デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ

ロマンの木曜日
 
指紋認証システムとの戦い
いざっ


勤務している会社の一室に、あやしい光を放つ機械が登場した。

指紋認証セキュリティだ。

急いでいる時にかぎって、私の焦りを見透かしたようになかなか認証してくれない。

今日もおかげで遅刻した。

くやしいので、指紋認証、略して指認(しにん)をだまくらかしてやりたいと思う。

指認と戦った日々をごらんください。

(text by 土屋 遊



戦略をたてる

イヤたてない。

指紋認証の原理を調べるのは、今の時代、カンタンなことだ。だが私はあえて、デジタルで最先端な物体に真っ向勝負を挑むつもりだ。 私の脳ミソひとかたまりという、アナログな勝負だ。


うーむ……


1:指に顔

だます前に、指認の実力を試そうと思う。
指に顔があったら、指認も混乱するのではないだろうか。


突如、命が芽生える指


戦いを挑む勇姿

ジャマがはいった。

いやジャマしてるのは私の方かもしれない。なにしろ勤務中なので、こうゆう事態は想定内だ。相手が後輩だった場合、ここは逆ギレして、ゴマかすに限る。

気をとりなおして……


すなおにうれしい(勝ったわけではないのに)

 

2:黒塗り

黒塗りといえば高級車だ。

顔の次は、人質とともにいきなり高級指で指認を恐縮させてみようと思う。


どうやら恐縮したようだ。
撮影協力:人質Sさん(終日彼氏募集中だそうです)


2本の偽装指が認証されたことで、私はすっかり得意になっていた。

だがよく考えてみれば、指認は、指のカモフラージュをまんまと見抜いたワケで、"だまされた"のではなく"見抜いた"のだった。

しかしこの時点ではそれに気付くことなく、私は調子にのって次の作戦に燃えていた。

コピー大作戦だ。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation