デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
工場デート

 

以前「工場見物」と称して当サイトのウェブマスターである林さんと川崎の工場をめぐったことがある。それは楽しいひとときだったのだが、おしむらくは男ばかりだったということ。女性と行ったらもっと楽しいんじゃないだろうか。

そう思って女性を誘って工場へ行ってきました。果たして「工場デート」は成り立つのか。

(text by 大山 顕



■初対面の女性を2人も


素敵な女性と駅で待ち合わせ。初対面。

ぼくの知り合いの女性たちはぼくの嗜好をよく知っていて、いまさら「工場デート」ぐらいでは驚かない。それじゃ面白くない。そこで人づてに女性を紹介してもらって、その方を連れて行ってみることにした。つまり初対面だ。初対面の男にいきなり工場に連れて行かれる。これはちょっとしたセクハラか。いや、「セク」はない。ただのハラスメントだ。

写真の女性ふたりがその方々。左が福井さん、中央が杉浦さんだ。とても素敵なおふたりで、心が痛む。すまん、工場なんだよ、行くのは。この場を借りて親御さんに謝りたい。申し訳ない。嫁入り前の娘さんを。

おひとりだけ、となるとなんか本気のデートっぽくなってしまい、それもなんなのでふたり連れて行くことにした次第。しかも仲介してくれた男性もどさくさに紛れて参加。それが右のすこし怪しげな風貌をした方、小林さんだ。


レンタカーを借りて一路、鹿島コンビナートへ

さらにもうひとかた。工場鑑賞といえばこの人、日本を代表する工場鑑賞の第一人者、石井さんだ。(上の写真右。顔が大きいのはぼくのカメラのレンズのせいです)

石井さんは工場好きで知らぬものはいない「工場萌えな日々」というすばらしいサイトを運営されている。男性が増えるのはあまりありがたくはないが、工場デートの成功のためには欠かせない人物である。どちらかというと小林さんがよけいだ。

なんだこれは中学生のダブルデートか。

 

■早くも車内は盛り上がる


なんてことない高速道路の風景も輝いて見える
高速道路に架かる橋もあいかわらず素敵だ

初対面にもかかわらず、車内はなごやかかつ工場への期待で高まる。もちろん女性ふたりには「工場に行く」ということをインフォームドコンセントしてのお誘いだ。決して「ディズニーランドに行こう」などと欺したわけではない。それでもおふたかたとも「工場が楽しみ」とのこと。順調な出だしである。

初対面だがあっというまにうちとけたお二人。工場にはそういう作用があるようです。

利根川を越えだだっぴろい雰囲気になってきたそのとき。向こうに見えるのは工場だ!
色めき立つ車内。石井さんも戦闘態勢に入る。
「鹿島港」の文字に胸が高まる。
いかにも工業地域らしい殺風景な道路も素敵だ

鹿島に着くまでの車内は工場の話題でもちきりだ。石井さんによる鹿島コンビナートの見どころ予習解説に耳を傾けつつ、車が現場に近づくにつれ車内の興奮は最高潮へ。

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation