デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
フィジカル影あそび〜江戸VS現代〜
 


 子供の頃にやった影絵遊び。両手を組み、キツネやカニの形にして影を映す。初めてやったとき、子供心に感心した覚えがある。

 大人になってそんなこともすっかり忘れていたのだが、たまたま手に取った本で影絵を見た。ただ、よく知っている形ではなく、一味違うものなのだ。

 よく見ると、どうも現代のものではない。江戸時代に描かれたものらしい。

 江戸時代の人もやっていた影あそび。それを自らの体で再現してみつつ、自分なりの新作にも挑戦してみました。

小野法師丸



●大人もやってみたくなる影あそび

  影あそびを思い出すきっかけになったのは、家にたまたまあった『名画クラシック葉書』(マール社)という本。日本の古い絵を題材にした、葉書のデザイン集だ。

 その中に、こんな作品があった。


子供を対象としない渋い作風

 歌川国芳の作とされる絵を使ったデザインだ。上段は松の木、下段は梅にウグイス。表現しようとしているモチーフのチョイスが渋い。松ってなかなか出てこない。

 子供の頃に遊んだのと違い、全身を使っているのも特徴だろう。おもしろそうじゃないか、これはやってみたくなる。


ホームセンターで980円の強力ライト
簡易影絵ステージができた

 白い布を買ってきて吊るし、ライトで照らせば影絵ステージの完成だ。よし、やってみよう。

 まずは松に挑戦してみたいのだが、作中人物が使っているような三度傘など持ってない。代わりになんとか松を表現できそうなものはないかと思い、扇子で試してみた。


松?
絶対松じゃない

 なんか、全然イメージと違う。どう考えても松ではない。

 扇子を代わりに使っているということよりも、もっと根本的な問題がありそうだ。写真をじっと見つめて、改善の余地がないかと考えてみてひらめいた。


ビーパップハイスクール

 頭にも扇子を追加してみた。それが根本的な改善なのかと問われれば言葉をにごすしかないが、できる限りのことはして松に近づきたい。

 学園マンガの不良みたいになっている自分の姿にも驚いたが、再び松になってみる。


松か?
遠くにかすかな松の可能性が見えたか

 松であることを100としたとき、さっきのが0ならば、今度は3くらいになったというところか。進歩とも言えない範囲での進歩だが、見ている方々の譲歩を期待したい。

 難しい。思っていたよりうまくいかない。そして実体はこんな感じだ。


松でーす

 江戸の人がやっている様子はとても粋なのに、私がやると単におめでたいだけだ。愚かしい、と言ってしまっても否定はできないかもしれない。

 もうちょっとどうにかならないか。先ほどの葉書のもうひとつの方、ウグイスもやってみよう。


さっきよりはまだマシか
舞台裏のアホっぽさは健在

 うーん、松よりは少しだけマシだろうか。それでもまだまだうまくいっているとは言い難い。

 改善を目指していろいろ試してみること数十分…。


「あ、鳥だ」レベルにはなったか

 ウグイスというのは無理だが、鳥というところまではなんとか行けた気がする。見本の作品に比べると完成度は格段に低いが、とりあえず鳥だ。


よりよい作品を求めてもがく姿
表現する者の苦悩

 コートをかぶったりハンガーを頭につけてみたりと、いろいろと工夫をしてみた。

 少しはうまくいったというところなのだが、やはりここでも舞台裏のアホっぽさはぬぐえない。あくまで影絵は影だけを楽しむといいのだと思う。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation