デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ちしきの金曜日
 
めざし帽
めざしの大人買い


年末のせいか、強盗関連のニュースをよく耳にする。
「男は身長××センチくらいで、灰色のジャンパーを着用、めざし帽をかぶり…」

典型的な強盗の格好だなあ。でもめざし帽って強盗のマストアイテムみたいだけど、どんな帽子なんだろう。

つい一週間前まで、本気でそう思っていたのだが・・。

(text by ほそいあや



正しくは目出し帽なのです

と、いまさらここに書く事ではない。そんな事皆さんはとっくに知っていると思う。

しかし!私はつい最近、人に訂正されてやっとわかった。そういう時の恥ずかしさは計り知れないものがある。

右の画像は友人の手作りではあるが目出し帽だ。そうか、これなら強盗がかぶっているのも合点がいく。

なんだめざし帽って。さかなクンか。自分に腹が立ってきた。

「こういうやつだよ」

 

ならば存在させてしまえ

めざし帽を作ってしまおう。実物があれば誰も文句は言えまい。「めざし帽」で検索してこの記事が現れれば存在を確立することもできる。

「くやしさをバネに」という行動は世間では努力家のする事だが、自分の非を認めたがらない人間がくやしさをバネにするとやっかいな事になる。すみませんがおつきあいください。


72尾。
麦わら帽子に並べていく。
串を刺し、押さえ込みながらテグスで固定する。
とりあえず一周させたいけど、重みが心配。

 

ニュースから想像していた帽子

強盗のかぶっている「めざし帽」は、なんとなく野球帽のつばの部分が少し長くなっているようなものだと思っていた。おもに男性用で、きっとあまり顔が見えず、目立たない帽子なので都合がよいのだろうと。
それが目出し帽だったなんて。目しか出てないだなんて。悪いことする気満々じゃないか。
そんな事を考えながら、目出し帽でも野球帽でもない帽子を着々と作っていく。


針と糸を使っているのでお裁縫ですよ。
側面を一周できた。
上にも配置したいのだが・・・
放射線状だとうまくいかない。

 

配置がむずかしい

試行錯誤した末、左右からみっちり並べ埋めることにした。この時点で室内はとても生臭い。知らない人が見たら、めざしだけに一体なにをめざしているのかと思うだろう。

しっぽを側面のめざしに差し込んで固定。
次々とファッションの一部になっていくめざし。

 

完成

「めざし帽」が世の中に誕生した瞬間である。
今から「めざし帽」は実在します。

「男は身長××センチくらいで、灰色のジャンパーを着用、めざし帽をかぶり…」

重い・・。でも頭がひんやりしてきもちいい。
猛進してくる動物を寸前で阻止。

 

実用性はない

何のために使う帽子かときかれたら言葉に詰まるが、これで外を歩いたら、頭の上で干物を干している人みたいだと思った。伊豆のほうにそういうおじさんがいてもおかしくないかもしれない。
つばの部分にものせたかったが、重みでのらなかった。

強盗をする気はないがコンビニに行ってみた。


生臭い客。
目出し帽ではないので入店拒否はされません。

そういうことってあるよね

実際に「めざし帽」で検索すると、自分と同じ間違いをしている人や、人に訂正された事のある人がいることがわかった。少なくとも自分だけではなかった。

高校時代、私はきくらげをくらげだと思っていた。友人ときくらげの話になった時に「きくらげって黄色くないのになんできくらげって言うんだろう」と言って笑われ、結果的に正しい知識を得た。

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」と言うが、「勘違いも一時の恥」なのだ。ちなみにその時はくらげを黄色く塗ったりはしなかった。

美味しくていくらでも食べられる。食べ過ぎ帽子(防止)のため、冷凍しました。

 
 
関連記事
大きな帽子を作ろう
大きな帽子をさがして
地引き網が好きだ

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation