デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
油まみれな地蔵たち

さぁみんなで油かけ

油をかけることでご利益が得られる地蔵があるという。

えぇ?!お地蔵様に油をかける?! そんなバチ当たりなことをしていいものなのか?

どうやらそれが、いいらしい。 主に関西地方に多く存在するそのお地蔵様は、 油掛地蔵(油懸地蔵)と呼ばれ昔から人々に親しまれてきたのだそうだ。

先日、京都に行く機会があった。 京都には油掛地蔵が3体あるということなので、 私はそれら、油まみれな地蔵たちを巡ってみることにした。

木村 岳人



京都は嵯峨へ

というワケで、やってきたのは京都市西部に位置する嵯峨嵐山。 一件目の油掛地蔵は、ここ嵯峨にある。


嵯峨はこんなカンジの素敵なところ

嵯峨といえば、名勝嵐山や見事な庭園を持つ天龍寺などで有名な観光地であるが、 油掛地蔵はそれらとは一線を画し、住宅地の中にひっそりと存在している。

場所はJR嵯峨駅北口から東へ少しいったところ。 住宅街の中を歩いていくと、なんでもないような一角に 交通安全ののぼりが立っているのが見えた。 それが油掛地蔵の目印だ。


のぼりが立っていなければ多分気が付かない 建物の影にひっそりとお堂がある

お堂に近づいていくと、たちまちギトっとした油の臭いが鼻に付いた。 これはアレだ。何度も繰り返し使用したてんぷら油を何日も放置した後の匂いだ。 物凄い強烈な油の匂いが辺りには立ち込めている。

ここを訪れたのは朝早く。胃には何も入っていなかったので良かったが、 もし満腹だったりしたら大変なことになっていただろう。 そうで無くとも胸が焼けてきたというのに。

まぁ、何はともあれ、まずは油掛地蔵とご対面。



うわぁ……なんと言うか、想像以上の油っぷりだ。 長年油をかけられ続けてきたそのお地蔵様は、 たっぷりと油を吸い込みデロデロのギトギト。 油が層になって堆積し、石像を真っ黒く変色させてしまっている。


油の層に覆われ顔の彫刻が消えてしまっている

よ、よし。とりあえずお参りだ。

地蔵の前に置かれている油壺からひしゃくで油をすくい取り、それを地蔵に掛ける。 油をかけるのは肩より下。顔にはかけてはいけないそうだ (その割には顔も油まみれだが)。

なお、ひしゃくの柄も油まみれなので、手を拭くものがなければちょっと辛い。


このひしゃくで油をかける 傍らには消火器も完備

それにしても、なぜお地蔵様に油を掛けるようになったのだろう。 それについては、お堂の上部に備え付けられている説明板に書かれていた。

それによると、この地蔵はなんと約670年前、鎌倉時代後期に作られたものだという。 油かけの風習はその当時より始まったらしい。 ここを通る油商人は、必ずこの地蔵に油をかけて祈願したそうだ。

油かけにも歴史あり、といったところだろうか。

 

次なる油掛地蔵へ

二件目の油掛地蔵があるのは、嵯峨から少し南に下ったあたり。 松尾大社が鎮座する松尾の駅から、東へ1kmほど行った所にある長福寺というお寺の門前だ。

しかし、この油掛地蔵は一件目の油掛地蔵とは明らかに違う様相を呈していた。


長福寺の門前に油掛地蔵のお堂がある(左のお堂) お地蔵様は格子でがっちりガード

脇に掲げられているプレートには「油掛地蔵」と書かれているものの、 お堂には木製の格子がはめ込まれており、 お地蔵様を見るには格子の隙間からのぞくしかない。

これでは当然油をかけることはできない。 そう、この油掛地蔵は、現在もう油をかけられていない、油かけを引退した油掛地蔵なのだ。


格子の隙間から撮れたお地蔵様は、のっぺらぼう

その顔や体に残る白い染みを見る限り、 昔はその名の通り油をかけられていたお地蔵様だったことだろう。 保安上の理由からか、それとも風習の廃れからか、 近年になって油かけをやめてしまい、普通の地蔵と同様に祀られるようになったのだ。きっと。

しかし、私にはこの白く変色してしまったお地蔵様が 「油かけてー!かけてー!ぶっかけてー!」と訴えているような気がしてならない。 何か寂しそうな、切なくなる表情である。

いつかまた、このお地蔵様に油がかけられて、 ギトギトに黒光りする姿に戻る日が来ることを祈り、 私は長福寺を後にした。

 

三件目は伏見

次はこれまでの洛西から離れ、京都市南部の伏見となる。

有数の酒処である伏見には、川沿いに酒蔵が並ぶ風情ある景色を見ることができたりするのだが、 その伏見の町の一角に、油掛地蔵を祀った西岸寺がある。


板張りの酒蔵、美しいですなぁ

西岸寺はすぐに見つけることができた。 境内にはたくさんののぼりが立ったお堂があり、 油掛地蔵はそのお堂の中に安置されていた。

が、ここの油掛地蔵のお堂にも格子がはめられており、 外からは直接お地蔵様に触れられないようになっていた。


西岸寺の地蔵堂 ここにも消火器と水を張ったバケツが

格子越しにお堂の中を見ると、確かにお堂の奥に地蔵があるのが見える。 しかも、先ほどの白くなってしまったお地蔵様とは違い、 きちんと油まみれで黒光りしているものだ。横には消火器もあった。 よし、ここは間違いなく現役の油掛地蔵だ。

ふと横を見ると張り紙が張ってあり、それには「地蔵の拝観は100円」とあった。 私はお堂の横についていたドアをノックして「ごめんください」と言ってみたが、 中からの反応は全く無い。ひとけも無い。 すると、境内の奥にあった別の建物からお坊さんが顔をのぞかせた。 ありゃりゃ、そっちだったのか……

そのお坊さんに拝観希望の旨を告げると、お堂の扉を開けて中に通してくれた。


割と綺麗なお堂にはギトギトなお地蔵様が

おぉ、ここの油掛地蔵もなかなか凄い。 建物は新しめではあるが、地蔵自体は相当な貫禄がある。

説明文によると、これも嵯峨の油掛地蔵と同様、鎌倉時代に作られたものだそうだ。 その由来は、このお地蔵様の前を通った油商人がうっかりつまずいて油をこぼしてしまい、 その残りをお地蔵様にかけたところ、商売がたちまち繁盛したという話によるものだという。 なぜこぼれ残った油を地蔵にかけたのか分からないが、まぁ昔話というのはそういうものだ。

ちなみにこの油掛地蔵、長い年月油をかけられ続けたため、 なんと油が2cmも積もっているのだという。 2cmの油の層!いやはや、すさまじいものがある。


まるで高級かりんとうのような質感

ところで、先ほどお堂の扉を開けてくれたお坊さんは、実はこのお寺の住職ではない。 ここの住職は去年亡くなってしまい、 代わりに不定期でこのお寺にお勤めにやってくるのだそうだ。

私はたまたま運良く、このお坊さんがいる時に訪れたためお堂の中を拝観できたのだが、 普段は誰もいない無住の寺のため、中には入れないのかもしれない。

 

油掛地蔵は不思議がいっぱいだ

いかがだったろうか。 ちょっとした好奇心から始めた油掛地蔵巡りであったが、 個人的には想像以上に楽むことができた。

ちなみに、最後に訪れた西岸寺のお坊さんが言っていたことなのだが、 油掛地蔵の足元にはなぜか油が溜まらないのだという。 実際私も地蔵の足元を見てみたのだが、確かにほとんど油は残っていなかった。 蒸発しているのか、それとも石に染み込んでいくのか。

う〜ん、謎である。

油掛地蔵は町の名前にもなっている

 
 
関連記事
お地蔵さんのファッションチェック
一日地蔵めぐり
しばられ地蔵のしばられ具合ウォッチ

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation