デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
化石を作ろう
今週(8/27〜9/2)は1日でできる自由研究をお届けしています。

化石発見。

 

今回は「一日でできる自由研究」ということで、化石を作ろうと思う。自由研究の王道ともいえる化石採集だが、優秀な子供はちゃんと2万年位前のやつを古い地層から探そうとするだろう。しかし8月も終わりに差し掛かったこの時期、一日で自由研究を片付けてしまおうなんて考えている子供たちはそんな悠長なこと言っていられない。目立ちたい、だけど面倒くさい、今回はそんなよくばりな君たちに向けた提案です。でもこういうことやっていると将来僕みたいな大人になるから気をつけたほうがいいよ。

安藤 昌教



アサリはスーパーで買ってきた。

化石の作り方

それでは作り方を説明しよう。

・化石にしたいものを集める
・それらをセメントで固める
・砕いて発掘する

簡単に思えるが、いくつか押さえておくべきポイントがあるのでその都度説明したい。それではまず化石にしたいものを集めよう。貝とか土器とかが無難なところだが、もうすこしセンセーショナルな発見を演じたい場合には骨とかも効果的だ。

中身は食べます。
食べた後は貝柱まできちんと除去しよう。
土器とかもそれらしい。

貝はスーパーで売っているアサリの殻で大丈夫だ。ただ、身を食べ終わった後に貝柱まできちんときれいに除去することを忘れてはならない。何万年も貝柱が残っているわけがないのだ。

土器は割れた皿の破片で、骨はフライドチキンで大丈夫だろう。どちらも油分が残らないくらいにきれいに洗っておこう。

あと骨。
1分前の姿。
海で拾ってきた貝殻も入れよう。

しかしこれだけでは見栄えがしないかもしれないので海で派手めの貝殻を拾ってきた。これらも一緒に化石になってもらおう。

ここでポイント。化石化する際に文明の香りのするものを混ぜてはいけない。電池とか空き缶とか、古代にそんなものが存在しなかったことくらい君たちでも知っているはずだ。

電池とか入れてはいけない。
空き缶もだめだよ。

 

セメントは乾燥時間の短いものを選びたい。

固める

それでは次の段階に移ろう。集めたものをセメントで固める。今回はできるだけ速乾性あるのセメントを選んだ。

セメントを水で溶き、適度な固さになったらビニール袋に入れた化石候補に流し込み固める。ここでポイントをひとつ。

セメントに書かれている乾燥時間というのは、だいたいかなり薄く塗った場合の乾燥時間だ。化石を固める場合もできるだけ薄く平らにのばすよう心がけ、乾燥時間を短縮しよう。

少々固めに作ると速く乾く。
躊躇なく流し込もう。
薄く広く作るのがポイントだ。
できた化石の原石がこちら。

 

鏡開きの要領で。

発掘する

セメントの種類や環境によっても差はあると思うが、僕の場合ほぼ半日でセメントは完全に固まった。これで化石の原石ができたわけだ。あとはいよいよ発掘する。

発掘は大胆にハンマーで砕いてしまえばいいだろう。中の貝とかが割れたり砕けたりしてもそれがかえって本物っぽく見えるので問題ない。

どうだろう、君の化石はうまくできていただろうか。

貝は剥がれた跡がリアルだ。
土器に貝を入れていたのだろうか。
鳥のものではないかと思われる骨。
こちらの巻貝はほぼ完全な形で発掘された。

化石だ

写真で見る限りかなり化石だ。あとはアンモナイトとかカンブリア紀とか知っている単語を駆使してレポートにまとめたらいい。最後のポイントだが、学校に提出するときは実物を持って行かずに写真で済ませるようにしよう。先生に「実物はどうした」と聞かれたら博物館に寄贈した、とか言っておくこと。まあ最悪先生にばれても親にはばれないようにしたいところだ。それからデイリーポータルが、とかライターの安藤さんが、とか情報源を他言してはならない。お願いだから自分で思いついたと言ってほしい。

 

・わかったこと

1日でけっこうリアルな化石ができる。

 

・苦労したこと

良心との葛藤。

 

・感想

久しぶりに夏休みの宿題を終えた達成感みたいなものを感じました。


 
 
関連記事
大森貝塚は2つある
アンモナイトまみれ
街の化石さがし

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation