デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


はっけんの水曜日
 
腹いっぱいパクチーが食べられる店

まずは軽く「パク塩えびせん」。ほんのりパクチーが香ります。
パクチーの入ったベルギービール、ヒューガルデンもあります。飲んだことあるのに、コリアンダー入ってるって知らなかったですよ。
砂肝冷製、酒にぴったり。
砂肝を食べ終わった後の、美味しそうな「パクチー汁」。これをパンですくって食べても、イケると思います。
てんこ盛りの「パクチーサラダ」。
もちろん、もりもり取って食います。
「ぐちゃぐちゃがおいしい皮蛋豆腐」。混ぜてから食べます。
これが、けっこうな力仕事です。みんな交代でまぜまぜ。
おから状態になったら、食べごろ。
「スパイシー揚げ豆腐」も、んまい。
個人的にはこれがいちばんヒットでした、「ヤンパク」(羊肉×パクチー)。くせのある味同士のコラボですが、お互いを引き立てあって、うまい。いや、まじうまい。

丸のまま食べる、という荒技もアリ。
食べてみないと分からないものですね、ねっこと茎のほうが甘くて、葉っぱの先のほうが苦い。知らなかった。
色がキレイな餃子は、もちろん手作り。
ねぎ、ニンニクなどの薬味とタレでいただきます。なにげに、ニンニクがいちばん香りが強かった!
フォー風なんだけど、麺が小麦粉だった、ふしぎなあつあつ麺類。
コリアンダーの香りがきいてます。
パクチー入り杏仁豆腐。「春節なので、中華風のおなべで作った」とのこと。
パクチーは、抹茶のような味のアクセントになっていました。「思いつきで作ったんだけど、上手く出来たから定番に入れようかなあ」と店長。思いつきだったんすか!?
「パク酒」、パクチーの種(コリアンダー)を漬け込んだウォッカ。スパイシーで強い!
料理に使っているという、パクチー+塩のパウダー。自家製だそうです。

ーーすごく食べやすかったです、食べてるうちに「あれ? パクチー入ってるんだっけ?」くらいの気持ちになりますね。
「ウチのメニューは、パクチーが苦手な人でも食べられるんですよ、なぜか。みんな、実はパクチー嫌いじゃなかったな、と言って帰りますね…」
ーーパクチー苦手な人が、わざわざ来店したりするんですか?
「しますね。好きな人に連れられて、っていうのはよくあるんだけど、一度、全員パクチー嫌いなんです、という3人組のお客さんがいらっしゃいましたね」
ーーそれは、なんで来たんですかね。肝試し…?
「なんでなんでしょうねえ、ナゾでしたね。でも『パクチーって美味しいじゃないですか!』って、完食して帰られましたよ(笑)」
ーー食わず嫌いだったのかなあ…。
ところで、そのう、私、ベトナム旅行で食べた、ドクダミが好きでして。
あれ、日本で生えてるドクダミと種類が違うとかいう噂で、国内で食べたことないんですけど…。ドクダミには興味ないですか? ドクダミも時々出す、という企画はいかがですか?
「……じゃあ、キミが『ドクダミ狂会』作ればいいじゃない」
ーーえ!?
「任命しますよ! もし設立したら、パクチー狂会からリンクしますから!」
ーーえ、ええ!?

■…ドクダミ狂会、会長就任!?

いいお店だった。料理も美味しかったし、店長さんも気さく。集まる方々もフレンドリーで、悪酔い系の人が全くいない、ハッピーな空間だった。また「パクチー欲」がムクムクわいたら、個人的に行きたいと思う。
ところでドクダミだが、どうしよう…。まずは種探しからか!?

奥様がデイリーポータル読者様だという、『パクチー狂会』の会員さんがいらっしゃいました。同行してくれたライター玉置氏と「ひとつのプランターでシソとパクチーを育てると、シソが勝利しちゃいますよねえ」という会話をしてました。そうなの…?

パクチーハウス東京
http://paxihouse.com/tokyo/
小田急線経堂駅下車、徒歩5分
〒156-0052 東京都世田谷区経堂1-25-18 2F
営業時間: 13:30-17:00, 18:00-23:30(月曜日休み)
電話: 080-3454-5750
E-mail: tokyo@paxihouse.com

< もどる ▽この記事のトップへ  

 
 
関連記事
ベランダ菜園でパクチー(香菜)を育てた
タイフードフェスに一日中
タイのおそうざいコーナー

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation