デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
スイカの白い部分を積極的に食べる


夏といえば、コレ。

スイカを食べると「夏だなー」と思う。そして、一瞬にして子どもの頃の記憶がよみがえる。

…夏休みの一日。実家の居間で、蚊にくわれた足を掻きむしりながらナイターを見る。目の前にはスイカの山だ。さっき夕食をあんなに食べたのに、まだ食べるのか。

「塩は?」「いらなーい」「蚊取り線香、付けてよ」「はーい」「おまえスイカの食べ方が贅沢だよ」「え?」

(記憶戻る)…そうだった。白状しよう。実はスイカの食べ方が昔から贅沢だ。ちょっとでも果肉が硬い部分にさしかかると、もう食べたくなくなる。だって味がしないんだもの。青臭いし。

あの白い部分。なんとかならないものか。

高瀬 克子



ウリ同士

スイカの白い部分をなんとかしたい、と考えたのには理由がある。夏は、スイカよりも冬瓜が好きでよく食べるのだが、皮を剥きながら「これってスイカの仲間だよな」と思ってしまったのだ。

いわば「スイカの白い所だけ」とも受け取れる冬瓜。


もちろん甘くない
そして肉厚。

これを煮物にすると大変においしい。ならば、甘くないスイカの皮だって、もしかしたらおいしくなるんじゃないか…? というワケなのだ。

もちろん「スイカの白い部分だけ」が売ってるハズもなく、久しぶりにスイカを丸ごと(というか1/6サイズですが)購入。バクバクと甘い果肉部分を食べていく。


私にしては頑張った。もう贅沢とは言わせない。

いつもなら、この段階で「ゴミ箱へ直行」なのだが、今回はここからが本番だ。縞々模様の皮を剥き、ザクザクと食べやすい大きさに切り揃えていく。

外側の皮を除いた白い部分のスイカはとても柔らかく、冬瓜よりもサクサクと包丁が簡単に入った。


どこからどうみても生ゴミですな。
硬い皮を剥くと、一気に扱いやすくなります。
ちなみに、こちらは冬瓜です。
そしてこちらがスイカ。似てるっちゃー似てる。

準備は整った。果たして、スイカは冬瓜の代わりになるのだろうか。それよりなにより、食べておいしいのか?


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation