デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
コロッケの中にどれだけの肉が入っているのか調べてみた
今週(8/27〜9/1)は1日でできる自由研究をお届けしています。
牛肉コロッケ。牛肉はほとんど入っていないことをみんな知っている


記憶に新しいと思うが、北海道の食品加工会社がコロッケに牛肉と偽って豚肉を混入していたということがニュースになった。

さて、そのニュースとはまったく関係ないのだが、そもそもコロッケの中の肉って非常に少量で、つぶつぶだから確かに牛でも豚でもわかんないよなー、と思っていた。ほんのちょっとしか入っていないし。

そもそも僕らが普段食べているコロッケにはどのぐらいの量の肉が入っているのだろう? 気になったので調べてみることにした。僕なりの自由研究だ。

ついでに、子どもの頃からの貧乏臭い夢のひとつであるコロッケの中の肉の部分、具の部分だけを食す、ということも試してみようと思う。

(text by 梅田カズヒコ



元のコロッケ73g
中の牛肉たった1g。

近所のスーパーでコロッケを…

近所のスーパー2軒に行ってきてコロッケを買ってきた。「牛肉コロッケ」、「ポテトコロッケ」、「スパイシーカレーコロッケ」、「野菜コロッケ」、「枝豆コロッケ」の5種類。それぞれの中身を調べてみようと思う。

ところで、コロッケは最もポピュラーな料理の一つだと思うが、同時に出来合いのものに関しては中がどうなっているのかまじまじ見たことがない存在でもあると思う。コロッケの中身は身近な小宇宙なのかもしれない。

さっそく牛肉コロッケから、箸でちまちま具を取り出した。

いつも食べている食感から、どうせ牛肉なんてほとんど入ってないだろう、と決め込んでいたが予想以上に肉が少なかった。肉かなー、と思っていじくっているとジャガイモの皮だったりするのだ。結果は以下の通り

結果「1.牛肉コロッケ」
1グラムの主役と、72gの脇役

全体 73g
1g
それ以外 72g


なんと73gのコロッケの中に肉がたった1gという、発表するのも気を使う結果になってしまった。でも、これはグラムベースで計っているからより際立っているのかもしれない。ジャガイモより肉のほうが軽い。つまりジャガイモと肉の容積比なら、もう少しましになったのではないでしょうか。

「牛肉コロッケ」の具だけの味

中の牛肉(1g)をぱくっと口に掘り込んでみた。確かに少量なんだけど、それは間違いなく牛肉だった。牛肉より牛肉の味がした。メタ牛肉。恐らく牛肉に「牛肉エキス」などがかかっているのではないだろうか。

 

ポテトコロッケ
中の肉は0g(軽すぎて計測不可能)。

次はポテトコロッケ

ポテトコロッケは、肉ではなく、「ポテト」が主役だから、肉の量がすくなくても問題ないだろう。73g中、72gがポテトや衣、という現実にちょっと焦ったこともあって、ポテトコロッケを調べてみることに。

結果「2.ポテトコロッケ」
計測不可能の脇役

全体 70g
0g、(計測できないほどわずか)
それ以外 70g?


まったくポテトだけだとかわいそうだ、ということなのだろうか。肉片が3〜4粒入っていた。それの重さを量ってみたものの、1g単位で計るうちの測量器は反応しなかった。0.5g以下ってところか。

「ポテトコロッケ」の具だけの味

3、4粒の肉も食べてみた。確かに肉だ。

ところで前回の牛肉コロッケのときも、ミンチの牛肉のほかに、具がなくなった純粋ポテトコロッケも食べてみた。肉片は本当に極わずかしか入っていないものの、その極僅かな肉片を失ったコロッケは驚くほど食感が変わった。たとえわずかであっても、肉が入っているということが重要なのだ。

結局、僕らが食べているコロッケの肉は、肉の食感で味わっている、ということなのかもしれない。

 

スパイシーカレーコロッケ
中の肉は0g(軽すぎて計測不可能)。

スパイシーカレーコロッケは高嶺の花だ

次はスパイシーカレーコロッケだ。正直なところ、僕は彼に多大な期待を寄せている。なぜなら、先ほど登場したコロッケが二つとも100円であるのに対し、スパイシーカレーコロッケだけは150円なのだ。きっといろんな具がふんだんに入っているに違いない。そうでなければコロッケに50円もの格差をつけるとは思えないからだ。

箸やピンセットなんかを駆使して具を取り出していくと、7g、と表示が出てきた。1g、0gときたから具が7gであること大きな前進だ。良かった良かった。

結果「3.スパイシーカレーコロッケ」
計測不可能の脇役

全体 108g
7g、(ニンジン6g、その他1g)
それ以外 99g
具の内訳 ニンジン、タマネギ、肉(おそらく牛?)


具はニンジンがほとんどだったが、見逃しそうになるぐらいのタマネギや、肉(たぶん牛肉?)も入っていた。さすがスパイシー。150円することのことはある。7gもおかずが入っているなんて!

「スパイシーカレーコロッケ」の具だけの味

具だけを食べた印象は、カレーパウダーのようなものをかけた野菜片と肉片である。それにしても具だけを取り出したコロッケは、取り出したほうも取り出されたほうもどうしてこんなに貧相でかわいそうな写真になってしまうんだろう。

 

枝豆コロッケ。ちょっと見てみたら具沢山そう。これは期待がもてそうだ。
ちょっと見てみたら具沢山そう。これは機会がもてそうだ。

超豪華! なんと具が13gもあります

最後は枝豆コロッケを調べてみることにした。枝豆コロッケは食べたことあるけど、ごそっと枝豆が入っていることからグラム数を稼いでくれるのではないだろうか。

今まではざくっと半分に切っても、どこが具なのか探すのに時間がかかったが、今回はごつごつ身が出てくるので、なんだかたよりがいがある。果たして、何グラムの具がはいっているのだろう。

結果「4.枝豆コロッケ」
計測不可能の脇役

全体 81g
13g
それ以外 68g
具の内訳 98%枝豆、2%ぐらいベーコン? サラミ?


具は全部で13g。全体の1/5ほどが具であるようです。衣の重さも入っているので、これは合格点ではないでしょうか?よかったよかった。僕はこれから牛肉の言葉にひかれるのではなく、具だくさんの野菜系コロッケを食べようと思いました。だって、13倍おかずがはいっているんだから、ねぇ。

「枝豆コロッケ」の具だけの味

具は普通に枝豆の味でした。枝豆のほかに極僅かにベーコンのような、サラミのようなものが入っていた。

 

  全体の重さ(グラム) 具の重さ(グラム) 具が全体に占める割合
牛肉コロッケ 73 1 1.4%
ポテトコロッケ 70 0 0%(計算できない)
スパイシーカレー 108 7 6.5%
枝豆コロッケ 81 13 16.0%

コロッケは愛されキャラだ

  ・わかったこと
1.コロッケには本当に僅かしか肉が入っていない
2.それで牛肉って書いちゃって大丈夫? いもなのに牛肉きどり? と思いたくなるようなグラム数である。
3.牛肉の部分だけ寄せ集めて食べると肉より肉の味がする。

  ・苦労したところ
具を取り出すのに時間がかかった。あと、見た目がどうしても不細工になるので、それをどうにかしようとも思ったが、どうにもできませんでした。。ピンセットでせこせこかき集めたわりには、その苦労は原稿にいきなかったんじゃないか。センセイごめんなさい

  ・感想
少し乱暴な意見かもしれないが、コロッケって最初からくだらないものしか入っていない福袋を買うときの心境に似ている気がする。どうせ肉なんてわずかしか入ってないんだけど、「牛肉コロッケ」と聞けば、やっぱり買っておこう、となるものである。そしてこれは本当に自由研究と呼べるものだろうかか?ちょっと不安になってきております


分解されたコロッケの中身が散乱する食卓

 
 
関連記事
国境を越えたコロッケが市役所で売られている
コロッケを買いに
お魚の街のコロッケは魚だった

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation