デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
踊るのか大捜査線
湯どうふの上で踊るのはどれだ!

あつあつの湯どうふの上にかつお節をはらりとちらすと、湯気に合わせて踊るようにかつお節が動く。
どうして動くのか、その理由を子供のころに聞いた気がするが、幼すぎてよく理解できなかった。
大人になったらわかるようになるのだろうと思っていたが、ある程度の分別が付くようになった(はずの)今でも、なぜかつお節が踊るのか、実のところよくわからない。
では、かつお節以外のものはどうなのだろう。
はたして踊るのだろうか。
いろいろ削ってふりかけてみて、ついでにかつお節が踊る理由が見えてきたりしたら、ちょっとうれしい。

工藤 考浩



まずはかつお節

湯どうふの上のかつお節が踊るのは、かつお節が踊りたくて踊っているわけではなく、むしろ何かに踊らされているのだろうということは容易に想像がつく。
そこまでは容易に想像がつくが、その先の「何に踊らされているのか」がわからない。
おそらく温度か湿度か、あるいはその両方かなのだろうけれど、熱いフライパンの上にかつお節をちらしたりして確かめるのはなんとなく粋じゃない。
湯どうふの上で踊るかつお節を眺めながら考えをめぐらすのが、美しいのではないだろうか。


生まれてはじめて固いままのかつお節を買った

 

乾物屋でかつお節を買う

近所の乾物屋で、まるごとのかつお節を買ってきた。
1900円だったのだが、これが安いのか高いのか、まるで見当がつかない。
なにせ生まれて初めて買ったのだから。
かつお節は、もちろんこのままでは食べる事が出来ないので、削る道具が必要である。
なので、かつお節削り器も買った。
3480円のものを買い求めたのだが、これはたぶん安いほうの部類に入ると思う。
以前デパートで見かけたのは一万円以上したのだ。


発掘された木簡みたい

 

かつお節を削る

かつお節は世界中でいちばん固い食品だと、発酵学の第一人者の小泉武夫先生が言っていたが、なるほど確かに、削ってみるとその固さがよくわかる。
そこいらへんの木材なんかよりもよっぽど固い。
かつお節を削るのもはじめての経験なのでコツがつかめず、上手くゆかない。


こしこしと削る

あまり上手に削れなかった

 

 

多すぎた

かつお節をはらりとちらす予定が、どさっと落ちてしまったが、かろうじて踊っているのがわかるだろう。
やはり、いつみても不思議な光景だ。
かつお節はなぜ踊るのか、21世紀の現代においても永遠の謎である。


    つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation