デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


土曜ワイド工場
 
下町のカラフルビルの中の人にインタビュー
たぶんあのビルのことを言ってるのだと思う


先日母と電話中「とくダネ!」で放送された「ちょっと見てきて」の話題になりました。
「東京で見てきて欲しいところがあるなら見てきてあげるよ〜」と軽い気持ちで言ったところ、

「私が蔵前駅の周辺をうろうろしていたとき、やたらとカラフルな建物があって、その中に外国人がいっぱいいたんだよね。あそこにいる人たちはどんな人なのか気になるからちょっと見てきてよ」
というとんでもない言葉が発せられました。

言われてみればそんな建物があったような気もします。
そして私自身、ちょっと気になっていたような気もします。

これも何かのきっかけだろうということで、その謎のビルに向かうことにしました。

ちなみに英語はしゃべれません。

(text by めもる



確かにとてもカラフルなビル
バックパッカーズのためのホステル

ビルの正体はバックパッカー向けのホステルだった。

蔵前駅の周辺でカラフルなビルというと、思い当たるのはこのビルでした。母が見たのもおそらくここに違いありません。

黄色と青が下町の中で一際異彩をはなっています。興味を誘う概観です。

外に飾ってあった看板を見たところ、ここはバックパッカーズのためのホステルだということがわかりました。
「よし、これでこのビルの正体はわかったぞ、終了だ。」
としたいところだったのですが、母からの「見てきて」は「その中にいる外国人がどんな人なのか見てくる」というものですので、ここで終了するわけにはいきません。

しかし冒頭にも書きましたが私は英語がしゃべれません。

外国人の方がたくさんいると聞いただけで逃げ腰になってしまいます。

でも以前から、荷造りが苦手な私はバックパッカーの人たちの荷物のでかさとキレイに収まっているあの様子に「あの中には何がどういう風に入っているんだろう」とずっと気になっていました。

これまで私が疑問に感じていたことと母の疑問が同時に解決される絶好のチャンスです。

しかし予想外の情報にビビる。

勇気を振り絞って中に入ったところ、日本人のマネージャーの方とお話しすることができ、後日改めて訪問させてもらうことになりました。

ただし外国人の方は誰でもフレンドリーというわけではなく、話しかけないでオーラが出てる人もいる、ましてやバックの中身までは見せてもらえるかどうかわかりませんよ、とのこと。

よくよく考えてみれば見ず知らずの人に「カバンの中身ちょっとみせて」なんて、日本人相手にだってそうそう言っていいことではありません。
どう考えてもおかしな人です。どうしよう。

 

ルー大柴級の英語でカンペ作成。

どこまで突っ込んだ話しができるかわからない状態で挑むことになってしまいました。
さらに私の前には言葉の壁という大きな障害が立ちはだかっています。不安要素だらけです。

日本人スタッフの方が何名かいらして、後日お伺いした際に通訳のお手伝いもしてくださることになったので少しホッとしたのですが、 すべてをお任せするわけにはいきません。

インタビューしたい内容を整理して、わかる範囲で英文に直しておこうと思いました。


早速質問したい内容を英文にしてみる こんなことまで書き起こす必要が。しかも上段は間違っている。

 

しかし、私の英語力は予想以上に低下していました。日常会話レベルの受け答えすら、咄嗟に出てくる自信がありません。こんなんでトゥギャザーできるのでしょうか。

先が思いやられますがこの頼りないカンペを手に、行くしかありません。


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation