デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
漬け物ピザはうまいのか
 


「漬け物がすきだ」
「数年前に食べた具のないピザがおいしかった」

上記二つの思いが何かの拍子に交錯したのは最近のことだ。

そしてそのまま「漬け物ピザが食べたい」という感情に至ったので、ものは試しとやってみた。

(text by ほそいあや



具なしピザの思い出

以前宅配ピザを利用した時、運ばれてきたピザの箱を開けて絶句したことがある。トッピングがなにひとつなく、チーズだけが敷かれた真っ白なピザだったのだ。呆然としていると、家の電話が鳴った。

ピザ屋「すみません、ピザ届きましたか?・・・なにも・・・のってなかったですよね?」
自分「は、はい。」
ピザ屋「すみません!間違えてトッピング前のものをお届けしてしまいました。今すぐ作り直してお持ちしますので!」

やがて正しいピザが運ばれてきたが、具なしピザのほうもどうぞ召し上がって下さいと言われてちょっと得した気分だった。

具ののっていないピザ。とろけるチーズだけをのせて焼いたトーストのようだった。初めて食べたが、けっこういけたのを覚えている。


具なし&持ち帰りなのですごく安かった。
プレーンピザMサイズ。

 

買ってきた

あのプレーンなピザに、自分好みの具をのせて食べる。考えただけでわくわくする。店では買えない究極のピザが出来るかもしれない。過去にあの出来事がなければ思いもしなかったことだけに運命を感じる。

トマトソースとチーズがかかっているタイプだった。このままでも十分美味しそうだ。

 

漬け物を切ります

普段からよく食べる漬け物等の数々を彩りも考えてチョイスしてみた。記事をかくためとはいえ一度にこんなに漬け物を買えてしあわせな気分。

漬け物ではないが好物のメンマものせてしまおう

漬け物を切りながら、もう白飯があればいいような気がしていた。そんなゆうげを想っていたら、条件反射で味噌汁の具はなににしよう、などと考えてしまった。ピザに味噌汁はないだろう。いや、ピザに漬け物のほうがないとは言わないでいただけると幸いです。

スーパー2軒で買い集めた好みの漬け物。すまんがこれからピザになっておくれ。

 

具をのせます

つまみ食いをしながらのせていく。ああ、おいしいな。ピザにのせなくてもいいよ。と心のどこかで聞こえる。

いやいや、きっと溶けたチーズと合うはず。きっとワインやビールに合うすばらしいおつまみにもなるはず。


イタリアンに見えないこともない。

トッピングは以下の12品。

ちくわは漬け物ではないが、ライター藤原君の意見を取り入れてみた。

ちくわかあ。自分では思いつかないアイデアだったが、のせてみると見た目にポップさが加わり楽しくなった。



気分はリッツパーティーですよ。

 

チーズをのせます

ピザ用のとろけるチーズをのせていく。ぱっと見で確実にチーズと合いそうなものはちくわくらいか。

全部まずかったらどうしようという不安がよぎる。でもそれはきっと先入観だ。漬け物=ピクルスだと思えばいいのだ。
気づけば自分を勇気づけている。


こういう作業はとても面白い。

 

オーブンで焼きます

焼き上がると、チーズの香りに混じり、かすかにガーリックの香りがした。

ガーリック?そうか、キムチだ。他の漬け物の匂いはしないが、にんにくの匂いはちゃんとする。ピザとしてちゃんと美味しそうな匂いだ。


お、うまそう?

なかなか美味しそうではないか。彩りもきれいで、香りも食欲をそそる。とりあえず変な匂いはしていない。もしかしたらすごく美味しいピザがここに誕生したのかもしれない。期待で胸がふくらむ。
いよいよ実食だ。


完成。とてもおいしそうです。

 

感想

うーむ、これは・・・。すべてが成功ではないのだが、なかなか味わい深いものもあり、逆にこれはないぞ、というものもある。思ったよりバラエティにとんだ味覚が集合している。
簡単に感想をまとめた。

 

■赤かぶ漬け 色もきれいで歯ごたえがよいが、甘酸っぱさが邪魔をする。
■らっきょう ちょっといける。塩らっきょうだともっと合う気がする。
■しそ昆布 まずくない。味が濃くなってしまうが、あらためて醤油系とチーズは合うと思った。
■なすの浅漬け 見た目は一番おいしそうだ。なすが漬け物じゃなかったらよかったのに。
■野沢菜 シャクシャクしてみずみずしい。でもそれだけだ。
■キムチ 一番美味しかった。キムチピザはすでにあるので当然なのだが。キムチとチーズは合う。
■たくあん 薄味のなにかがあるかんじ。存在感がないので食べやすいともいえる。
■新生姜 お寿司やさんに来たみたいだ。しょんぼり。
■梅干し 「ピザ」と「梅干し」がまったくちがう方向から攻めてくる。
■かぶの浅漬け これも漬け物の味が一人歩きしてしまった。
■メンマ 馴染んでるけどべつにメンマじゃなくていいと思った。
■ちくわ パンチはないが、チーズと練り物のコンビは安心して食べられる。

ひときわ食欲をそそるキムチゾーン。
新生姜はガリを温めた匂いがしました。あたりまえですが。
なす、美味しそうなんだけどな。
・・・・表現不能すぎてにやける。

 次回は珍味でトライだ

ハンバーガーにはさまっているピクルスのように、人によって好き嫌いがあるものになることはわかっていたが、これらはピクルス好きの自分でもどう表現してよいかわからない。総評して「まずくはないけど食べなくてもいいや」的なものになった。しかし過程は大変楽しかった。

ただしひとつ言えることは、キムチとチーズの組み合わせは間違いがないということだ。そういえば、ニラとも合いそうだ。実際らっきょうとも合っていた。ピザには臭いものなのかもしれない。アンチョビを模した塩辛という手もあるだろう。くさやも意外といけるのではないか。

これを機に、和風トッピングのさらなる探求が始まりそうだ。いつかオリジナルの絶品ピザと出会いたいものである。

次の標的はこんなやつら。

 
 
関連記事
ピザボウヤ
コンビニで漬物屋のような漬け物が買えるのか!? 2006・秋
ピクルスは漬け物なのだ

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation