デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
航空ジャンク市で大人買い
50円というところがまたぐっとくる


飛行機に乗るとなんでもいい物に見える。

ヘボいヘッドホンも機内で配られるコンソメスープも特別なものに見える。コンソメスープは空港で買ってしまったほどだ。家で飲んだが特別おいしいものではなかった(まずくもなかったけど)。ふつう。それがあんなに輝いて見えたのは飛行機マジックである。

さてそんな飛行機マジックを帯びたグッズが一同に放出されるイベントが開催された。航空関係の放出品の即売会「航空ジャンク市」だ。ふたたびあのマジックに酔いしれたい。

林 雄司



6時起きして成田に駆けつけるも229番
エンジンや模型に囲まれて開場を待つ

成田空港からバスに乗って到着

航空ジャンク市が開催されるのは千葉県芝山町の航空科学博物館。当サイトでも「コンコルドのガラスをギリギリで落札した人々」で登場したことがある。またお世話になります。

博物館の開館は朝10時。ジャンク市も10時からの開催である。事前に電話で聞いたところ、開館まえから並ぶ人がいるという。30分も前に行けば大丈夫だろうと9時30分に行ってみるとすでに整理券の配布が始まっていた。

しかも229番。

なんだなんだ。別にWiiとかセイラーズのトレーナー(前世紀の話です)が買えるわけではない。買えるのは飛行機の窓ガラスとかだ。

しかも10時の開場時刻になってもすぐに入れるわけではない。混乱を避けるために入場制限をしているのだ。少しずつ入っていく。これは男の子のバーゲンだ。ここはラフォーレか。

入場できるまで館内にならぶ。ジェットエンジンとか輪切りの導体に囲まれてるので並んでいるのも楽しい。みごとに懐柔されている。

 

おもわず写真もブレるこの熱気。

イッツア大人買いワールド

待つこと15分(意外に早かった)、ようやく会場に入ることができた。会場は熱気につつまれている。

何重にもなった人の輪をちょっとずつ進んで売っているものを見てみると、まさにジャンク市。

こんなものも売ってるのか→買ってどうする→でも欲しい!→どこに置くんだ → でも買う!

というアイテムがずらりと並んでいた。さあいっしょに見ていこう。

JAL バターナイフ 50円
松本零士先生も喜びそうな計器各種
ファーストクラス座席38万円。スーパーシートは28万円
ジャンボジェットの操縦桿は15万円
セスナ機ウインドシールド 5000円
空港のぱたぱた 25000円
機内のサービスカート 25000円
CLOSEDってなにか売り切れなのかと思ったら…
これも売り物だった。3000円

人気商品でした。空港の待合室の案内

気づけば買おうか考えてる

15万とか10万というアイテムが並んでいるなかセスナのウインドシールド5000円はかなり安い。

1枚買ってくか…。いや、要らないか。いつか使うんじゃないか?(使わない)

僕がすっかり分からなくなってると、隣にいた中年夫婦も真剣な表情でウインドシールドを選んでいた。

「こっちのほうがきれいなんじゃない?」

僕よりもこの夫婦のほうが楽しい闇にのまれていた。

ところで、テレビ的な「夢中になる夫と冷静な妻」という組み合わせはほとんどなく、二人とものりのりで買っているパターンがほとんどだった(そうじゃなきゃ来ない気もする)。

飛行機マジックは実在するのだ。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation