デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
アット・ニフティロゴ


チャレンジの日曜日
 
メールボックスを立体化する
 


メールボックス。

普段僕らが
デジタルでやりとりしている
メールって、
このメールボックスに
届くものだよね。

でもメールボックスって
もちろん2次元なものだけど、
ボックスって言う響きからも
なんか3次元っぽい
立体的なイメージが
あるものですよね。  

ではそんな
ジレンマを解消すべく
今回は!

実際に
立体的な
メールボックスを
作ってしまおうと
思います。

 

(text by ヨシダプロ



ということで
本来デジタルで2次元なメールボックスを
立体的に、
つまりこの現実界に
実際に誕生させたいと思いますが、

そもそも
メールっていうのは
現実界においては
封筒やハガキなんかの郵便物
に相当するものですよね。

まぁたしかに普段現実界で暮らしていくと
けっこう届きますよね
封筒とかハガキとかの郵便物。


でも普段デジタルのメールに依存しすぎているせいか、
現実界の封筒とかって
わりと開けるのが面倒だったりで
そのまま放置されて
気づくとなんか散らかっちゃってる、ってことが
みなさんもよくあるんじゃないでしょうか。
          (…ん?僕だけ?)

でもそんなときだって!
立体的なメールボックスさえあれば
そんな郵便物の整理整頓もバッチリですよね!!


と通販じみてきたところで、
実際に
そんな謎のボックスを
つくっていくことにいたしましょう!!

ではまずはなにより大事な
メールボックスの
いわゆるメール画面部分を
つくってみましょうね。

ってことで
僕らもよく目にしがちな

このビジョンを
現実界につくりだしてしまおうと思います。

まずはこのおなじみの画面の
一番上にある部分から
ただ模写していきたいと思います

なんか「Meganebox」とかになってる気もしますが
その辺は気にしないでいいでしょう

そんなこんなで
「ファイル」とか「編集」とか
ありがちなものをただ描いていきまして…

すでに面倒くさいですが
事実上全く意味のないツール部分を
とにかく描き進めていきまして、

はい。
できましたね。もういいでしょう。

とりあえずこれにて
上部のツールバー的な部分は完成です。

ちなみに
こういう無機質なものって
模写してても
まったくおもしろくありません。

では続きまして、
画面の左の部分にありがちな
各ショートカットアイコンを、
 模写したところで完全に意味ないですが
レッツ形骸化!ということで
ただ模写しましょう

で、まずはこの

「MeganeToday」を描きまして

で、その後も
アイコンを

「削除済みメガネ」まで
ちゃんと描きあげまして

これにて無事
ショートカットし放題になりましたね。
おつかれさまでした。


では続きまして
その隣の
「フォルダ一覧」部分も
今回の立体ボックスには事実上「受信トレイ」しかないので
完全に意味ないですが、
一応その他のフォルダもすべて
レッツ形骸化!のスローガンのもと
ただ模写しておくことにいたしましょう。


あぁ
面倒くせぇ。

はい。
でも できましたね。


で、その隣の
いわゆる「受信フォルダ」内なんですが、
この部分は事実上

今回の立体ボックス的には
郵便物が実際に入れられるようにしたいので、


後でここに
ポッコリ
穴を開けておくことにいたしましょう。



で、その下に隣接する
受信したものの内容が表示される「プレビュー」部分は、
一応
自分宛ってことにしといて
後でプレビューできるように(謎)
とりあえず空欄に
しておきましょう。


では
これにて一通り

鉛筆での下書きは完成!


ってことで
この次は
これをよりメールボックスっぽくするためにも

コピックで
メールボックス色に

塗りたぐっていきまして…

できました!
とりあえず塗り終わりましたよ!

ほら見て!!

 

 

おぉ、
それっぽい!!

いつものメール画面っぽい!!

これにて
とりあえず
メール画面は完成でございます!

 


では第一段階である
そんなメール画面ができあがったところで、
今回は
立体ボックスをつくり出したいので、
2次元を3次元へと変換してくれる
ボックス部分、
つまりは奥行き的枠組みを
つくっていきましょう!!

で、ここで登場するのが
この


工作用紙です。

微妙に堅い
あの紙ですね。
そう、普段僕らも図工の時間に使ってるアレです。


で 、
これから完成させる立体ボックスでは

一応実際に
郵便物をちゃんと入れれるようにしたいと思うので


メール画面内の
「受信フォルダ」部分を
切り取りまして、

ここから郵便物を実際に入れられるほどの
それなりの奥行き分を、

組み立てる用紙にも
キープしておくようにいたしましょう。


で、立体ボックスの完成形を
空間的に想定しながら、
展開図として
必要な形の紙を

ハサミでチョキチョキ チョッキン グ〜

しまして、



ボックスの底にあたる面を切り出し、
さらに続いて

2つの面を
作り出しました。

で、これをしっかり

テープでぺタぺタ ペッタン グ〜

して
ボックスとして
固定しておきましょうね。

で、ここで
このボックス内部にて、
表になるメール画面に対応すべく、
先ほど切り抜いた「受信フォルダ」部分から
ちゃんと郵便物を入れられるような枠組みになるように
枠組みをつくっておきましょう。

でまた枠組みにあたるその寸法の
紙を切り取り、

折ってパキパキ パッキン グ〜。

したのち、

これにて!

ボックス内部の
「受信フォルダ」部分の
枠組みができました!


で、また
それらを覆い隠すように
ボックスの残り2面を

チョッキン グ〜   ペッタン グ〜  パッキン グ〜
して
作り出しまして、

いわゆるボックスとしては
ほぼ完成いたしました!!

で、
この残りの上面に
先ほど作ったメール画面を


ペタ

ペタ

ぺタと
かぶせつければ、
ついに
立体版メールボックスの完成
でございます!!

 

さぁでは
メール画面を無事セッティングして、
ついに完成した
その驚愕の
姿が

これだ!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation