デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
一回下車すると安くなる


 

JRの運賃が変だ。
例えば高尾駅から東京駅に移動するとき、途中の新宿駅で一回降りると運賃が160円安くなる。

そうすることで安くなるのは以前から知っていたのですが、今回改めて調べてみるとどうしてそうなるのかも含めて納得いかないことばかり。どんなからくりなのか、知らない人は損してますから、難しいところは読み飛ばしてでもいいので知っておきましょう。

荒原べんぞう



貧乏学生の知恵

僕が大学生の頃、東京都八王子市は高尾で1人暮らしをしていました。実家に帰るときには、いったん東京駅まで行ってそこから高速バスに乗る、という経路で帰省していたのですが、あるとき、高尾-東京間をJRで移動する際、一回新宿で下車すると運賃が安くなることに気づきました。

どうしてそんなことに気がついたのか、お金がなかったから必然的に気がついたのかもしれませんが、なんで一回下車すると安くなるのか疑問に思って調べたりしました。

結論から言うと乗車券分割。そのときはネットで調べてなんとなく納得したのですが、今思うと完全に理解できていたかどうかあやしい。それに、そういえば乗車券を分割して運賃が安くなる区間は他にもあったと思うので、ここで、今もういちど改めて調べてみることにしました。

 

まずは運賃の仕組みから

途中の駅で下車するとどうして運賃が安くなるのか。その疑問を解くにはまずJRの運賃の仕組みを知る必要があります。運賃の詳しい情報はどこから得るんだろうと思って調べたら、時刻表に記載されているとのこと。さっそく購入してきました。

   
初めての時刻表
 

てっきり時刻表には時刻しか載ってないんだと思ってましたが、路線図や主要駅の構内図、読者ページなどもあってバラエティに富んでます。さっそく運賃表のあたりをよく読んでみると運賃の仕組みがかなり細かく書かれていました。

今回の話に関係するところだけまとめるとだいたい次の通りです。

       

 

1.基本は距離によって決まる

まず、運賃は距離によって決まります。ある駅から目的の駅まで移動しようと思ったとき、移動する駅を最短の経路で結んだ距離、営業キロに基づいて、定められた表から運賃を割り出します。

営業キロは時刻表の横に小っちゃく載っています。つまり、時刻表が一冊あれば駅間の運賃を完璧に調べられるわけです。こんなところでも時刻表が便利だとは知りませんでした。

運賃表
       

 

2.電車特定区間

東京近郊と大阪近郊には電車特定区間というのがあり、通常の運賃表とは別の運賃が定められています。これも営業キロに従って運賃がだんだん上がっていくのですが、通常よりも若干安くなっています。

さらに、経路が環状線の中だけで完結するときは、さらに安い別の運賃が定められていて、もっとお得ってわけです。

東京と大阪にある電車特定区間
     

 

3.特別に運賃が定められている区間

東京と名古屋と大阪には、特別に安い運賃が定められている区間があります。これは営業キロなどから求めることはできなくて、表を参照して調べるしかありません。結構たくさんあるので覚えるのは大変だと思います。

東京と名古屋と大阪にある特定の区間

規則性はないので覚えるのは難しい
 

この3つのルールから高尾-東京間の運賃を求めてみましょう。

高尾-東京間の営業キロは53.1キロ。1.基本は距離によって決まるから運賃を求めると1,040円となるところですが、高尾も東京も2.電車特定区間に当てはまるので、そこから運賃を求めると890円になります。

しかし、一回新宿で降りると、高尾-新宿間が3.特別に運賃が定められている区間から有無を言わさず540円、新宿-東京間は2.電車特定区間の、しかも山手線内で完結する区間なので、さらにお得な190円となり、合計が730円。

つまり、高尾から一気に東京へ行くと890円のところが、新宿で一回降りると730円となって160円も得することに。

ちょっとややこしいですがみなさんついてきてますか?

     
他にも安くなる区間はないか?
 

もしかして、こういう特別ルールを複数またぐ区間を調べていくと、途中で一回降りることによって安くなるのが他にもあるのではないか。そう思って調べてみたら結構ありました。新宿-千葉間とか池袋-横浜間とか。

でも、本当に調べたとおりに安くなるのか?どうしても確証を得たかったので、実際に乗車して確かめてみることにしました。

 

 

きっかけになった高尾-東京

ますは、乗車券分割を知るきっかけになった高尾-東京間を、新宿で一回下車する方法で移動してみたいと思います。

  
和風の高尾駅
 

というわけでスタート地点の高尾駅にやってきました。僕が大学に通ってる間ずっと住んでた街なわけですが、改めて来てみると、とても東京都とは思えない風光明媚なところです。

とりあえず切符売り場に行って運賃を見てみることにしましょう。

   
高尾駅の切符売り場、リュックを背負ってるのは登山帰りか?
運賃を見てみる
   
東京駅までは890円
新宿までなら540円
   
ここでは新宿までの540円分を購入
切符
   
高尾から東京駅までは890円、この890円というのをよく覚えておいてください。ここから一気に東京駅には向かわずに、途中の新宿駅を目指して電車に乗ります。

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation