デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


チャレンジの日曜日
 
ペンキ山に行ってきた
天気もペンキ山観光日和だ


 みなさんはゴールデンウィーク、どこに行きましたか?

 ぼくは日本からもツアーが多数ある中国の観光地、雲南省に行ってきた。雲南省のツアーで周る有名な観光地は「大理」「麗江」とかいうところを巡るのが一般的だけれど、敢えてそこには行かず、誰も行かないようなところに行ってきた。

 話題になった中国の「ペンキ山」を御存知だろうか。「ペンキ山」で検索してみると出てくるペンキ山である。雲南省昆明市富民県には緑化がために、ハゲ山を緑色のペンキで塗り尽くした、全然環境のためになってない山があるという。

 ペンキ山。検索すれば画像は見られるが、なんか怖いものみたさで本物を見てみたい。そんなわけでぼくの雲南旅行はペンキ山からはじまった。

ライスマウンテン

ではいきましょうか

 雲南省の中心の都市は昆明という。Qちゃんこと高橋尚子選手をはじめとしたマラソン選手の合宿先として知られる高原都市で、暑いけれど湿気がなく爽やかなところだ。

 幸いにもペンキ山も同じく昆明の富民県であるため、そう遠くない。地図で見ると富民は昆明市内から30km超で、なんか簡単に行けそうなのがナイスだ。


バスターミナル

富民行きの切符売り場。並んでるようで並んでなく、切符を買うのは至難の技。

 値段は富民まで6元。円に換算したら100円弱だ。安い。

 なんとか切符を購入したところで少し時間があるので外を散歩してみる。

 空港や駅や街の中心部の歩行者天国とかは結構きれいだけど、富民に行くバスがあるバスターミナル周辺は埃っぽく、よくいえばアジアンテイスト。屋台がいろいろある。


上)ジャガイモやら落花生やらソーセージなどが売られている。値段はどれも30円としなかった。
下)地元人に人気なのがアークワイという揚げパンにソースをつけひらべったい餅でくるむ不思議な雲南名物。
   これまた15円と安い。

富民行きバス。

富民に向かって農村地帯を進む

 富民まで1時間半くらいかかるのだそうで、それほど飛ばさずにバスは進む。

 富民は中国語の発音で「フーミン」というのだそうだ。日本のワイドショーでもフーミンが話題になったし、今年を代表する国際的なキーワードにフーミンなんていかがだろうかと思った。無理ですね。

 バスの中でぼーっとしているうちに進行方向左側に……


アレが見えてきた!

 富民の手前数キロだろうか、例のペンキ山が見えてきた!

 さっそくそこで運転手さんに下りることを告げ、ペンキ山を拝む場所で下車することができた。

 ところで今年2月にインターネットのニュースで話題になったときの写真と比べて……


緑が足りない?

 色落ちてません?せっかくニュースだと莫大な費用をかけてペンキで色を塗ったというのに随分と剥げ落ちているように見える。

 ペンキ山は見ることができた。往復200円でこんな奇妙なスポットが見れれば満足だ。

 ところで近くでみて不釣合いな色のペンキ山だが、遠くから見ればさりげなく緑化されているように見えるのではないだろうか?

 次ページではその謎を解明します。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation