぽい気にはなるね。
でもやっぱり、油だなあ。まえにラードごはんを食べたんだけど(「ラードごはん食べ歩き」)、あの時の味を、ちょっと思い出すなあ」
「ひとくち目の一瞬は『似てるかも!』と思うんだけど、後味が、オリーブの匂いが強いですねえ、うーん」

 

■エントリ−2、「グレープシードオイル(イタリア、ソル・レオーネ社製)



「グレープシード……馴染みないですよね。ぶどうの種から、こんなに油、しぼれるもんなんですねえ。
味は……オリーブオイルよりは、くせがなくて、卵ごはんっぽい……かなあ?」
「……私、思うんですけど、油と米って、要するにチャーハンなんとちがいますか?」
「ああ、チャーハンですね。
ううーん、チャーハンと卵かけごはんって、味、似てたっけ…?」
「そういえばウチ、実家では、マヨネーズごはん、食べてました」
「リクツで言えば、マヨネーズは卵と油で出来てるから、卵チャーハンとかと成分が同じ……ということは要するに、米と油と卵は、とにかく相性がいいのか?」
「相性いいのと、味が似てるのは、ちゃうんちゃう?」
「ん? そうだよね。ううーん? ……えー?」

 

■エントリ−3「ピュアウォールナッツオイル(イギリス、オーフスユナイテッド社製)」



「くるみのオイルですよ。
……香ばしいっすね。ゴハンと醤油には、合うねえ」
「醤油焼き飯、みたいな味ですね。あと、梅干しの種の味がする!」
「え、梅干し!? 木の実だからかなあ。私は全然、そんな感じしないけど……ま、和風でまとまってるから、いいかな、って感じでしょうか」
「なんですか、その適当なまとめ方は」
「うー、似てるのか似てないのか、分からなくなっちゃった。
じゃあ、ちょっとここで一発、比較用に、こっそり持ち込んだ生卵を……。

ゴハンに投入しますよ、

よいしょっと。」

「持ち込みタマゴ……なぜかすごく、後ろめたい気分になりますね」
「隣の席で、ものすごくエロい話をしてる横で、生卵をカウンターにぶつけて、こっそり割ってるってのも、変なシチュエーションですわ」
「歌舞伎町、人生いろいろ、って感じですかね」
「……で、あらためて卵かけごはん食べてみると……。
あれ、あれれ、やっぱ似てる! 似てるね、油×しょうゆゴハンと!」
「そうですね。……でも、『惜しい!!』っていう、感じですね」
「惜しいですねえ。しかし、昔流行った『プリンと醤油でウニの味』みたいなネタより、全然ちゃんと似てますよ!」
「ですね」

 

■卵かけごはんも、それのフェイクも美味しいよ

「で、まとめなければいけないんですけれども」
「はい」
「実はこれ、菜食のかたとか、体質で卵が食べられないかたたちの中で、生まれた発想らしいんですよね」
「なるほど」
「私個人は菜食じゃないので、今回は好奇心で食べたわけですけども、うーん……卵のほうが好きかもしれないし、でも時々は、油をかけて食べてしまうかもしれない!」
「強欲ですね」
「いや、似ているけれども、両方とも、違う美味しさがあるんじゃないかと。みんなちがって、みんないい、by金子みすゞですよ!」
「あ、大雑把にまとめはった」
「……あと、例えば当サイトを見てるかたって、海外居住者のかたも多いようなのですが、生で安心して食べられる卵が入手出来ない地域のかたは、これ、やってみるの、いいかもしれません」
「お、役に立ちそうなこと、言わはりましたね」
「……そういう感じで。興味あるかた、是非お試しく・だ・さ・い!!!!!」
「(やっぱり大雑把にまとめはった……)」


 
 
関連記事
たまごサンドイッチ味くらべ
北陸にたまごのせ文化があるのか?
しょうゆをふりかけにできないだろうか

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation