デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


フェティッシュの火曜日
 
プレゼンをかわいくしてみる


ビジネスシーンにおけるさまざまなプレゼン。ぜひとも成功させて自分の意見やアイデアを通したい、しかしどうやったらうまくいくだろうか。今日はわたくしが、こんなプレゼン必勝法を考えてみました。

乙幡 啓子



「DB、DB」って言ってみたいだけ

プレゼン、というかフロー図をひとつ用意してみた。昔、会社勤めのときによく目にしていた、システム概要かなんかの図である。ワードやパワーポイントなどのビジネスソフトでよくお世話になる「クリップアート」を用いて作ってある。


超シンプルですが。

左の黄色い円柱が「データベース(DB)」を表し、その隣の2つ並んでいるのがサーバ。その右の、雲のようにモクモクしているのがインターネットやイントラネットなどのネットワーク。その右が書類を表すクリップアートとなっている。

冒頭で「プレゼン」と書いたが、当然プレゼンにもいろいろある。今回は、上図のようなシステムフローを列席者にわかっていただくためのプレゼン、ということで話を進めます。

突然ですが、ある日の会議室での一コマ。


「ここで顧客データをいったんDBに落とし込んでですね・・・」

ちなみに、ここでの用語の使い方は適当なので、あまり深く考えたり実際に使ってみたりしないでください。


「その流れだと、本番サーバにあげても外部からアクセスできませんね」
「うーん」
「サーバ1個いらないんじゃないですか」
「うーん」

繰り返すが、私にはシステム関連の深い知識はないので、このあたりの会話内容はあまり深く考えないでください。


そうだ!いいこと思いついた!

いきなりなこの黒い人形も、クリップアートの常連だ。最近はあまり見かけなくなった彼だが、ここはぜひひとつご登場願おう。

 

必勝法は、布製

思うに、見慣れ過ぎたプレゼン図では、発展的な思考、意欲的な提案というのが出てきにくいのではないか。

ならば、かわいくしてみたらどうだろうか。布と綿、糸を使って。
かわいけりゃ何でも受け入れられるのが世の中、だからな。


幸せの黄色いDB。
フェルトに丸みを持たせるのに、手で伸ばしてしまうのもひとつの方法。

ソリッドな物体はアイロンがけでエッジを出して。
腕に綿詰め。カニ食べるときの逆。

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation