デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
1万3,000円!(たぶん)日本で最も高いハンバーガーのお味は?
1万3000円のハンバーガーがあるとうわさのリッツカールトンホテル


少し前、モスバーガーで1個1,000円の高級ハンバーガーが発売されたことが話題になった。ハンバーガーと言えば相場は100円ぐらいだから、10倍の価格だ。結局モスの1,000円バーガーは食べず終いで販売が終了してしまった。

今回僕が食べるのはその1,000円バーガーが13個分、つまり1万3,000円のハンバーガーだ。(書いていると円が急にインフレを起こしたような錯覚に陥る)

おそらく現存する日本最高額のハンバーガーを販売するのは高級ホテルのリッツ・カールトン。1万3,000円も出すのであればそうとう高級なハンバーガーが出てくるのだろう。かつて食べたことのないハンバーガーが。前人未到のハンバーガーが。ぜひ、食べてみたい。

サイフをいつもより強めに握り締め、靴紐をいつもより強めにぎゅっとしばって、高級ハンバーガーを食べにでかけた。

(text by 梅田カズヒコ



東京ミッドタウン、どんな場所かは言うまでもない
ミッドタウンタワー=ザ・リッツ・カールトン東京
メインロビーが45階。

それにしても高すぎやしませんか?

……1万3,000円あれば何が買えるだろう……1万3,000円稼ぐには何時間働けば足りるだろう……1万3,000円あれば東京から新大阪まで新幹線で帰れるよな……。六本木までの道中、そんなことばかりを考えていた。どう考えてもハンバーガーが1万3,000円もするなんて高すぎると思った。どんなにおいしいハンバーガーが出てきても納得できないんじゃないだろうか? だって1万3,000円だもん。ぶつぶつ……

 

どうも高級ホテルが苦手です

六本木の東京ミッドタウン、取材日が週末ということもあってか、多くの人でにぎわっていた。ミッドタウンはこの日が初めてだったので、敷地の中で少し迷うかと思ったのだが、迷わなかった。ミッドタウンで最も高い建物がリッツカールトンだからである。

正直、もう少し迷いたかった。もう少し先延ばしにしたかった。気持ちを整理する時間が欲しかった。どうも僕は高級ホテルとか、高級レストランとか、そういった類のものが苦手だ。どうしていいのか分からない。でもここまで来たからにはしかたない。別に僕は食い逃げしよう、と思っているわけではないのだ。後ろめたいことは何もない。怖気づく必要もない。それなのになぜか少しびくびくしながら、ああもう少しいい服着てくればよかっただとか、ああ僕の顔はどう見ても貧乏そうだとか、ぶつぶついらぬことを考えていた。(気持ち分かりませんか?)

 

どうも高級ホテルがわかりません

1F(ホテルではグランドフロアって言いますよね)のエントランスをうろうろしていても一向にロビーらしきものが見当たらない。すると今度は『これより先は、ホテルのお客様のみご利用になれます』との看板。僕はホテルのレストランを利用するので入っていいはずなんだけど、でもちょっとびくびくしながら、ああ、自分は本当に気が小さいな、と思いながらまわりをきょろきょろ見渡す。さっきからホテルのボーイだと思しき人がこちらをちらちら伺っている。あまりにきょろきょろしていても挙動不審だと思われるので、ボーイさんに『すみません、ロビーはどこですか?』と聞くと『ロビーは45階です』といわれる。

ロビーが地上階じゃないのか! ロビーがそんなに高所にあるとは! そりゃ1階でうろうろしていても見つからないわけである。僕はていねいなボーイにエレベーターまで案内してもらった。最後に『どうも』と礼を言うとき、自分の声だと思えないほど低い声だった。緊張しているときやよそ行きのとき、男性は低い声になり、女性は高い声になるらしい。

 

ここからは驚きの連続です

さて、そんなこんなでたどり着いた六本木の高級ホテル地上45階のレストランはこんな感じになっており…


まあ、立派でございますこと

窓から外を見るとこんな感じになっており…

あらやだ、ロマンチックでございますわ

メニューを見ると確かに1万3000円、と思いきや端数が入って13,450円のハンバーガーがあり……

ここまで来たら頼むしかない

(ちなみに、端数の450円で普通のハンバーガーとポテトとドリンクが頼めるよね。僕らが普段食べているハンバーガーは端数かと思うと、もうどうでもいい気分だ。)

ハンバーガーだけではいけない気がして、一応アイスコーヒーも頼んだらそのアイスコーヒーが1,800円だったり…


コーヒーの中にキャビアかなんか入ってんすか?

ハンバーガーとコーヒーを頼んだだけなのにテーブルの上はこのようなことになっていたり……

「ぼ、ぼくがたのんだの…ハ、ハンバーガーですよね…」

もはやなすすべもなくされるがままになった僕。食べる前からへとへとになってしまったが、いよいよハンバーガーの登場です。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation