デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
行列は何時に生まれるのか(スーパー編)
新宿の某飲食店の行列。答えは後半で。


行列が話題になる商品や店がある。ゲームの発売日やラーメン屋、あといまだに一部のアパレル関係もそうなんでしょうか。しかし、ゲームの発売日には行列ができても、テレビや洗濯機の発売日に行列ができたりはしない。ゲーム以上に一般的で、生活に密着してる存在なのに。

今度近所にスーパーが新装開店するという。これは間違いなく行列ができるはず。だが、一体何時から?開店1時間前から店の前で張り込みしてみた。

大坪ケムタ



1時間前、いまだ行列はなし

たまたま通りかかって「近日オープン!」という情報を手に入れたのが「テスコエクスプレス明大前店」。イギリス最大手のスーパーマーケットチェーン・テスコ。あちらではスポーツ競技場などで看板が見られるほどの有名チェーンだとか。その日本2号店で、1号店である大泉学園店は既に4月にオープン。この時並んだ知人によれば、「15分前にはお客も並んでて、あとマスコミ関係も多かった」とか。


オープン3日前、まだ棚を品揃え中。
企業ロゴ好きにはたまらん。

オープン前日深夜、最後の追い込み中。

通常は7時オープンだが、初日は9時オープン。さらに木曜日とあって、それほど行列は見込めない気もするのだが。とりあえず、1時間前に到着。

1時間前、まだ荷下ろし中。ブレてて失礼。
花輪が開店エディションです。

木曜9時、さらにこの日は雨。並ぶコンディションとしては良いとはいえない。それもあってか、まだ並んでる人は無く、2号店とあってかマスコミも皆無。立ち止まっては中をのぞき込む人がチラホラいるばかり。さすがに1時間前、この肌寒さでは近所のコンビニにでも避難するだろう。

ということで、自分もしばし眺めて来なさそうなので、コンビニで温かいコーヒーでも買ってから戻ってくることにした。


のぞきこむおばちゃん。しかし立ち去る。

それから10分ほど経ち、開店まで30分程度のころ。戻ってみると‥あッ、行列が!しまった、スキを狙われちまったい。心なしか、前を覗く人も増えてる気がする。

中には「あら〜、今日オープンなのね〜、たまたま知ったけどせっかくだから開くまで待ってみましょうか〜?(ってフリしてるけど、実はオープン9時って知ってるんだよね!)」てな心持ちで待ってる人もいるにちがいない、きっと。


階段下に小行列発生!

右の女性が行列第一号ぽい。

オープン30分前、1人2人と並び始めると次々とその後ろにつき始める。あらためて、行列の第一号になる、というのは勇気のいることと思わされる。「オレが最初に買うんだ!」という意思表明だもんな。まだゲームとかならいいけど、ドーナツ店とかなら「そんなに食いたいのか?」と言われても仕方がない。しかし、行列になってしまえばそんな恥じらいもフッ飛ぶというもの。兼好法師も言うがごとく、先達はあらまほしきかな、ですな。


おばちゃんたちもわらわらと並びだす。
自分も並んでみた。

行列といっても、Wiiとかの列のような静かながらのピリピリ感もなく、おばちゃんたちが「ちょっと抜けて郵便局行ってくるから、ココ空けといて!」的会話をしてるのがほほえましいというか、地元密着感の高い行列。

サラリーマン風の人も溜まり始める。「おたくもですか‥」「せっかくですから、ねぇ‥」といった静かな会話が聞こえてくるようだ。


スーツ姿の人も。出社中?

そしてオープン9時ちょっと前、お店の人の「雨の中待たせるのも悪いので!」という声と共に、行列が進み始める。といっても、結局行列は15人くらい。それに遠巻きに見てたような人が7,8人の20人強くらいか。スムースに店内に入ることができた。


お待たせしましたー、と元気な声で開店!

開店記念のバッグはゲット。あと納豆と卵も。

WiiだのDSだの、というお目当てがあったわけではないが特価の卵はすぐ買えた。ゲーム機やラーメンのような「やった!ありつけたー!」という強い快感はないが、待つという苦から解放される快、というのはなんとなく分かる。先着のトートバッグももらえたし。ま、並ばなくてももらえる量ではあったけども。

溜めて溜めて放出、というと微妙に下品な表現だが、そういう「待つ快感」「溜める快感」はちょっとだけ分かった気がする。ということを、オープン記念特価の納豆と卵をご飯にかけた朝ご飯をいただきながら考えた。まぁ、自分としては30分程度が精一杯だけど!

 

おまけ・もっとすごい行列はどうか。

スーパーはやはり地元密着なお店だけに、行列も短いし、発生したのは約30分前。では、もっとすごい行列は何時くらいに発生するのだろう?

最近都内で定期的に起きる行列というとどこだろう?交通情報では「新宿渋滞15キロ」とか言ってるけど、そういうのじゃなくて、とか考えてたら、新宿の新・名所を思い出した。新宿南口にあるクリスピー・クリーム・ドーナツだ。梅田さんの記事でその話題っぷりを読まれた人も多いだろう。

あの記事が1月、しかしその盛況ぶりはいまだ衰えなし。昼間だと1時間半待ち、なんてザラだ。とはいえ朝イチならそんな人もいないだろう。と、考えて朝7時のオープン前にクリスピー・クリーム・ドーナツのお店に行ってみた。


JR新宿駅・朝6時半。まだこうして寝てる人がいる頃。

土曜の朝6時半。夜通し遊んでこれから帰る若い衆や、ちょっと早めの出社な社会人・レジャーに向かう家族がチラホラとうかがえる。巨大駅・新宿もまだ目は半開きという雰囲気か。

そんな駅から徒歩3分。そんな時間に例のドーナツ屋はどうなってるかというと‥


高々と上がった看板。引いて見ると‥

もうこの行列!

加えて、さらにこの列!

お昼に見るのと全く同じ長さの行列が、既に朝6時半に!そんな皆話題のドーナツが食べたいの?いや、スーパーの行列に並んだ今なら分かる。1時間半待った後で食べるドーナツは夢の味を越えた、破壊的な美味さであろうことを。そういう意味では、この行列は修行僧の群れのようだ。

以前、友人たちとの間で催眠術をかけあうことが流行ったことがあって、うまくかかると「水が烏龍茶の味になる」くらいは結構イケた。要は思いこみ、いわば心理状態で味は変わるというのを実感した。それと同じで、ヒョイとこのドーナツをもらって食べるより、1時間半並んで食った時、どれほど美味いだろう。!

ただ、俺は1時間半も我慢できん!この行列が何時に発生するのかは分かりませんでしたが(おそらく始発では間に合わないのでは?)、己の根気の量というのがよく分かりました。カップ焼きそばも2分ちょいでお湯捨てるタイプだしね。いつかこのドーナツは、誰かたまたま買ってきて食う機会があるような気がするけども、それは並んだのとは違う味なんだろうな。ちょっと惜しい。

重ねて、朝6時半の光景ですよ。

並ばない人生という選択は損なのか得なのか

世の中、どこかに行列が出来るとそれがまた行列を呼ぶ。エンドレス行列システム。とはいえ、半年もこんな状態のクリスピー・クリーム・ドーナツは凄いと思うけども。並ばずに食える幸せ、というのをあらためて普段行く定食屋とかラーメン屋で考えてみるのも一興。まぁ、考えすぎると飯がマズくなるからパーッと食べた方がいいか、やっぱり。


 
 
関連記事
Wiiを求めて並ぶ人を見守るin冬の札幌
2時間並ぶ宝くじ
話題のドーナツ屋、クリスピー・クリーム・ドーナツを食べてきたぜ

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation