デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
温泉蒸し料理にチャレンジ!
温泉の蒸気を利用した蒸し器で蒸します。

熊本県荒尾市でおこなわれた“マジャク釣り大会”に参加してきたのだが、今回の旅の予定を組むに当たって一番悩んだのが、「捕まえたアナジャコをどうやって食べるのか」という問題だった。

干潟でアウトドア料理をしてもよかったのだが、そうなるとどうしても旅行の荷物が多くなってしまう。ただでさえ干潟遊びグッズがいっぱいなのに。

いろいろと調べたところ、温泉の蒸気を利用した蒸し器のあるキッチン完備の温泉宿をみつけたので、そこでアナジャコを料理することにした。

(text by 玉置 豊



温泉蒸気を利用した「蒸し場」

今回泊まる宿は、有明海から全然近くない山の中、熊本県阿蘇郡小国町というところにある「豊礼の宿」。

この宿にある温泉の蒸気を利用した「蒸し場」という調理器具で、さっき捕ってきたばかりのアナジャコを蒸したいと思う。

ここは夕食がつかないかわりに、共同キッチンを自由に使っていいという、今回の旅に最適な宿なのだ。


豊礼の宿。露天風呂が素敵でした。 これが「蒸し場」。もくもくと温泉の湯気が出ている。

「蒸し場」からは温泉のいい匂いがする湯気がモクモクと上がっている。ここに好きな食材を入れて蒸せばいいらしい。なるほど、これはおもしろそうだ。


蓋を開けると、底に穴がいっぱい開いており、ここから湯気が出る仕組み。穴を見ると筆を刺したくなる。 この栓で蒸気の量をコントロールできる。

 

食材をいろいろ買ってきた

宿に荷物を置いて温泉でひとっ風呂浴び、干潟の泥を落とす。

せっかくの蒸し場、アナジャコだけ蒸すのももったいないので、近くのスーパー(車で15分くらいかかる)にいって、いろいろと九州産の食材を調達してきた。


里芋、トウモロコシ、アスパラ、そしてアナジャコ。 枝豆、キャベツ。

準備は整ったところで、温泉蒸し料理にチャレンジだ。


  つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation