デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
衝撃的に美味しい!簡単シーフードカレーの作り方
もの凄く美味しい海鮮カレー。誰がなんといおうとカレー。

  もの凄く美味しくて、それでいてとても簡単なカレーの作り方を発見した。それは和風のシーフードカレーで、なんと火を一切使わないでつくることができる。

用意する食材は、アサリに生姜、醤油と酒といたってシンプル。これだけの材料でも、工夫次第でどこのカレー屋のメニューにも載っていないニュータイプの絶品カレーができるのだ。

それでは、海のような広い気持ちで、最後まで読んでいただければ幸いです。

(text by 玉置 豊

STEP.1 アサリを剥く

まずこのカレー作りの下ごしらえとして、生きたアサリを買ってきて剥き身にします。冷凍の剥きアサリなども出回っているが、やはりここは生アサリにこだわって欲しいところです。


このカレーのキーポイントであるアサリ。

アサリを剥くのに、私は貝剥き用の専用ナイフを使いましたが、バターナイフなどでも大丈夫です。ちなみに今回の料理では、アサリの砂出しをする必要はまったくありません。

剥いたアサリは、軽く塩を振って水気を出しておきます。


結構簡単に剥けます。 この量で何人分のルーになるかは、この後の展開次第。

 

STEP.2 海へ行く

今回作るのはシーフードカレーなので、剥き身にしたアサリを持って海へと向かいましょう。今回は千葉の館山湾をセレクトしてみました。


シーフードカレーといえば、とりあえず海にいかないとね。

 

STEP.3 船で海に出る

シーフードカレーを作るには、やはり海へ出ないといけません。ボートで大海原へと漕ぎ進みます。この手間を惜しんでは、美味しいカレーは作れないのです。

今回は船舶免許不要の2馬力エンジン船を借りてみました。免許はあるのですが。


カレーを求めて海へ出よう。 ライフジャケットがカレー色なのは必然か偶然か。

 

STEP.4 ここでアサリを使います

海底が岩礁となっているポイントまでボートを進めたら、下準備してきたアサリの剥き身を取り出して、釣り針に付けて海底へと落とします。


ここで下準備してきたアサリが登場。 釣り竿がカレー色なのは必然か偶然か。


STEP.5 カレーのルーを釣り上げる

その日の天候や潮の流れなどで難易度は様々ですが、頑張ってカレーのルーを釣りあげましょう。このアサリをカレールーに変える工程がなかなか難しいののですが、この料理で一番楽しいところでもあります。


これがアサリで釣り上げたカレーのルーです。

大きいやつが美味しいよ。 なんだか大漁でした。こんなの人生初!

ええと、誰がなんといおうと、これはシーフードカレー作りの話ですよ。

さあ、カレーのルーを持って台所に戻りましょう。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation