デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
地下鉄ホームのその先


以前、地下鉄のホームを鑑賞したことがある。やんわりとしなを作るその姿に酔いしれたものだ。しかし、地下鉄ホームの魅力はこれだけではない。その先にもワンダーランドが広がっている。

(text by 大山 顕



その魅力とは、ホームの一番端っこから見える、トンネルのビューだ。

ホームがとぎれるところからその先をピーピング

ロンドンの地下鉄は「チューブ」と呼ばれているというが、これは地下鉄の本来の姿をよく示していると思う。ぼくらが体験できる地下鉄空間とは、車両とホームと通路だけだが、地下鉄の本来の姿とは、長い長いトンネルだ。そしてふつうその空間を体験することはできない。

通勤、通学などで毎日地下鉄を利用していて彼女のことなら何でも知っていると思いこんでいたが、それは彼女の表向きのほんの一部分。誰にも見せないすっぴんの姿がある。それを見てみたい。

ガードが堅い彼女だが、その素の姿をちらりとかいま見ることができる場所がある。それがホームの一番端っこというわけだ。


すっぴんも素敵じゃないか

ああ、やっぱり素の彼女は素敵だった。本人はいやがるかもしれないが、メイクなしでリラックスした姿は最高だ。

今回は、こうやって地下鉄の素の姿を覗いていきます。なんかたとえが気持ち悪くてすまん。

 

■いつもばっちりキメてるあいつ


着飾った姿がとぎれるその先は。期待が高まる。

冒頭で紹介した前回の記事で最も人気が高かったのが、東京の地下鉄千代田線、国会議事堂前駅。立法の府の最寄り駅にふさわしい脚線美で我々を魅了する妖艶な人だが、そのすっぴんはどんなだろうか。


お肌の曲がり角か。

街で一番の美女、と呼ばれた彼女だが、メイクなしの姿はなかなかワイルド。あらためて惚れ直したしだいだ。

奥の、まさにチューブ状になった部分がとてつもなく素敵な感じだが、寄って見ることができない。なぜなら、この鑑賞ポイント、右のように厳重にガードされているからである。表向きの姿をいつもばっちりキメてるだけに、そう簡単にすっぴんは見せまい、という強い意志がうかがえる。

本当に素敵な素の姿は、本当の意味でお近づきにならなければ拝見できない、というわけだ。恋はあせらず。

ガードが堅い彼女

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation