デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
鮭フレークに代わるもの


独特のジャンクなうまさがありますよね

鮭フレークはおいしい。ただ焼いたシャケをほぐしただけの物なのに、どうしてこうもおいしいのかと思う。

スーパーに行くと分かるが、こういう形の「魚ほぐしました」という商品はシャケにしかない。「サンマほぐし身」だとか「あじフレーク」なんて、売っているのさえ見たことがない。

なぜだろう。他の魚ではダメな特別な理由でもあるのだろうか。

ってなわけで、作ってみました。別の魚でフレークを。

高瀬 克子



大好物で作りたい

「最後の晩餐を何にするか」という質問に対する答えを考えていると、いつもあっという間に時が過ぎる。これは「宝くじが当たったら何に使うか」に匹敵する、考えても考えてもキリがない問題だと思うのだが、実は私の答えはほぼ決まっている。

コレだ。


サバです。

これほど地べたに足のついた魚がいるだろうか。いや、魚だから足がつかないのは分かっている。えーと、つまり「庶民的な魚」ということが言いたいわけです。

味噌で煮ても塩で焼いてもおいしいし、栄養は満点だし、安いし、「いやぁもう、キミ達はえらいよ!」と肩のひとつでも叩きたくなるような魚だ。

塩サバを焼いて、白い御飯があって、好きな漬け物と牛乳さえあるのなら、私は喜んで死んでいこう…って違う。死にたくはないです。あくまでたとえ話です。

今回、魚のフレークを作るにあたり、このサバにご登場願うことにした。そう、理由は大好物だから。文句あるか。あ、あったらごめんなさい。


普段は味噌で煮るような、立派なサバを塩焼きに
うひゃー。たまんねー。

どうも「サバが好物」というと、舌が下品というか、お里が知れるというか、あまりいいイメージがないような気がして恐縮してしまうが、事実なだけに仕方がない。

ここで見栄を張って「鯛が好きです」と言ったって、言ったって、…あ。「鯛ほぐし」って、商品としてありましたね。どうしましょう。


ま、焼いちゃったんだから、ほぐします。

【鯛 ほぐし】でネット検索をかけると、御贈答用の高級瓶詰めが続々と出てくる。(もしくは高級ネコ缶)

でもまぁ、鯛は別格だろう。「腐っても鯛」という諺に代表されるように、やはり「鯛はお魚のホームラン王」なのだと思う。そんな高級魚を、気軽にフレークにしてはいけない。手が震える。

その点、サバは気が楽です。


無事にほぐれました。気楽ってステキ。

さっそく、サバフレークを御飯の上に乗せてみた。ここに大根おろしでもあれば最強かと思われるが、鮭フレークに大根おろしは不要なことを考慮して、同じ条件での試食となった。

では、食べてみましょうか。


おいしいハズですが、どうだろう。

…なんだろう。足りない。マズイことはないが、味にパンチがないというか、おとなしすぎるというか。これではとても「飯の友」は名乗れない。

もしかして塩気が足りなかったんだろうか。それとも他に調味料が必要だったか。

「アンタの実力はこんなもんじゃないよねぇ? もっと下世話で、御飯が何杯でも食べられて、あまりに魚臭くて嫌われるくらいな威力はどこに行っちゃったのよ。私、悔しい。悔しいよ!」

本気で悔しかった。サバは万能な魚なのに。地に足がついてるハズなのに。


ゴマ油に、おろしニンニクを入れてフライパンで加熱
味噌を日本酒で溶きました。

ドーピングと呼びたくば呼ぶがいい。サバがあっさりしてちゃイカンのだ。もっと嫌らしいくらいにコッテリしてこそサバなのだ。

ゴマも入れて炒めます。

もう、鮭フレークの代わりとか、そんなことを考えている余裕がなかった。ただただ、サバをおいしく食べたかった。世間に「サバってそんなもんなのかよ」と言われたくない一心で炒めた。

すでに「おまえの前世はサバか?」と言われても、なにも言い返せないほどの肩入れっぷりである。


新・サバフレーク(味噌味)
御飯にオン。

これは、いわば「サバ味噌フレーク」だ。サバ味噌のおいしさは万人が認めるところだろう。ならば、これがマズイはずがない。

はい。食べました。声が出ました。「…ぬおっ!」と。


叫びたくなるほどウマイ。

まさにサバ味噌。だけどフレーク。ゴマの香りと微かなニンニクの香り。うまみ調味料を全く使ってないのに、舌にぐいぐいと攻め込むイノシン酸。脂のいい匂いが鼻から“ふうん”と抜ける。御飯の進むこと進むこと。

これだ。これこそがサバだ。サバの底力なのだ。

サバに成り代わりまして、「オレたちはフレークでもやっていけるぜ(条件付きだけど)」ということを訴えさせていただき、レポートを終わりたいと思います。

満足です。

やはり、鮭フレークは凄かった

実は、他の魚でもフレークを作ってみた。サンマとエビだ。でもやっぱりサバと同様に、ほぐしただけでは物足りない結果に終わった。

焼いただけの魚をほぐして、そのまま御飯にかけておいしい、という点において、シャケに勝るものはないのかもしれない。

でも、ひと手間かけるだけでおいしい物が出来るなら、そんなのちっとも手間じゃない。あたしゃ、これからも作るね、サバ味噌フレークを。

というわけで、皆さんもどうぞ。本当においしいから。

なんだかんだ言って、シャケは2番目に好きな魚です。

 
 
関連記事
高いシャケ、安いシャケ
鮭のおにぎり徹底解剖
シーチキンを手作り

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation