デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
初めての天ぷらと幻のスパイス発見

(text by 大塚 幸代



……何だ、これ?

と思ってながめていたら、「ドラゴンフルーツのつぼみなんです、天ぷらにしたり、茹でてあえものにしても、いいんですよ」と、店員さんに言われた。
実は先日、沖縄・宮古島に行った。甘いお酒を作って飲む部活動、乙女酒部」で作った「ミルク泡盛」が、「宮古島発のものらしい」という話をきいて、「現地のものを飲んでみたいな」と思ったのがキッカケだ。
(で、今回の旅行で、奇跡的に「ミルク泡盛、誕生の謎」が分かる衝撃の出会いが! 後日、詳細記事を書きますので少々お待ちを。)

沖縄本島には何度も行ったことはあるけれど、離島、宮古島は初めて。「雰囲気も文化も、やはり本島とは違うんだなあ」といろいろな驚きがあったのだが、帰り、ぷらっと寄った「オキナワ宮古市場」というお店で見かけた、このドラゴンフルーツのつぼみにも、ぐっときた。


他にも「見たことない野菜」が多数売ってた

「タイムサービスで、半額でいいですよ」と言われ、5個100円で購入。安い。
そして、ほかのコーナーを見ていたら……あれっ?

先週書いた記事「幻のスパイス『デュカ』を作りたい!」のデュカが……あるじゃないか!! 
しかも525円。高価でもなく、お手頃価格。
宮古島の「キッチンじゃからんだ」という所が、オリジナルで作っているものらしい。
もちろん購入。

帰宅後、せっかく面白い食材を買ったんだもの、ちゃんと料理したいな、と思ってよくよく考えてみたら、
「天ぷらを、自分で作ったことがない」ことに気が付いた。
実家で手伝いをしたことがあるが、「どのくらいの油の量で」「どんな粉の配分で」「どれくらいの熱さの油で、どのくらいの時間」とか、そういう詳細を全く把握していない。
「天ぷらって、日本を代表する料理で、家庭で普通に作られているものだけど、日本全人口の何%が、天ぷらをマスターしているんだろうか」「っていうか、無知なのは私だけなのか!?」
と悩みながら、マイ・ファースト・天ぷらを作ることに決めた。
あとせっかくなので、デュカを使った料理も。

ドラゴンフルーツのつぼみは、お店のお姉さんにならったとおり、根本の部分はちょっと切って、半分に。



知ってる人は知っているけれど、今更ながら、天ぷらの作り方を確認。卵を溶いて、冷水と混ぜて、

薄力粉を入れ、ざっくり混ぜる。決してこねくりまわしてはいけない。


油を鍋にそそいで、小麦粉のタネを落としたら、プカッと浮き上がってくるまで加熱。



衣を付けたドラゴンフルーツのつぼみ、投入。



で、で、で、出来た!!


お店の天ぷらみたいにサクサクにはならなかったものの、とりあえずは出来た。こんなに簡単だったのか、と、ものすごく低レベルのところで感動してしまった。

デュカだが、

よく見ると、ゴマはまるのまんま、入っていた。原材料名を見ると「うこん、島唐辛子、コリアンダー、ディル、ピーナッツ粉、塩」とのこと。


今回は鶏肉に付けて、オリーブオイルで焼いてみた。


試食タイム。
デュカのチキン、香ばしい! ごま、ピーナッツが効いてる。そして普段、あまりかがないハーブのにおいが、ふんわり鼻に抜けていく。上品な味だ。
塩だけとかの直線的な感じでもなく、醤油などのべったりした感じでもなく、とにかく「風味」。日本人が、普段あまり使ってない、口と鼻の機能が働く感じがした。
で、私が自作したデュカと、方向性はそんなにめちゃくちゃ違ってるわけじゃなかった、良かった!!



ドラゴンフルーツのつぼみは、たいへんに青いにおいがした。青臭いもの好きの方だったら、悶絶死するかもしれない。

■変わった食材も、そうでない食材も

私は食べ物記事を何度も書いているのだが、ちっとも料理が上手くないし、普段の食生活もメチャクチャだ。
これじゃいけない、と思いながら、「常備菜を作る」とか、「ていねいに盛りつける」とか、全然出来ないでいる。一人暮らしということもあるのだけれど、大きめのコーヒーカップに炊いたゴハンを入れてフリカケ、なんて日もある。
食べている時に、食べ物に集中していないことも多い。テレビやネットを見ながら、ボーッと流し込むように食べる。ひとりの食事を楽しめないことが、コンプレックスでもある。
「変わった食材だったら、面白がって食べられるかも」と、常に思っているフシがある。
変わった食材は、そりゃ楽しい。でも本当は、普通のごはんを、普通に楽しく食べたい。変わったものを作って食べたくなるのは、ギョウザを包むとか、天ぷらを揚げるとか、そういう日常を楽しめるようになるための、リハビリなんじゃないかと思う。
変わった食べ物も、普通の食べ物も、同じくたい楽しく食べられたらいいな、と思う。本当に。

宮古島で習った、ドラゴンフルーツのむき方。ミカンみたいにむけるんですね、ちょっとショックでした

 
 
関連記事
珍しいフルーツを食べる
ドラゴンフルーツという名の果物
天ぷらはファーストフードだ

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation