デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
10分でおわる工作×3

昔のコーラの王冠の裏側ってスーパーカー描いてあったよね。


自由研究をやる気がないわけではなかった。

夏休みは長い。時間はたくさんある。まずは焦らずにじっくりアイデアを詰めるべきだ。だからきょう手をつけておくのはやめておこう。あしたいいアイデアを思いつくかもしれない。

そう思って最後の週を迎えた子どもの皆さんこんにちは。

僕もそのタイプだった。あした急に賢くなるかもしれない。そう思って30年近く過ぎた。やっつけ能力だけ高くなった大人と10分で終わる工作をはじめよう。(林 雄司



その1)かんたんボトルシップ

瓶のなかでちまちまと船の模型を組み立てるボトルシップ。優雅でかっこいいけどものすごくめんどくさそうだ。しかもぜったいに難しい。

そこでペットボトルを利用したい。廃品利用というところが気が利いてるし、加工が簡単だ。21世紀ミーツ大航海時代である。

1. 船のプラモデルを買ってきます。
2. 組み立てます。
3. ペットボトルを切ります(カッターの刃にちゅういしてね)
4. 船を入れてペットボトルを接着します
できあがり! かっこいー

10分で終わるといいながら2時間かかってしまった。プラモデルが難しかったのだ。組み立て済の船の模型を買ってくればよかった。

旧来のボトルシップがガラス瓶+木の模型というオールドスクールな素材であったのに対し、こちらはすべてプラスチックである。オールケミカル。時代性を表しているといえよう。

ふざけたつもりで作っても、できるとなんだかいいものに思えてきた。子どものころもそうだった。いい気になって学校に持っていき、クラスメイトと比べてみてはじめて恥ずかしくなるのだ。

では次です。

その2)ペーパーカンパニーを作ろう

いきなり大きく出た。税金対策だ。子どもが自由研究で作るものだろうか。

1. ボール紙に直方体の展開図を書きます
2. 切り抜きます(のりしろを残そう!)
3. 組み立てます(オチがわかってもまだ言わない)
4. マジックで窓を描きます
紙の会社。ペーパーカンパニーです。

まったくこんなものでも、かわいく思えてきてしまった。ペーパーカンパニーを作ってみて発見したのは自分への甘さだ。たぶん節税対策でペーパーカンパニーを作る人にも共通しているかもしれない。

これは制作時間はまさに10分だった。しかもそのうち5分は会社名をなんにしようか悩んでいた時間である。

では次です。

その3)ペットボトルロケットを作ろう

普通だ。ペットボトルロケットといえば子どものあいだではアニヤハインドマーチぐらい流行っているアイテムである。しかしあれはペットボトルを切ったり貼ったり、圧縮空気を入れたり大変なのだ。

独自の解釈によるペットボトルロケットを目指したい。


1. 写真を直径2センチの円形に印刷します
2. ペットボトルキャップの裏側に貼ります
3. 首からぶら下げよう
4. くじけそうなときはキャップをはずそう
ペットボトルでありつつ、ロケットペンダント。

ロケットペンダントとは写真を入れられるペンダントである。下っ端の船乗りがデッキ掃除の最中にパカッと開けて恋人の写真を見るあれである(伝わってるよね)。

空飛ぶロケットとロケットペンダントをかけたんだね。これを夏休みの自由研究で出す勇気があれば将来おこりうるたいがいの困難は乗り切れるだろう。がんばって(いや、やめとけ)。

(正しいペットボトルロケットの作り方はこちら)


まとめ

・わかったこと
簡単な工作に必要なものは勇気だ。 やりとげる強い気持ち。

・苦労したところ
これでいいのだろうか?という疑念を振り払うところ。

・感想
簡単な工作はプレゼンテーションが命かもしれない。この工作の底辺にあるメッセージ、小さな工夫に込められたオリジナリティ、そして平たいユーモア。そんなあたりを照れずに訴えればなんとかなるかもしれない。

僕はわりとそういう子どもでしたが先生はしっかり見ているものであまりいい成績はつけてくれませんでした。

ペーパーカンパニーの応用。ミニチュア室外機
 
 
関連記事
大人が本気で作るわりばし鉄砲
建築模型を作る〜思い出の家編
ペットボトルで川を下る

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation