デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
ポッキーっぽい、つまみを作りたい
思わず何年ぶりかに買ってしまいました


普段、あまり菓子類を買わないので、たまにコンビニなどでお菓子売り場に迷い込むとギョッとしてしまうことが多い。

特に驚かされるのはチョコレートの種類の豊富さと、どんどん派手になる一方のポッキーだ。そう、ポッキー。チョコがコーティングされた例のお菓子である。

見かけるたびに新しい商品が出ているように思うのだが気のせいだろうか。「どこまでデコラティブな方向に行くんだろう」と感心するとともに「この開発熱意をおつまみ界にも分けて欲しい」と羨ましく思ってしまう。

そこでひとつ、塩辛い物が好きな者として「ポッキーっぽいつまみ」を考案してみたい。

(text by 高瀬 克子

 



いきなり迷走

まず第一に考えるべきは「チョコレートの代わりに何を使えばいいのか」だろう。もちろん芯となるプリッツ部分の素材選びも重要だが、今回はコーティング部分にスポットを当てた方がうまくいくような気がする。

というわけで、まっ先に思い付いたのがコレだった。


誰がなんと言おうと偉い、ウニ。
明太子も素晴らしい。本当に素晴らしい。

心の友、イカの塩辛はミルサーにかけて
トロトロの状態に。

どうだ。ポッキーのチョコの部分がこれらの珍味群なのだ。この時点で、ポッキー作戦は成功したも同然ではないか。どう考えたってウマイに決まっている。

となれば、芯の部分なんてのはこれが合うんじゃないでしょうか。


白菜の芯を細く切ってみました。
これは大根ですね。

彩りとして、いんげんも。

あまりに珍味に心を奪われたせいだろうか。どうやら当初の目的を見失ってしまったらしい。

というのも、出来上がったのはとてもポッキーとは似ても似つかないものだったのである。


こ、これは…

どこからどう見ても、立派な野菜スティックだ。

かなり冷静になったいま、本当に不思議な気持ちでこの写真を見ている。何をどう考えて、これを「ポッキーっぽい」と主張するつもりだったのだろう。

さっぱりわけが分からない。そしてお恥ずかしい。珍味に心を翻弄されすぎて、単なる「手が汚れない珍味の食べ方」みたいになっている。今回はそういう企画じゃないだろう。ポッキーだぞ、ポッキー。


お世辞にもキレイとは言えない見た目。
それでも珍味はおいしい。珍味に罪はない。

 

仕切り直します

やはり、安直に芯の部分を野菜に決めてしまったのが間違いだった。ポッキーっぽい物を作るなら、ここはきちんとさせておかなければいけなかった。

そんなわけで、フランスパンに登場願おう。


野菜よりは百倍もマシだと思う。

 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation