デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


チャレンジの日曜日
 
東京から片道1000円の海外旅行
鉄分多い京急に乗って行きますぞ


 東京から片道1000円ちょいで行ける海外がある。往復なら2000円ちょっとじゃないか。またそれは東京から片道2時間で行けるのだ。

 それは東京の南にある海が迫る土地。すっかり寒くなった今日この頃、東京の南の海外でちょっとバカンスしてみないか。

 そんな海外にちょっくら行ってみよう。初めに言っておくけど、今回紹介する海外はシブいよ。

ライスマウンテン

京急に乗って海外へ。

 実は「旅行ユニット」を自称しているが、今回の目的地の海外へ行くのは初めてだ。残念ながらその海外を案内するガイドブックは一冊も販売されていない。

 ガイドブックが道連れでないのは、ちょっとドキドキだ。何も情報のない地に行くのは、暗闇の中へ中へと探検するようで楽しい。これぞ旅行の醍醐味!という人は僕だけではないはずだ。


品川駅。旅のスタートはここから。

京急に乗って、

羽田空港への分岐路となる蒲田を越え、

外国風情のある港町横浜を越え、

軍艦カレーがうまいらしい横須賀を越え、

着いたところは終点の三崎口。


京急の終点、三崎口に来た。羽田に行くつもりが居眠りして通り過ぎたわけではない。

終点なのに旅情が微塵もない改札口。

終点なのに周囲に何もない三崎口駅。やはり旅情が足りぬ。

 終点なのに周囲に何もなくバス乗り場しかない三崎口駅。一応観光客目当てのお土産屋がいくつかある。三崎口駅は三浦半島の先のほうにあって、まぐろ漁港として知られる三崎港に近いから、土産屋では新鮮な海産物のお土産が売っている。

 思わずつまみに買いたい気持ちを抑え、目指す海外へ。海外に着いて腹減った状態でうまいもん食いたいのだ。


三崎口駅からバスに乗る。パスモの使用は不可。思えば遠くに来たものだ。

 バスは整理券が必要となるバスで、走れば走った距離だけお金を払うバスだ。バスはレトロな雰囲気の港町三崎港を抜ける。通勤圏でこんな味のあるところもあるもんだと思いつつ、今回の目的地である海外へ思いを馳せてると…


おや?

おやおや?


おやおやおや?


海外についたぜ!


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation