デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
マニ車を生活に生かしたい
山口観音の格好良い階段。両側に竜がいる。


 まずは告知。先月からひっそりと「オヤジ酒部」をやってます。ダジャレ主体のバカレシピ酒のクラブ活動です。よろしくね。

さて。

 チベットではマニ車と呼ばれる道具がメジャーなのだとテレビで見た。円筒形をしていて表面に真言が書かれている。手で廻るようになっていて、1回廻すと経文を1回唱えたのと同じ効果があるという便利な道具だ。

 色んな大きさの物があるらしいが、中には水車を使って自動で回り続けるようになっているマニ車もある。村の入り口で回り続け、村全体に御利益パワーを振りまく仕組みだ。素晴らしい。

 元々はマニ教から生まれたというこの便利アイテムを生活に生かさない手は無いだろう。今回はマニ車について、色々工夫しながら迷走していきたいと思います。 

(text by 松本 圭司

これがレオライナー(山口線)。座席が超狭いからデートで乗ると密着出来て良いよ。

■マニ車を回しに行こう

 まずは本物のマニ車を回してみたい。インターネットで調べたら、西武ドームの近くにあるお寺にマニ車があるという情報をキャッチした。西武池袋線を乗り継いで、所沢の先へ。

最後はレオライナーに乗ってようやく着いたそこにあった西武ドームはでかかった。

 シーズンオフで人っ子一人いない西武ドームを後にして、山口観音へと歩き出した。本堂をぐるりを一周マニ車が取り付けられているのだ。

迷いようのない入り口。まっすぐ行くと山口観音です。

 

梵字が格好良い。上と下の行は同じ内容。

■これがマニ車(※)だ

 金属で出来た本体の表面に真言が刻まれている。真言は上下2つ、同じ内容が書かれている。そんなマニ車が本堂の周りに108個取り付けられているのだ。

 本堂の向かって左から反時計回りに歩きながらマニ車を廻していく。自分で真言を唱えたら大変だけど、廻すだけなら簡単だ。早速廻してみよう。

※・・・山口観音の説明看板にはプレイグベルって書かれてましたが、記事のタイトルの都合上マニ車と表記します。


抵抗無くグルングルン廻ります。時計回りに廻して下さい。

ズラリならぶマニ車。一周するだけでかなりの功徳を積むことが出来ます。超便利。スローフードとかスローライフに逆行する先人の知恵。

 

■本堂をぐるり一周しました

 108個のマニ車をグルグル廻した結果、大体1個に付き3回転くらいはさせたはずなので350から500回くらいは真言を唱えただけの功徳が積めた計算になる。

 すごい。人生始まって以来の功徳貯金だ。これで当分は悪いことが起こらないはずだし、良いことばかりのはずだし、この記事のページビューも相当多くなるはずだ。

これで一安心と言うことで、山口観音の他のゾーンに進むことにした。したらマニ車もビックリの施設があったのよさ。


四国八十八カ所巡りがいっぺんに出来てしまう。

■マニ車以外にもお手軽功徳ジェネレータがあった

 マニ車も相当なお手軽功徳ジェネレータだが、階段を上った所にもっと凄い功徳システムが建築されていた。それが左の写真に写っている「仏国窟」だ。

 なんと、四国八十八カ所巡りが出来てしまうのだ。大体五分くらいでお遍路が出来てしまう。なんという功徳バブルだろう。勢い余って三周もしたら大変な事になってしまう。


左側に石碑、右には仏像。薄暗くて怖い。

 内部は暗くて結構不気味。道の両側に石碑と僧侶の像が置かれている。僧侶一人一人が八十八霊場のお寺に対応している訳で、多分、一つ一つ拝んでいけばOKなんだと思う。

 通路を抜けた僕はすっかりお遍路を遂げたのと同じだけの功徳が積めたという塩梅だ。マニ車を回しにきただけなのに、思わぬ所で良い功徳が積めてしまった。

これもマニ車の御利益に違いない。

もう功徳でお腹一杯だ。さぁ、帰ろうか。


ユニバーサルギアボックス。何でも作れそうな気になる。

■自動マニ車を作ろう

 たっぷり功徳を積んだ僕は無敵になった。そして話はこれで終わらない。マニ車を一回廻すと一回真言を唱えたのと同じ意味があるということはだ。つまり、

言いにくいことをマニ車に書けば口に出さなくても唱えたことになるって事なのだ。

式にするとこうなる。

マニ車を廻す=真言を唱える

って事は、↓

マニ車に言葉を書いて廻す=言ったことになる!
(マニ車の等式)

 マニ車の特性を生かして生活を更に豊かにしようと思いついたのだ。電動にすれば廻す手間も省けて最高だ。西武池袋線が池袋に着くと、僕はDPZの駆け込み寺である東急ハンズに駆け込んだ。

あ、あの、電動のマニ車を作りたいんです!


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation