デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
もしも地下鉄が地上を走っていたら
外はまっくらだ

地下鉄に乗っていて残念なのは、車窓から風景がまったく見えないことだ。

風景が見えないから、乗っているあいだ手持ちぶさたになる。週刊誌の中吊り広告を熟読しちゃったりして。それに、いま自分がどのあたりにいるのかという感覚もなくなってくる。

そんなことを考えていて、ふと思った。いま乗っているこの地下鉄がもしも地上を走っていたら、その車窓からはどんな風景が見えているんだろうと。

(text by 三土たつお



南北線が地上を走っていたら?

本題に入る前に、まずは東京メトロ南北線でいつもの光景を再現してみたい。


飯田橋駅で南北線に乗り、後楽園駅へ。
車窓の風景はこのとおり。反射した車内しか見えない。

ご覧のとおり、窓からは何も見えない。毎日の通勤の車内、風景から隔絶された世界でただボーっと時間をつぶすのは退屈だ。

そもそも自分はいまどこにいるんだろう? 地下鉄に乗っている間は自分のいる場所がよく分からなくなる。そして駅を降りてはじめて地上の場所が分かるのだ。まるでドラえもんのタイムマシーンみたいに。

現在地を地図で確認してみよう。


中央を縦に走る点線が南北線

なんと、ぼくがボーっとしているあいだに、南北線は東京ドームの人工芝の下をつっきっていたのだ。もしも地面が透明なら、まいにち野球を見放題なのになあ、などと思ってしまう。


球場のグラウンドや、
こんな売店の下を電車がつっきる。

ふだん地下鉄に乗っていて、地上の風景がこんなふうに窓から見えたらどんなに素敵だろう。

せめてもの慰めに、さきほどの車窓の風景に、上のドームの写真をあてはめて合成してみよう。こんなふうに見えるはずだ、というシミュレーションをしてみたいのだ。


この味気ない車窓の風景が・・


こんなに鮮やかに!


・・。

「こんなに鮮やかに!」とがんばって書いてみたが、なんだろうこのパッとしない写真は。事前の想定では、「こんなところを通っていたんだ!」という素敵な予想図ができるはずだったのだが・・。

不安を抱えたまま、もうちょっとだけ続きます。




 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation