デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
ハードコア居酒屋撃沈

(text by 大塚 幸代



以前、「おつまみは300円まで。」という、都内激安飲み屋記事を、書いたことがあった。
今回は、さらにディープな居酒屋を、新宿で数件めぐろう、そう考えて準備していた。
「久しくサシ飲みしてないね」という理由で、友人・ライター高瀬さんも、一緒に行ってくれることになった。高瀬さんは酒に強く、気持ちよく大量に飲む人なので、何件回っても平気だろうと思っていた。
思っていたのだが。

金曜日夜、仕事が早めに終わった彼女と待ち合わせて、まずは「一休」に向かう。場所は、コマ劇場隣の、ロッテリアの入ってるビルの、エスカレーターと階段を下って下って、地下3階。
「一休」は首都圏にあるチェーン居酒屋で、実は30年ほどの歴史がある、知る人ぞ知る有名店らしい。
とにかく馬鹿みたいに安い。ハッピーアワーでビールが180円。さらに「月曜日半額」「9の付く日半額」などのサービスがある。



一度だけ、夕刻の早い時間に行ったことがあった。その時間帯は「歌舞伎町の学食」というような雰囲気で、街で働く人たちが、ちょちょっとひっかけて、つまんで、サッと出て行く不思議な店、という印象だった。
このノリは面白いな、と思って、割引になるという会員カードも作った。しつこく宣伝メールとか来ちゃうのかな、まあいいや、と思って申し込み用紙を見ると、個人情報を書く所が「名前だけ」という、ものすごいシステムだった。べつに偽名を使ってもOKのようだった。
(ちなみにQRコードで入会出来る、携帯会員制度も、一応あるらしい)。

さっそく突撃! と、店の入り口まで来ると……。
あちゃー!



ものすごい行列が出来ていた。忘れていた、金曜日は9日で、「9」のつく日だったのだ。学生っぽい、若い子たちが楽しそうに並んでいる。
渋谷と違って、新宿は居酒屋が多いので、コアタイムでも、並ぶということは少ないのだが……「一休」に限ってはそうじゃなかった。


「時間をずらして、また来よう、先に他の店に行こう」と、「カチカチ山」に移動した。

「カチカチ山」も、首都圏で有名な激安チェーン店だ。


区役所通りぞいの店までたどりつくと、余裕で入店できた。時間は19時半ごろ。
料理は激安ではないけれど、ドリンクは安い。麒麟淡麗がジョッキで195円、スーパードライが250円。サワーはなんと、やはりジョッキで95円。
「酒屋で買って、家で飲むより安いじゃない。何、これ!?」
驚く高瀬さん。
こういう店、来たことないの? ときいたら、「ない」と言われてしまった。
普段、どのくらいのレベルの店で飲んでる? 「和民」より上? ときいたら、「和民の1.25倍くらいの価格帯の店…かなあ」とのこと。


高瀬さんが「食べたこと無い味」と言った突き出し。一応マカロニサラダ。

テキトーにつまみを頼む。


日替わりおつまみセット「酒の友」550円。これさえあればオールオッケーな、「大人のお子様ランチ」みたいなプレートが出てきてびっくり。これはイイ。

左:「クオティエ」(中華肉餃子)380円。結構普通の餃子だったので少々落胆。右:「カチカチ爆弾」480円、衣を付けて揚げた肉マン。中央に紅ショウガとマヨネーズが入ってて、ジャンクな味。高瀬さんと私で、ひとかけらづつ食べたが、それだけで胸がいっぱいになり、半分残した。

いちばん高いメニューは「塩やきそば」「焼きうどん」1000円(大皿)、安いメニューは枝豆300円だった。

奥のテーブル席で、大騒ぎする声が聞こえた。ドレスアップした若い女の子たちとトイレで逢った。卒業式の帰りの飲み会のようだった。
なにも、そんな大切な日の飲み会を「カチカチ山」でやらんでもいいのにな……とも思ったが、ひょっとしたら、コンパとかをよくやった、思い出の店なのかもしれない、と無理矢理想像した。
他の席は、2人〜4人で、落ち着いて飲んでいる感じ。サラリーマンからカップル、歌舞伎町っぽい人まで。照明が暗めなせいか、ダラダラと飲んでいるように見えた。

「安いねえ」と言いながら、高瀬さんが、がんがん飲んでいた。私が体調万全じゃなくて、少々セーブしていたせいもあったのだが……私がサワー1杯飲むあいだに、彼女はビール3杯飲んでいた。
よく「アメリカのプロレスラーは、何ガロンもビールを飲む」みたいな話があるけれど、1ガロン=3.785リットルだから、4杯以上飲めば「ガロン界」の仲間入りなわけだ。
高瀬さんは、たぶん2.5ガロンくらいのビールを飲んでいたと思う。

飲んでる間に、した話。

  • 今まで、猫を飼ってきた経験から言うと、色のうすい猫のほうが、お馬鹿なのではないか。とくに、三毛にしましまのはいったやつで、色が薄い猫がやばい。うちの猫も馬鹿だった。新しく飼うなら、色の濃いやつのほうがいい。白黒の猫は利口そうだ、「はっちゃん」とか。
  • 大泉洋ファンの高瀬さん、「ハケンの品格」が終わるのが大変に寂しいらしい。大泉さんに関しては、ファンすぎて、もう好きかどうかも分からないのだという。飲み会とか、絶対に同席したくないし、隣の席にいても嫌。斜め後ろ、遠めくらいの席で飲んでてくれるとジャスト嬉しい。二人きりにされたら、固まるどころじゃないので、絶対二人きりにしないでください、とのこと。
  • 高瀬さんはテンパで、ストパに命をかけているという。髪のうねり具合で、天気予報が出来る、妖怪アンテナだそうだ。学生の頃は三つ編みにしていたのだが、髪が太いわ多いわだったので、しめ縄みたいになっていた。ランニングすると、ビタンビタン肩に当たって痛かった。ああ痛かった。

……飲むと、どうして、しょもない話をしてしまうのだろう。
どんどん、テンションを上げていく高瀬さんを見ながら、「人はなぜ、一緒にいる人が先に酔っ払うと、自分は酔えなくなるんだろう」とか考えていた。いや、楽しかった、とても楽しかったのだが。

「これ以上、ビールをガブ飲みするのはやめとこう」と判断して、「一休」に戻るのは断念、チルアウトしようと、近くのゴールデン街の某バーに移動した、のだが…。
その時私は、高瀬さんがが予想以上に酔っていることに、気がついてなかった。
彼女は、カウンターに座ってしばらくしたら、椅子から、ぐにゃりと後ろに、床までひっくり返って倒れたのだ。
びっくりした。本当にびっくりした。あ、あの高瀬さんが…ありえない、と思った。
起こそうとしたら、「だいじょうぶ、ほっといてええ〜」と言う。「ええ、ほっとけないようー」と言いながら抱き起こしていたら、マスターが『ほっとけないよ』(by楠瀬誠志郎 )をかけてくれた…。

……「カチカチ山」では、日本酒に関しては「すごいお酒だから、悪酔いするぞー」という噂がある。でもビールでこんなことになるとは、想定外だった。ビールには、悪酔い成分が入ってるとは考えにくい。たんに安さが、人を油断させてしまうのだろうか。

そのあと深夜、泥酔版・高瀬さんは、私に「君は馬鹿なことをしている…」と抽象的な人生アドバイスをしてくれた。自分の人生は間違いだらけ、と自覚があるので、「どれについて指摘されてるんだろ!?」と心あたりありまくりで、なんだかすごく反省をした。
酔っぱらい、恐るべし。

結局朝帰り。
で……仕切り直して月曜日に、「今度は泥酔しないように」注意して、「一休」に乗り込んだ。

「一休」、月曜日は半額デーだったのだが、張り紙を見ると、他の曜日も毎日、20%とか30%とか、何かしらのパーセンテージで割引があるようだった。
また行列が出来ていた。ゲゲッと思ったが、店員さんにきいてみたら「15分くらいで座れます」とのこと。カラオケボックスみたいだな、と思いながら待って入店した。


店内は狭いので、荷物は天井に作られた棚に置く。飛行機内並みの、スペース活用術。

この店、なんとビールはモルツとプレミアムモルツ。モルツジョッキが180円! すごい。
ほか、メニューも安い。いちばん安いメニューは「みそ汁」70円、いちばん高いのが、「お刺身一休盛り合わせ」1015円。ほか、普通のメニュー上では普通のチェーン店よりやや安めくらいの値段だが、なにしろそれが半額になるのだ。年中グランバザール状態。


それにしても、この名前はちょっとヒドイかもしれない。

左:ちくわ磯辺揚げ(175円)。「給食以下の味」と高瀬さんが言った。右:はまち刺身(385円)。「生ものはヤバいかなー」と思っていたが、思い切ってオーダーしてみたら、全然大丈夫だった(当たり前か)。凍ってもいなかった。

なぜか「大根サラダ」(336円)に花火が付いてくる。理由は分からない。

オリジナル醤油びん。ちょっとイカス。

飲みながら、「カチカチ山」と「一休」の2大ハードコア居酒屋について、二人で考えた。

  • 両店とも、店員さんが妙に気がつく、キビキビしてる。
  • 店の雰囲気からしても、「一休」は最初の店(閉店も25時と早い)、「カチカチ山」は最後に行く店っぽい(早朝まで営業しているし)。

「翌朝まで」ってとこが、アバウトだけど。

  • いずれにせよ、ヤングでない人がこういう店に来る場合、ある程度の覚悟をというか心がまえを持たないと、楽しめない。駄菓子屋に行く感覚、というか。とにかく酒だけをガツンガツン飲みたい時にはいいかも。

でもって、もう、ハードコア居酒屋を掘り下げて行くのは、大人のレイディとして、心身ともに危険なのでやめておこう、ということになった……。

「一休」はさっさと引き上げ、別の女友だちと合流して、立ち飲みフレンチ屋に行った。とっても美味しいワインと、とっても美味しい塩ブタとかパテとかラタトウイユとかオムレツとかを、上品につまんで食べた。ハードコア居酒屋の後だったせいか、いつもより美味に感じた。
以上!!

↑「一休」、来月にはこんなキケンなイベントが! 「10杯飲んでも900円」って書いてあるよ。そりゃそうだけどもさ!

 
 
関連記事
朝からやってる居酒屋探訪
居酒屋にあるサンダル
都庁の中に居酒屋があった!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation