デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
面倒なことを楽しくやる方法
IMG_7207.jpg
 

掃除、洗濯、洗い物。面倒なことはたくさんある。面倒なときは、ゲーム感覚で楽しみながらやれば意外と楽しかったりする。逆に、面倒だと思って嫌々やっていると、よけいに長くつらい時間に思えたりもする。

楽しいとか楽しくないとか、案外、気の持ちようなのかもしれない。楽しもうと思ってやれば、なんでも楽しいんじゃないだろうか。 笑いながらやれば、ウキウキした楽しい気分でいろいろと片付けられるのでは。

笑いながら面倒なことをやって、楽しくなるか試してみたい。

(ざんはわ)



 

笑いながらごみひろいをすれば楽しいか

面倒なことはいろいろあるが、今回は海辺のごみひろいをすることにした。海は広いな大きいな、だ。広い海辺を掃除するのはさぞかし面倒だろう。


海が似合わない二人。

石川、大北の二人のうち、一人は笑いながら、一人は黙って作業をするのだ。
役割分担はじゃんけんで決めようとしたのだが…
よーいドン。


突然笑い出す石川
笑い役は俺に任せろといわんばかり

なんだか強引に、石川は笑いながら、大北が真顔でごみひろいをすることに決まった。じゃんけんのはずだったのに話が違うが、ともあれ、ごみひろいのスタートだ。


笑顔

 

ごみひろいをはじめて

 石川(笑う人)

つらいごみひろいと、楽しいごみひろい。どうせなら楽しいほうがいい。半ば強引に笑い役をひきうけた。楽しいごみひろいは俺のものだ!

とはいえ、いざ始まってみると人目が気になる。他の人に迷惑な思いをさせているんじゃないか。近くに明らかに不審な人物がいて、楽しい海遊びが台無しなのではないか。そんなことを考えて心を痛めながらも、ゲラッゲラ笑う。腹を抱えて笑う。なぜならそういう企画だからだ。別に楽しくない。でも笑う。大人になるってこういうことか!ゲラゲラゲラ。


真顔

 大北(真顔の人)

 スタートと同時に石川が笑い出した。すごい。よくやるな。隣で人がゲラゲラ笑ってると、つられて口角が上がってくる。石川が貝を見つけて「貝!」とゲラゲラ笑っている。何なんだ。しかしゴミ拾いめんどくせー。

 わはははは、とのけぞって笑っている石川を見てると漫画に出てきた仙人を思い出した。普段は狂人のふりをしているのだが、色々な仙術を使い世の中を正すのだ。仙人だ。石川仙人だ。はっきり言ってしまうと気持ち悪い。

笑っている人の悪いところを、当日のメモから抜粋した。

  • 気持ち悪い
  • うるさい
  • 暑苦しい
  • 世間体が悪い
  • 対人関係に問題がある
  • 頭が悪そう
  • 人としてめんどくさい

本当に気持ち悪いかどうかは動画で判断していただこう。


 

ハトを追う石川。
ハトを取り逃がした石川。
石川が撮った写真は全部ブレていた。

15分ほど経っただろうか

 石川(笑う人)

どうやら周りの人は僕のことをあまり気にしていないみたいだ。(見ないようにしていただけかもしれないが)

それに気づいてから、少しずつ楽しくなってきたような気がする。笑うのは気持ちがいい。でも笑い続けるのは意外と体力がいる。重労働だ。無理やりテンションを上げて、ゲラゲラ笑い続ける。ちょっと楽しいかな。ちょっとだけ。あと笑いすぎておなか痛い。


 大北(真顔の人)

「おつかれさまです。ありがとうございます。」と声をかけられ顔を上げるとライフセーバーの人の後姿だった。思えば撮影時に感謝されるなんて初めてのことだ。職務質問されたりねちねち怒られたりすることは何度もあるが。良い。この企画良いぞ。今度から全て良いことする記事を書こう。と思ったのだが「ライフセーバー!ライフセーバー!」と石川がゲラゲラ笑っている。最低だ。

ほめられて高笑いする石川。


特に理由のない笑い

休憩中でも笑っている

 

そして30分経過

 石川(笑う人)

みなさんは30分間笑い続けたことがあるだろうか!長時間笑うのって、けっこう大変なんだこれが。何が大変って、まず横隔膜が痛い!負担をかけまいと自然に引き笑い気味になってくる。くわえて、酸欠だ!クラクラしながらのごみひろい!そんな苦行に耐えつつも、なんだかちょっと楽しい気がするのだ。ランナーズハイってやつか。クラクラしつつゲラゲラ笑って、気持ちの高ぶりを感じつつの清掃活動。やばい、俺どうにかなる!


横隔膜が悲鳴を上げる。ここでついにギブアップ。
一方、普通にやった人はまだまだ体力に余裕が。

 

ひろったごみの量を比べてみる

 大北(真顔の人)

お。明らかに石川のゴミ袋のほうが量が多い。ポジティブに取り組んだほうが成果は上がるのか。しかし普通にやるならまだまだ続ける体力はあるのでどっちもどっちか。石川にカメラを向け「(ゴミは)どっちが多い?」と聞いてみたところ、「えーと、えーと。」と躊躇している。あ。やばい。石川の頭が悪くなってる。本当にあった出来事なんだが、これから大変だな、石川。


どっちが多いのかわからなくなる石川。

 

< ごみひろいの結果 >

※グラフは雰囲気です。

 

結果発表

笑ったもん勝ち

笑いながらやると確かに楽しい。あの高揚感は独特だ。まさに脳内麻薬。「笑いながらやったらウキウキしてたのしいのでは」と思ってはじめた実験だが、実際にはいささかトリッピーな楽しさだった。

そして笑ったほうが作業効率もアップ。これはうれしい発見だ。嫌々やるよりも、笑いながらやったほうがいいのだ。

さて、ここまで読んでくれた読者の方の大半は、「明日試してみよう」と思っていることと思う。そこでひとつ注意しておきたいのだが、やるときは覚悟が必要だ。たぶん5分やそこら笑ってもあまり楽しくない。20分くらいやったら楽しくなってくる。でも、ものすごく体力を消費する上に、苦しい。そして何より人に白い目で見られる。トーシロが手出すと痛い目にあうぜ。


 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(「さようなら石川くん」・完)


 
 
関連記事
何を見ても笑える笑い屋さん
壮絶!長崎のゴミ収集
外でもくつろぎたい

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation