デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ひらめきの月曜日
 
トングでカニを捕まえた
これがイシガニだ。

 磯遊び界で「カニ捕り」といえば、カニトリーナがあまりにも有名だが、あれでは捕まえられないような大物のカニが東京湾にも結構いる。

そいつの名はイシガニ。

その名の通り、石のように堅い殻と強靱なハサミを持つ磯の怪物である。

(text by 玉置 豊


事の発端はギャング釣り

先日紹介させて頂いたギャング釣りにまたいった際、ギャングの師匠であるKさんが見事なワタリガニ(ガザミ)を釣り上げた。かっこいい。

そのカニをもらって食べたところ、これがビックリするほどの美味しさだった。さすがは新鮮なワタリガニである。クセが一切無くて身が甘いのだ。


見事なワタリガニ。なんで針が口に掛かるのかな。 ホンビノス貝と一緒にパスタにしました。

Kさんにお礼がてらそのことを伝えると、ワタリガニとはちょっと違うけれど、個人的にはワタリガニ以上に味わい深いイシガニというカニなら狙って捕れるという話を伺った。

イシガニ、捕りたい。

 

カニ網を作る

Kさんの話によると、イシガニを捕まえるにはカニ網という道具が必要とのこと。釣具屋でも売っているが、作った方が安いということなので、作り方を聞いてさっそく制作してみることにした。

カニ網を作るのに必要な道具は防鳥網、ロープ、オモリ、三角コーナー用ネット。釣り用のオモリ以外は100円ショップで購入できた。

作り方は簡単で、網を適当な長さに切って、片方を結ぶだけ。そして現地にいったら網の結んだ方をロープを繋いで、カニのエサを入れたネットとオモリを縛り付けたら完成だ。あとは海へと投げ入れるだけ。ネットはミカンが入っているやつが一番いいらしいよ。


カニ網に必要な道具。 網はなるべくグシャグシャになっているほうがいいらしい。

なんでこれでカニが捕れるのかというと、ネットに入れたエサに寄ってきたカニがこの網に絡みついてしまうから。もの凄いシンプルな罠である。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation