デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


ロマンの木曜日
 
世界遺産、の近くにある変わったパン
力比べをする67才

1980年代、僕はプロレスに夢中だった。個性溢れる強い外国人レスラーが沢山いて、その戦いぶりに胸を躍らせていた。スタン・ハンセン、ブルーザー・ブロディ、アブドーラ・ザ・ブッチャー、ミル・マスカラス、アンドレ・ザ・ジャイアント…、名前を挙げれば切りがない。そんな当時、特に人気が高かったのが、ドリー・ファンク・ジュニアとテリー・ファンクによる兄弟タッグ「ザ・ファンクス」であった。喧嘩ファイトが売りの弟テリーと、正統派レスリングで世界チャンピオンになった兄ドリー。「テキサスの荒馬」と呼ばれるほど気性が激しかった弟テリーと、一方で冷静に試合を運ぶ兄ドリー、実に魅力的なコンビであった。

弟テリーは1983年8月31日、東京・蔵前国技館(当時)で引退しているが(84年に復帰したけど)、それから25年経ったこの3月、兄ドリーが両国国技館で引退試合を行った。御年、67才である。

まだやってたのかよ!

 

(text by 住 正徳



ドリー・ファンク・ジュニア、栄光の軌跡

という訳で、去る3月1日、両国国技館に行って来た。ドリー・ファンク・ジュニア、67才の引退試合である。

試合の様子をお伝えする前に、まずはドリー・ファンク・ジュニアの栄光の軌跡を振り返ってみよう。


弟テリー(写真左)と兄ドリー。(「世界最強タッグ選手権'82」公式パンプレットより)

ドリー・ファンク・ジュニア。1942年、インディアナ州出身。レスラーであった父ドリー・ファンク・シニアの指導を受け、1963年にプロレスデビュー。1969年2月、ジン・キニスキーを破り第46代NWA世界王者となり、通算4年3ヶ月間に渡ってその座を保持。

1977年、日本で開催された「世界オープンタッグ選手権」にて、弟テリーとのタッグで優勝。この時、ブッチャー・シーク組からフォーク攻撃を受けたシーンはあまりにも有名だ。プロレスを知らないウェブマスターの林さんが「ドリーファンクって、ブッチャーにフォーク刺されて有名になった人ですよね」と言っていた。ファンとしてはその括られ方に納得がいかないが、一般的にはそういう事なのだ。

ブッチャーからフォーク攻撃を受けた後、ザ・ファンクスは79年と82年にも世界最強タッグ選手権で優勝を飾っている。


世界最強タッグ選手権(79年)で優勝を飾ったザ・ファンクス。ドリーは写真右。(「世界最強タッグ選手権'83」公式パンプレットより)

79年から85年頃にかけて、僕は頻繁に試合会場に足を運んでいた。まさにザ・ファンクスの全盛期を目の当たりにしていた訳だ。それから大人になるにつれ、僕のプロレス熱が冷めてしまったので、その後のザ・ファンクスについて詳しく知らなかったのだが、ドリーはまだプロレスをやっていたのだ。現役レスラーとしてマットに立ちながら、不動産業やレスリングスクールもやっているらしい。タフな67才である。


当時の試合パンフレット

84年の世界最強タッグ選手権で僕が見た試合。ザ・ファンクスvsニックボックウインクル、ハーリーレイス組。豪華な組合せだ



2008年3月1日、両国国技館

そして2008年、両国。武藤敬司さんが社長を務める全日本プロレスの「プロレスLOVE in 両国 vol.4」という大会にドリー・ファンク・ジュニアが登場する。引退試合はタッグマッチで、ドリーは西村修選手とタッグを組み、天龍源一郎&淵正信組と対戦する。


会場の両国国技館

マス席からドリー(67才)の最後の姿を見守る

ドリー(67才)関連のオークション商品が展示されていた

ドリーの引退試合は60分1本勝負で行われる。もし、中々勝敗が決まらずフルタイム戦う事になったら……、ドリーの体が心配だ。なるべく早い時間帯での決着が望ましい。

そんな事を考えているうち、会場が暗くなりプロジェクターにドリーの姿が写し出された。本人登場前の「煽りVTR」である。プロレスの試合には「煽りVTR」というものがあって、選手たちの試合にかける意気込みなどが会場内に流れるのだ。怒りながら「あいつを絶対潰す!」みたいにやって見せるアレである。


煽りVTR


ドリーの今までの活躍を描いた煽りVTRの最後に、現在のドリーが登場した。ファンに向けたメッセージである。もちろん、「あいつを潰す!」というような過激なパフォーマンスはなく、静かな口調で「今までありがとう」とファンに語りかけていた。ザ・ファンクスに夢中だった少年時代を思い出し、僕も少ししんみりした。あれから25年、あの頃の未来に僕らは立っているのだろうか。

VTRが終わり、ドリー&西村組の入場だ。

ザ・ファンクスのテーマ曲「スピニングトーホールド」が国技館の中にこだまする。スピニングトーホールドとはザ・ファンクスの必殺技の名前だ。寝転がった相手の片足を取ってぐるぐる回るアクティブな関節技である。邦名を「回転足首固め」という。


光の向こうからドリー(67才)が登場

無事、リングイン

リングアナから紹介受け、手をあげて応えるドリー(67才)

ドリーの姿を見るまでは、正直、67才でプロレスなんて出来るはずがないと思っていた。しかし、リングに立ったドリーはとても颯爽としていた。腰も曲がっていない。このコンディションであれば普通に試合が出来そうだ。スピニングトーホールドで決めてくれるに違いない。がんばれドリー。

そしていよいよ、引退試合のゴングがなる。



 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation