デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
パールライスで首飾りを作る


まだ猛暑は厳しいが、道行く人のファッションにはもう秋の気配が。

私もいろいろと服やアクセサリーを買って秋のおしゃれにそなえたいが、私生活で引越しをしたせいもあり、お金がない。

おしゃれはしたいが金はない。金はないけどおしゃれしたい。したいしたい。パールのごてごてしたネックレスなど欲しいもんです。

真珠は買えないが、かわりにお米をパール色に塗ってネックレスを作ってみました。
つまり、パールライスでございます。

乙幡 啓子

思い浮かんだんだからしょうがない

「パールライスでネックレス」、そう思いついてしまったので、これは仕方ないなとユザワヤに行ってパール塗料を買ってきた。ふつうの色よりだいぶ割り増しの値段。さすがにパールは違いますな。


今回はアクリル絵の具のパールホワイトで。
ほら、パールだよ。

スプレー塗料も考えたが、細かい多くのものに均一に塗るのは意外と難しい。なので絵の具にした。

そしてお米。産地の方角に手を合わせ、米びつから軽く一掴みほど持ってきた。どれほど数が必要になるかはわからないが、大切に使わせてもらおう。


迫り来る恐怖に肩を寄せ合う米たち。

パレットに絵の具を出し、一粒置いておそるおそる塗ってみる。「お米に絵の具を塗る」という行為が、何か妙な感覚だ。

絵の具に水をあまり入れすぎると、米がほとびてお粥になってしまいかねない。いやそんなことあるか。錯誤しつつ黙々と塗り続ける。

塗れたものから、キッチンペーパーを敷いたトレイに乗せて乾かそう。


ひとつぶひとつぶていねいに。
こういう作業は好きだ。

・・・。塗り始めて10分たった。70個ほどできている、これは早いのか?遅いのか?数は十分なのだろうか?

いろいろ手探り状態だが、確実に言えることがひとつある。「1個ずつ塗っていたら埒があかない」。そりゃそうだ。

よって1クラス数十粒体制に変更だ。


米を絵の具でこねていると、何かの料理をしているようだ。白和えとか。
びっしり。

ひととおり乾かし、器にざざーっと集めてみた。おお・・・。


あまりの変貌ぶりに歓喜の表情を見せる米たち。

パールだ・・・。パールが出現した。

淡水パールという小粒でいびつな形のパールが売っているが、あんな感じに仕上がった。

私も歓喜の気持ちでいっぱいだ。東北の方角に手を合わせる。
この調子で糸を通し連結だ。 なんとこの米に穴を開けていこうというのである。 さてどうなるか。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation